林代表理事の
まちづくり旅日記

part46

3月某日
北海道砂川市のまちづくりシンポジウムで、何か役に立つことをしゃべってみな
さいと言われ、TOMネット北海道の「ヒグマ理事」と共に、札幌から列車で向かう。
砂川市とのお付き合いは古く、たぶん、15年位前に、最初の講演会をやらせて
いただいている。
以来、活性化基本計画策定のお手伝いをして、その目玉事業である、地元の農協
を核とした市街地再開発事業を立ち上げ、中心市街地の活性化に、貢献できたと
思っている。
その再開発でつくった、商業施設は、絶好調で、大変な人を集めているが、その
向かいに、大型空き店舗が発生したので、今回は、その対策を中心としたお話し。
砂川では、すでに全国ブランドになりつつある、バッグの「ソメス」や、数々の
銘菓があるが、そのわりに、「砂川」という名前は、浸透していない。
大型空き店舗を活用して、砂川ブランドを発信する来訪者対応の施設や、高齢者
向けの住宅をつくってはどうかと提案。
終了後の懇親会は、商工会議所の会頭さんを始めとする役員さんとはしご。
「どうだい。このクラブは、中へ入ってしまうと、銀座のクラブと変わらないだ
ろう。」とゴキゲンの会頭さん。
お言葉を返すようですが、やっぱり、全然違います。
最終電車で札幌へ。

3月某日
北海道から出てこられた小樽市役所の参事さんをご案内して、国土交通省の課長
補佐さんを訪ねる。
まだ少しわかりづらい。まちづくり交付金と、従来の再開発補助金の考え方や、
地権者法人によるファンドや都市開発資金の使い方について、
丁寧に教えていただく。
会期中の国会対応に加えて、我々のような全国の市町村のご相談にも応えていた
だいていると、きっと寝る間もないのだろうなあと、恐縮する。
先日、この気さくな課長補佐さんからメールをいただき、一昨年、TOMネット
東北会でお手伝いした秋田県横手市のように、今年も都市再生モデル都市を募集
しているとの事。
横手市は、これをきっかけに今、まちづくりの本番に入っている。
われと思う市町村は、是非手を挙げてみては。(都市再生本部のHP参照)

4月某日
不死身の幹事長、女座長とともに、佐渡へ。
佐渡の玄関口である両津地区の活性化事業もいよいよ本番。
活性化基本計画に始まり、TMO構想、市街地総合再生基本計画と、TOMネッ
トがお手伝いをして、調査を進めてきたが、まだ、再開発基本計画、TMO計画
が残っている。
これらの調査は、もちろん、事業を進めていくために必要なものだが、同時に、
計画書をまとめる過程で、市民や地権者の合意形成をはかることも重要な役割。
新制佐渡市の大きな事業の推進に向けて、TOMネット東京会の専門者会員が力
を合わせなければならない。
夜の意見交換会終了後、ホテルへの帰り道、不死身の幹事長が市のご担当の自転
車を拝借して飲み屋街をスイスイ。
キャラに似合わず、極度の花粉症で、カラス型マスクに防粉?メガネをかけて、
自転車を乗り回す姿は、できそこないの月光仮面(古い)のようだ。
ここだけの話だが、実は、私は、自転車に乗れない。
中学生までは、確かに乗っていたのだが、それから、数十年乗らずに、ある日、
思い立って子供の自転車に乗ろうとしたら、乗れなくなっていることに気づいた。
自転車と水泳は、一度覚えたら、生涯忘れないと言われているが、忘れてしまっ
たものはしょうがない。
今夜は、少々飲みすぎており(4人で、芋焼酎一升と、ビールと日本酒と水割り
を適度に)、「不死身の幹事長でさえ、スイスイ乗っている自転車に、オレサマ
が、乗れないはずが無い!」という声がどこからか聞こえ、その2秒後には、自
転車と共に、道路にころがっていた。
女座長曰く、「2メートルも進みませんでしたよ。」
翌朝、膝と肘が擦りむけているのを発見し、もう自転車に乗れないのかと寂しくなった。

4月某日
宮城県古川市の中心市街地活性化事業に、リノベーション補助金が申請どおり満
額ついたとの連絡が、女座長からあった。
以前にも、旅日記に書いたように、大型空き店舗周辺を市街地再開発事業で、
「環境創造型の商業施設」に作り変え、その核施設として、リノベーション補助
金を活用して、地元商店街の有志が6スクリーン(2000席)のシネマコンプ
レックスを開設するという大事業。
市街地再開発事業については、いろいろあったが、無事、都市計画決定もすま
せ、工事着工しているが、リノベーション補助金については、三位一体改革の影
響もあり、なかなか、決定していただけなかった。
いくら、省庁が違うとはいえ、中心市街地の活性化のために、各省庁が横断的に
支援するというのが、活性化法。
よもや、補助金の減額などということは、あるまいと思っていたが、様々な情報
が飛び交い、やや心配していた時の朗報。
これから、本腰を入れて、運営計画を、地元と詰めなければ。

4月某日
TOMネット九州会のアイドル研究員が上京。
何でもきっかけがあれば、飲んでしまうトムラーとしては、花見を計画。
各自、青山墓地に集合、屋台のビールやワンカップで勝手に下地をつくってか
ら、懇親会場の西麻布の居酒屋へ集合。
私も、墓場で出会った女性会員と近くの焼き鳥屋で、ビールを飲んでから、会場へ。
不死身の幹事長や、ギリー理事等、いつものメンバーが20名近く集まっている。
たっぷり、二時間、文字通り飲み倒して、一次会終了。
いつものように、従業員の白い目(うそです)に見送られて、
恵比寿のカラオケ二次会へ。
もうひとり、九州からやってきた、ギリー理事の会社の韓国人スタッフは、
「冬ソナ」を熱唱。
本場は、違う。

次回へ続く・・・

次回へつづく・・・


トップ