林代表理事の
まちづくり旅日記

part47

4月某日
先週、東京で花見をして、今週、北海道の風連町へ向かうと、花見どころか、ま
だ雪が残っている。
桜が咲くのは、まだ一ヶ月先らしい。
どこの町でもそうだが、地域住民が自ら発案し、その実現に向けて行政のバック
アップを求めていくのが、これからのまちづくりなのだが、そこがなかなかご理
解いただけないようだ。
行政側が計画し、地域住民に協力要請するという、昔のイメージが拭えないよう
だ。
地権者による「まちづくり期成会」が一致団結して、中心市街地の活性化を推進
していく事をやや強引に確認して、まちづくりのボールを町長さんに渡した。
TOMネット北海道のメンバー4名と来ているが、二人は、夜の九時過ぎだとい
うのに、3時間以上かけて、札幌へ日帰り。
軟弱な残りの3名は、隣の名寄市へ行き、即反省ビール。
それにしても、ひたすら寒い。

4月某日
はじめて農水省へ行った。
ある農村から、まちづくりの相談があり、農水省の支援策について相談に出向い
たのだ。
今までも、TOMネット東京会の「中心市街地活性化法研究会」のメンバーが何
度かおじゃまして、農水省の施策について整理していたが、私は、はじめての訪
問。
課長補佐さんに丁寧に対応していただいたが、農水省もやはり、三位一体の改革
により、ずいぶん制度が変わったようだ。
今までの、たくさんの補助金を、とりまとめて、いくつかの交付金にし、都道府
県の裁量で、市町村や農協へ分配する仕組みとなったようだ。
国土交通省のまちづくり交付金と同じ仕組みのようだが、市町村の裏負担を求め
ないので、財政が厳しい市町村には、ありがたい制度。
どこの農村でも、中心部に農協の店舗や事務所があり、これらの周辺部に地元の
商店が貼りついている例が多い。
地元の農産物を、ITを活用して、生産者の顔を見せながら、来訪者や地域住民
に加工販売する活性化施設を設置する時に、活用できそうだ。
そういえば、先日、総務省へ行き、旧郵政省の「マルチメディア賑わい創出事
業」について、質問すると、その制度は昨年でなくなってしまったそうだ。
たくさんの市町村の活性化基本計画に、「マルチメディア・・・」を活用した計
画が載せられており、そろそろ、実行段階にきているはずだが、どうするのだろ
うか。

4月某日
私の食生活の半分以上は、全国各地の居酒屋に依存しているが、東京にいる時も
依存率は変わらない。
一人の時は、恵比寿のマンションのそばの、夫婦でやっている居酒屋へ行くこと
が多い。
この店は、夕方5時から翌朝の8時まで、15時間を夫婦二人だけで営業してい
る。
開店から九時くらいまで、奥さんが担当し、その後、亭主がやってくる。
メニューは、家庭料理なら何でもありで、客は、それぞれ好き勝手な注文をす
る。
「キャベツとベーコンを炒めて、その上に卵と納豆を混ぜたものをのっけてく
れ」だとか、「海藻サラダにタコのブツを入れてください」と注文すると、あっ
というまにそれが出てくる。
実は、私は、この奥さんが苦手である。
亭主は、たいへん愛想が良く、いつもニコニコしているが、亭主の倍の大きさが
ある奥さんは、いつも苦虫をかみつぶした様な顔をしている。
私がこの店へ行って、一度も「いらっしゃいませ」と言われたことがない。(他
の客には、言っているのを聞いたことがある。)
土曜日などに、早い時間に行くと、この奥さんと二人きりになる。
ひとの事は言えず、人見知りをする私は、刺身と焼き魚なぞを頼んで、夕刊を見
ながらひたすらビールを飲む。
奥さんは、この世の不幸をすべて背負ったような表情で、カウンターの中で、
コーヒーを飲んでいる。
「いつも毎度どうも」とえびす様のような顔で亭主が登場すると、私も奥さんも
ほっとする。
このような、拷問のようなひと時を、実は、もう3年も続けているのはなぜだろ
うか。

4月某日
めったにない休日は、映画を見ることが多い。
何ヶ月か前に、「北の零年」を見て感動した。
私の祖父は、明治の始めに、年老いた両親を連れて、開拓のために、石川県から
北海道の十勝地方に渡った。
そして、広大な原生林を切り開き、十勝地方でも有数の大農家になった。
子供の頃に聞いた、開拓の苦労話が、そのまま「北の零年」にあった。
大木を切り、馬で木の切り株を起こし、鍬でひたすら耕し、食べ物のない冬は、
じっと飢えてやりすごし、春になると希望の芽が出て・・・・
それから百年。
祖父の切り開いた「芽室町」の中心市街地がさびれてしまい、このままでは、地
元商店街が壊滅してしまいそうだと地域住民が心配し始めた頃、縁があり、市街
地再開発事業により、駅周辺商店街を活性化させるお手伝いをすることができ
た。
祖父が「開拓」し、孫が「再開発」するという、自慢話でした。

次回へつづく・・・


トップ