林代表理事の
まちづくり旅日記

part48

Bonjour!
まちづくり調査団フランス旅日記


5月某日
今年の調査団は、オシャレにフランス、しかも南仏とパリ。
団員は、全然オシャレじゃない不死身の幹事長を筆頭に約7名。
「文化と芸術によるまちづくり」というテーマで、ニース市役所を訪問し、副市
長にじっくり話を聞くという企画。
ニース到着は、現地時間の夜9時過ぎだが、まだ明るい。
まずは、賑やかな街に繰り出して、山盛りのムール貝をつまみに白ワインで乾
杯。
二度目の訪問だが、相変わらず観光客でいっぱいだ。
初日なので、ワインは適度に自粛して、ホテルに併設されているカジノへ潜入。
昨年、ラスベガスでルーレットをマスターした不死身の幹事長と専務理事(今年
の総会で選出され、ド派手なイベントプロデューサーにイクゾーという芸名?を
授かる)は、15分で火だるま、退散。
この数年間、海外のカジノで連勝を続けている私は、この日も絶好調で、36倍
の三連発。
翌日は、時差調整のため、一日フリータイム。
「イギリス人の散歩道」と呼ばれている4.5`にわたる海岸の散策路を、短パ
ン、サングラスのオジサンたちが、肩を揺すってブラブラ。
どうみても、江ノ島のほうが似合っている。
さらに、プライベートビーチに入り込んで、ビールをガブ飲み。
じっとしていると死んでしまいそうだという、回遊魚のような不死身の幹事長
は、5年ぶりの海水浴だとわめきながら、延々と平泳ぎ。
世界中からバカンスのために集まってきているプライベートビーチの利用者は、
皆、優雅に甲羅干し。
真剣に泳いでいるのは、子供と幹事長だけ。

5月某日
ニース市役所公式訪問
通訳は、もう長い間ニースに住んでいるという美しい女性。(イクゾー専務が
ネットで見つけました。)
お会いした副市長さんは、本業は大学教授で、ほとんどボランティアで副市長を
しているというダンディなお父さん。
日本では、小泉総理の声掛けで、海外からも含めた観光客を増やすためのまちづ
くりを推進しているが、ニースでは、どのような施策で、観光客誘致を行ってい
るか質問。
キーワードは「環境」のようだ。
海岸の水質を保ち、街並みを保存し、車を規制してLRT(路面電車)を導入し
ようとしている。
また、海岸の環境を維持するために、プロポーザルコンペでプライベートビーチ
の運営者を募集し、その使用料を清掃料等に当てている。
しかしなんと言っても集客の要は、美術館。
マティス、シャガールをはじめとして、周辺の町を含めると、有名画家の美術館
が目白押し。
特に、歴史の浅いアメリカ人は、これが目当てだそうだ。
次に、イベント。
モナコのF1、カンヌ映画祭、ニースのカーニバルなど、有名なイベントも年中
行われている。
我々の滞在中も、ローラースケートの大会(街中を競技場としたもの)があり、
大いに盛り上がっていた。
ところで、前述の路面電車の敷設については、関係権利者の抵抗もずいぶんあ
り、今までの市長は、選挙対策で手をつけられなかったそうだが、今度の市長
は、政治生命をかけて取り組んでおり、その姿勢に共鳴して副市長は手弁当で協
力しているそうだ。やはり、まちづくりには、トップの強力なリーダーシップが
必要なようだ。
最後に、ゴミ処理の話になり、日本では、分別処理を徹底しようとしており、ゴ
ミの持ち帰りも普通になっているという話をすると、フランスでそんな事を市民
に強制させようとするには、市民ひとりに警官ひとりをつけなければならないと
副市長は笑っていた。
ドイツでは、日本以上にゴミの分別を徹底しているという話を聞いていたが、同
じヨーロッパでも違うものだ。
たくさんのフランス語の資料をもらって握手でお別れ。
この膨大な資料は、誰が翻訳するのだろうか。

6月某日
ニースを拠点に、団員は、それぞれ計画をたてて、カンヌやモナコ、サンポール
等の周辺都市を自由視察。
一番熱心に各地を廻ったのが、回遊魚幹事長とイクゾー専務。
一番どこにも行かずに、プライベートビーチでビールを飲んでいたのが私。
怠けていたのではなく、リゾート地の集客力の分析をするのには、やはり自らリ
ゾート体験をしなければならないという、強い使命感に基づいたものです。
本当です。
もう10年は、パエリヤとムール貝を食べなくてもいいと皆が思い始める頃、
ニースの調査を終了。

6月某日
次の調査は、パリ。
私は、なんと27年ぶり。
それなのに、ほとんど街は変わっていない。
どこを歩いても、歴史的建造物ばかり。
まったく個人的な感想を言います。(反論は受け付けません)
街が重い。
息がつまりそうだ。
東京の表参道の方が、歩いていて何倍も楽しい。
芸術と文化のまちなのに、建物や工作物(地下鉄の券売機のデザインとかホテル
のバスルームのタイルの貼り方等々)のおさまりが、ものすごくラフ。
町中、ゴミと犬の糞が散乱している。
過去の歴史の保存という重要な使命を課せられたパリ市民は、かわいそうな気が
する。
時代に合わせて、建物も生活様式もどんどん変わっていくほうが自然なのでは。
以上、歴史も何もない札幌生まれの人間のひがみでした。
テレビコマーシャルで見るように、街角のカフェでハイネケンを飲みながら、道
行く人を眺めていると、見たことのある日本人が携帯メールを打ちながら、歩い
てくる。
やっぱり不死身の幹事長。
どこへ行っても、行動は同じというわかりやすい人。
パリへ来たからには、一度はフレンチをと、ガイドブックにでているレストラン
に入るが、メニューはすべてフランス語、ギャルソンは、すべておじいちゃん
で、英語を話してくれない。
適当にオーダーしたものは、いまだに何の料理だったか定かでない。(まずかった)
翌日から、中華レストランの常連に。
世界の和食レストランの研究をライフワークにしている私としては、パリの有名
和食店も極めようと、サンジェルマン通りの「円」という蕎麦屋へ入ってみる。
きれいな店内、日本人オーナーと日本人スタッフによる見事な接客。
涙が出るほど見事な天ぷらそばと一杯の冷酒。
しかし、会計の30ユーロ(約4000円)は、妥当でしょうか。
ナンダカンダ言っても、日本が一番ということを確認したフランス調査団でした。
アメリカ調査団の時は、そうは、思わないのになあ・・・・

次回へ続く・・・

次回へつづく・・・


トップ