林代表理事の
まちづくり旅日記

part49

一年間サボっていた不死身の幹事長の「裏事情」ですが、ニースで突然目覚めた
ようで、いきなり大量に書き出しました。
しかも、携帯、親指打ちです。
おかげで、一月ほど私の「旅日記」もサボることができました。

6月某日
名古屋のコープ連合さんからお座敷がかかり、「環境創造型商業施設」につい
て、お話しさせてもらう。
全国で中心市街地活性化の取り組みが行われているが、地方中小都市の大きな
悩みのひとつが、中心市街地からスーパーマーケットが消えていき、車に乗らないと
食料品を買うことができず、免許を持っていない奥様方や、子供たち、そして
お年寄りは、お父さんに連れて行ってもらわないと買物ができなくなってきた。
特に、一人暮らしのお年寄りは、食料品を買うことにも不自由しており、たいへ
んな状況である。
そこで、新潟の妙高市のように、TMO事業により、市民の有志が自らスーパー
の経営を始めたところまででてきた。
しかし、資本力もノウハウも無い中での営業は、苦戦の連続で、高齢化している
市民の「生存権」のための使命感で、歯を喰いしばって頑張っている。
中部地区の生協さんの幹部の方々がたくさんお集まりだったので、是非、地方中
小都市の中心市街地への出店を検討していただくようにお願いした。
もしも、出店ができない時も、妙高市のように、地域の有志が経営する市民スー
パーへ商品供給するというような支援策を考えていただきたいとお話しすると、
講演終了後、某生協さんが、是非協力したいと申し出てくれた。
これは、他人事ではなく、誰でも歳をとって、車を運転できなくなった時に直面
する問題だ。
そのための対策として、多少品揃えが悪く、多少価格が高くても、市民運動の一
環として地元の市民スーパーを育成することが大事になってくる。(生協さんの
品揃えが悪いということではありません。)
「全国の生協さんにも、是非この事をご理解いただき、善処をお願いしたい。」
と政治家のような口調になってしまった名古屋講演でした。

6月某日
札幌で開催された「都市再生シンポジウム」にパネラーとして参加。
基調講演で、東京の容積1000%以上という大規模再開発の話しがあった。
その後のパネルディスカッションだったので、対照的に、容積100%前後の
「身の丈再開発」の事例をお話しする。
この文字通り桁違いの再開発が、両方とも同じ制度の基にあるのは無理がありそ
う。
「新都市」8月号にも書かせてもらったが、地方中小都市用の新しいまちづくり
制度が望まれる。
打ち上げは、札幌市内のホテルで、東京、大阪から大集合した再開発コンサルタ
ントの重鎮と懇親立食パーティ。
私は、立食パーティが苦手である。
小さいときから婆やに、「お坊ちゃま、立ってものを食べてはいけませんよ。」
と躾けられてきたので(ウソです)、どんなに豪華な料理があっても、ほとんど
手が出ない。
どうせならば、欧米のパーティのように、食べ物は軽食にして、カクテルを片手
におしゃべりを楽しむ時間と、着席して食事をする時間を分けることはできない
のだろうか。
ローストビーフにサラダに寿司を一皿に盛り、それらを箸で頬張りながら、水割
りを飲み、周囲の人と名刺交換をしている風景は、どう見てもおかしいでしょ
う。
ということで、今回のパーティは、立食&軽食とし、その後で、近くの居酒屋で
じっくり食べ飲むという正しい段取りとした。
しかし、パーティ会場だったホテルの豪華会場に比べて、居酒屋は、あまりにも
大衆的且つ狭くて、遠来の大先生方には、少し気の毒なことをした。

6月某日
北海道風連町の活性化事業もいよいよ佳境。
ゴマをするわけではありませんが、この町の人たちは、皆、人柄がよく、しかも
熱心。



厳しいけれど熱い商工会長さん、温厚さを絵に描いたような事務局長さん、勉強
熱心な役場の係長さん等、これだけ役者が揃えば事業は進む。
しかし、なんと言っても町長さんの馬力がすごい。
来春合併予定の隣の市の市長さんと一緒に、国へ出向く行動力。
考えてみると、横手市の市長さん、古川市の市長さん等のように、街づくりを先
頭に立って推進するトップがいるところは、見事に事業が動く。
国も地方公共団体もそんな時代になったのでしょうね。
翌朝に、旭川空港から東京へとんぼ返りする、私と不死身の幹事長は、旭川に一
泊することになった。
車で札幌へ向かう予定のイクゾー専務も、やはり旭川に泊まって大宴会すること
になった。
口開けは、幹事長の嗅覚に頼ってはじめての居酒屋へ恐る恐る潜入。
これが大正解で、出てくる刺身も焼き魚も申し分なく旨い。
あっという間に、ビール多数と焼酎ボトル一本を開け、追加ボトルを頼もうとす
ると、珍しいことに幹事長が止めるではないか。
腹の具合でも悪くなったのかと思ったら、「今夜は、ハシゴ〜」ということで、
余力を蓄えておく作戦らしい。
次に入った隣の焼き鳥やは、見事にハズした。
暗い雰囲気のなかで、オヤジがナイターを見ている。
客は、ほとんどいない。
出てきた焼き鳥も焼きすぎでパサパサしていてまずい。
せっかく、さっきの店で旨いものを食べてきたのに、台無しだと、ただちに次の
店へ向かう。
今度も、不死身の幹事長のたっての希望で、旭川ラーメンの店で、餃子&ビー
ル。
食べてばかりいるようだが、その通りで、どこの町でも、居酒屋とラーメン屋を
ハシゴしているような気がする。
考えてみると、TOMネット宴会で、オネーサンのいるような店へ行くことは、
ほとんど無い。
せいぜい、オカーサンかオトーサンがやっているカラオケスナック程度。
トムラーが、オネーサン嫌いとは思えないのだが・・・

7月某日
市民と関係権利者の合意形成活動を展開中の京都の京田辺市へ女座長と向かう。
昨年、初めてプロポーザルを行ったときは、市役所のご担当も、市会議員さんも
地権者の皆さんも、眉に唾をつけているように見えたが、商工会の女性指導員さ
んの頑張りと、TOMネット大阪会、東京会のメンバーが勉強会を続けたこと
で、地元の雰囲気が変わりはじめた。
あっという間に、地権者によるまちづくり期成会ができ、有力地権者企業も前向
きになった。
国土交通省の新しい制度である「防災街区整備事業」が手法としては馴染みそう
と市の都市計画化の皆さんと打ち合わせ。
夜の新幹線で鯖寿司を肴に女座長と宴会しながら東京へ。

7月某日
秋田県横手市へ東京、仙台からトムラーが集合し、関係権利者の合意形成のため
のヒアリング。
今まで、全国で数百人の地権者の方々の話を聞いてきたが、それぞれひとりひと
り、長い歴史や生活、商売があり、まちづくりへの参加の意思を伺うことは、た
いへん「重い。」
先代から引き継いだ商売の話、東京へ行っている子供たちの話、新たな生活への
希望と不安・・・話しは尽きない。
一日中、何人もの方とお話させていただくと、申し訳ないが、正直、疲れる。
そのため、夜の食事時の酒は、少々荒れることがある。
この日も、アゴヒゲの建築家とつまらない事で口論になり、止めに入った不死身
の幹事長にも嫌なことを言ってしまったような気がする。
まだまだ人間ができていないと反省。

7月某日
兵庫県尼崎市の市場で、まちづくり相談会。
市民の台所として長い間営業してきた市場も、若い消費者への対応不足と施設の
老朽化で、そろそろ存亡の危機。
ここは、産学協同によるまちづくりを実践しており、地元の三大学の学生さん方
がボランティアで商業調査等のお手伝いをしている。
TOMネット大阪会のピエ〜ル会長の大学も参加しており、その関係で、私と不
死身の幹事長もお手伝い。
来年の三月まで10回程のワークショップを重ねて今後の方向性を出したいとい
う要望だが、現状をブレークスルーさせるための答えは見えている
しかし、プロセスが大事というピエ〜ル会長のペースでゆっくり進めることに
なった。とりあえず、市場の委員の皆さんと顔合わせを兼ねた焼き鳥宴会。
やはり、「希望と不安」が見えてきた。
翌日は、北海道へ飛んで、支笏湖温泉の再生相談会。
層雲峡の再生事例をお話しして、支笏湖観光の可能性について自由討論。
千歳市役所さん、環境省さん、地元小学校の先生、ホテルの専務さん等多彩な顔
ぶれに、TOMネット北海道のメンバーが多数加わり、深夜まで議論。
翌朝入った温泉は、絶品だった。

次回へつづく・・・


トップ