10月某日
西那須野町まちづくりワークショップ。
翌日、「岩手県中心市街地活性化フォーラムin水沢」。
翌日、「秋田県同フォーラムin横手」。翌日、
TOMネットまちづくり視察会(秋田県六郷町、角館町)。
毎朝、3分間は、自分がどこで目覚めたかを考える毎日。
だが、水沢市、横手市の皆さん、六郷町、角館町の役場の皆さん、
東北経済産業局の皆さん等、たくさんの方々のおかげで
NPO活動を続けさせていただいている身としては幸せな毎日である
。特に、水沢フォーラムでは、TOMネット東北会のメンバーが
多数手弁当でサポーターを引き受けてくれてとてもありがたい。
毎日の打ち上げビールもとてもうまい。
少しは、東北のまちづくりの役に立てただろうか。

10月某日
「宮城県中心市街地活性化フォーラムin古川」開催。
今回は、TOMネット東北会のメンバーに加えて東京会
からも多数のサポーターがきてくれた。古川の活性化計画は、
酒蔵を改造した商業施設開発とシネコンを主体とした
再開発事業による二核の形成を目指すものだ。
私自身、七年間お手伝いをさせていただいている
プロジェクトで、いよいよ実現に向けて大詰めを迎えている。
打ち上げでは、貴重な地酒の大吟醸酒をたくさん
飲ませていただき、東京チームは盛り上がりすぎて、
倒れこむ者もでるありさま。古川の皆さんご迷惑をお掛けしました。

10月某日
札幌、仙台、東京といつものように連続ゼミナール。
東京では、「日本海庄や」でおなじみの
椛蜿ッの店舗開発部長に「中心市街地での飲食店の展開」
について講演をいただき、ついでに入会してもらった。
やはり、中心市街地の活性化は、飲食店が重要であり、
従来からの会員であるサントリーグループと共に、
NPO活動への積極的な参加をお願いしたい。

11月某日
「青森県中心市街地活性化フォーラムin三戸」開催。
今回の対応は、TOMネット北海道会と東京会が担当。
北から南から、三戸町で合流。この町の商店街は、
人口に比較してとても元気に見える。まちづくりのテーマも
「南部藩の復興」とするとわかりやすい等々、
勝手なことを町長に申し上げ、今夜もおいしい酒を
しこたまごちそうになって、恐れ多いことに
町長に見送られて解散。今後もTOMネットで
役に立てることがあれば言ってください。
翌日は、そのまま秋田県鹿角市へ。
昨年TOMネット東北会がご支援してつくりあげた
「中心市街地活性化基本計画」の実現に向けての
活動が始まった。民間主導のコミュニティセンター
「パブリックハウス」を再開発事業で建設できるかどうかの正念場。



次回へつづく・・・