林代表理事のまちづくり旅日記
part 50

7月某日
小樽市再開発事業準備会の設立総会のため、北海道へ。
ここには書けない、いろいろな事を経て、ようやく準備会ができた。
TOMネット東京会、北海道会の専門者会員(建築計画、不動産鑑定、補償、商
業計画、再開発コーディネーター等)が、ボランティアでお手伝いしている。
TOMネットは、まちづくり事業の初動期に事業立ち上げを具体的に支援するこ
とを使命としているNPO。
事業立ち上げの目途が立ったところでお手伝い終了という事になるはずだが、ま
だ、合意形成等、やらなければならない事がたくさんある。
「NPO TOMネット、小樽再開発を全面的に支援!!」と新聞にも大きく出
てしまったし(それだからという訳ではありませんが)ここ数ヶ月は、会員が全
力投球しなければ。

7月某日
賛助会員企業の50周年祝賀会に出席するために福岡へ。
立派なホテルを会場に200人以上の来賓を迎え、その会社の社長さんは、感慨
深げに設立からの経過を話していた。
TOMネットは現在7年目、50周年まであと43年。
その時には、よぼよぼと杖をついてTOMネット設立の頃の話ができればなあ
と、あり得ないことを考えながら、赤ワインをぐびぐび。
終了後、宿泊するホテルのそばの小料理屋さんをひやかしてみる。
カウンターには、年上のオネーサンに無理やり連れてこられた大学生という感じ
のカップルだけが座っていて、その隣に座らされる。
話し好きな店主は、私の前から一歩も動かず、博多の魚と焼酎自慢。
すでにワインで出来上がっているので、言われるままに様々な銘柄の焼酎を飲み
つくし、よろよろとホテルへ帰る。
明日の飛行機の時間は早いが、起きられるのだろうか。

7月某日
TOMネット東北会の定例セミナー。
会場に着くと、喜多方商工会議所さんと多賀城TMOさんが待っていて、ミニ相
談会。
活性化法ができて7年、そろそろ基本計画に書いた事を実践し始める頃。
地域相談会も増えてくる。
セミナーでは、古川市で蔵を活用して活性化を進めている街づくり会社のご担当
にお話しを伺う。
その後は、不死身の幹事長による「南仏まちづくり調査団」報告会。
実に180枚のスライドを延々と見せられた、いや失礼、見せていただいた。
視察の目的のニース市副市長の話が少なく、凱旋門やルーブル美術館の写真が多
かったのはなぜでしょうか。
交流会は、ここのところ定番になった国分町のはずれの居酒屋貸し切、何でも飲
み放題。
参加者が増えてきて、恒例の一分スピーチを一巡すると、もう終了時間。
二次会は、怪しげなパブ。
NPOの飲み会とは思えないような、悪いお遊び(とても書けません)に大盛り
上がり。

8月某日
小樽のまちづくり事業の関係権利者の皆さんと個別ヒアリング。
何十年も続けてきた店を、高齢でたたまなければならない老夫婦のお話を聞き、
一方で、この事業で、店を広げようと希望に胸を膨らませている社長さんの元気
なお話も聞く。
街づくりは人生そのもの・・・・
ストレス解消の打ち上げは、ヒアリングを担当した北海道会の面々と東京から参
加の不死身の幹事長。
いつもTOMネット宴会では、他のトムラーとは一線を画し、目立たずひっそり
と飲んでいる不動産鑑定専門のバツゼロオジサン会員が、突然「先日、横浜でピ
アノコンサートに出演してきました。」とボソッとつぶやいた。
「えっ、ピアノ弾けるの?」と幹事長。
「子供の頃、習っていて、今は、ヤマハ音楽教室に通っています。」とバツゼロ
オジサン会員。
普段の地味さから、どうしても信じられない我々は、すぐにピアノのあるジャズ
バーに連行。
「さあ、弾いてみろ!」と幹事長。
あの地味なバツゼロオジサン会員が、何とブーニンのように、見事な手さばきで
弾き始めるではないか。
一同、あんぐりと口を開けて放心状態。
人は見かけにはよらないものだと、つくづく反省。
ところが、今度は、バツゼロオジサン会員が止まらなくなった。
他にもお客さんがおり、店のオーナー(有名なピアニスト)の演奏を聴こうと来
ているのに、すっかり自分の演奏と先程の居酒屋で飲んだワインに酔っ払った会
員は、「もうやめてもいいから」という私の言葉も無視してひたすら弾きまく
る。
最後は、はがいじめ状態で、ピアノからひきはがしたが、すでに目の据わってい
る会員は、隙をみてはピアノに突進。
面倒見切れずに、店において退散したが、まだ弾いているのだろうな。
やっぱりバツゼロオジサン会員もトムラーだった。

8月某日
TOMネット東京会定例セミナー。
講師は、「横手寝坊、新幹線乗り遅れ事件」で一躍有名になったM研究員。
テーマは、M研究員が担当した史上最小の再開発事業、北海道石狩市。
「まちの記憶」を残すため、旧役場の周辺を地域の人々と再開発した状況を、綿
密な資料と共に一時間。
汚名挽回、もう寝坊研究員とは言わせないぞと、気迫に満ちた報告会だった。
終了後の交流会は、改装直後のチェーン店居酒屋、個室飲み放題。
珍しく(失礼)、まっとうなワインや芋焼酎を飲み放題にしてもらい、すっかり
ゴキゲンのメンバーは、隣のカラオケへなだれ込む。
狭い部屋でぎゅうぎゅう詰めにも関わらず、トムラーの歌声は、終電まで延々と
続いたとさ。

8月某日
横手市役所さんとの打ち合わせに集合した、アゴヒゲの建築家、不死身の幹事長
(どこにでも登場しますね)、イクゾー専務そして私。
関係権利者のヒアリング状況や、公共施設の内容についてみっちり打ち合わせし
た後、翌日、関係者との面談が残っている私と専務を残して、他の二人は、夜の
新幹線で帰京する事になった。
時間があったので、駅前のホテルの屋上ビアガーデンへ。
秋田の山々に沈む夕日を見ながらの大ジョッキは、至福。
新幹線内宴会用に、ビアガーデンのつまみを大量購入した二人は駅へ、私と専務
は前回来た時に不死身の幹事長が見つけたという蔵を改造した寿司屋へ向かう。
つまみ5種類で1500円という寿司屋は、幹事長情報どおり雰囲気の良い店
だった。
芋焼酎飲み過ぎで、翌朝は、おかゆしか食べられずげっそり。
打ち合わせを終了し、帰りに寄った市役所の街づくり推進室の打ち合わせテーブ
ルの上には、数枚の短冊。
8月16日に開催される200年以上の歴史のある「送り盆」。
そこで使われる屋形船につける願い事を記した短冊だそうだ。
その短冊に書かれていた文字は、「駅前再開発事業、成就!」
ジーンときた。

次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ