林代表理事のまちづくり旅日記
part51

8月某日
一週間毎日飛行機に乗ることになった。
北海道の千歳空港から伊丹空港へ向けてのフライトの時、出発寸前にエンジントラブル発生。
最近、整備不良の飛行機が何かと話題になっており、週の初めから嫌な予感。
結局、飛行機ごと取り替えることになり、2時間近く遅延。
京都の京田辺市役所での打合せ時間が迫っているが、すぐにあきらめる。
しかし、飛んでからのトラブルでなくてよかった。
京田辺のまちづくりワークショップには多数の市民と学生さんが参加。
東京会からギリー理事、不死身の幹事長、女座長と主要メンバーが参加。
地元の大阪会からは、ピエ〜ル会長、美貌のイラストレーター、浪花の前幹事長等
これも主力メンバーが多数顔を揃えている。
人口も減少することが確実な日本で、ただ道路を広げたり
どこにでもあるイベントを開催するような手立てだけでは、都市は活性化しない。
他の都市や他の国から、この街に人が集まってくる仕組みが必要。
先だって話を聞いてきた南仏のニース市でも、「芸術」と「環境」をしっかりとした
街のテーマに掲げて世界中から大変な数の観光客を集めることに成功している。
京田辺にもより確固とした「まちの個性」が必要だと思うが、
いまひとつ「まちづくりのテーマ」が見えてこない。
そこで、次回のワークショップまでに、美貌のイラストレーターに際立った特色のある
駅前のイメージイラストを描いてきて貰い、それを肴?に自由な発想で話し合うことにした。
今日のワークショップでも意見が出ていたが、京田辺は、竹取物語のモデルではないかと
言われているまちのひとつだ。
「かぐや姫伝説」をテーマとしたまちも夢がありそう(安易でしょうか)。
終了後の反省会は、毎回ワークショップに参加して頂いている熱心な商工会長さんと
向かい合わせの席。
「この活性化事業に参加すると、どの位の減歩が必要になるのですか」とのご質問。
「区画整理ではないので、減歩はないのですよ。」と伝えると、
「よし、わかった!」と力強く理解され焼酎をグビッ。
京田辺のまちづくりは、この商工会長さん、まちづくり期成会の会長さん副会長さんと
会長さん連合の情熱がポイント。
TOMネット大阪会のピエ〜ル会長にも頑張ってもらわねば。

翌日は、伊丹空港から福岡空港へ。
TOMネット九州会の定例セミナー。
地域コンサルタントであるTOMネット九州会の理事が佐賀のまちづくり事例をテーマに講演。
会員交流会は、TOMネットには似合わない、こじゃれた料理屋。
この趣味は、九州会の会長である「童顔の建築家」。
そういえば、彼とは一昨年の「まちづくり組織調査団」でニューオリンズを訪問した。
あのジャズとブルースの街が、今回のハリケーンで消滅した。
京田辺にもモデルにしてほしいほど強烈な個性あるまちだった。
何とか時間をかけてでも復興してほしい。
話は戻りますが、二次会も童顔の建築家の案内でオシャレな料理屋さん。
屋台の建ち並ぶ川のほとりに、セミオープンのいい感じの和食屋。
そして三次会はやっぱりいつもの屋台。
ここの「めんたま」(明太子入りの卵焼き)と焼ラーメンを食べなければ
博多の宴会は終了できない。

次の日は、福岡空港から羽田へ一時帰京。
さらに翌日、関西から東京へ向かって追ってくる強力台風を何とか振り切り
秋田空港へ。
ギリー理事、イクゾー専務、不死身の幹事長、アゴヒゲの建築家といつもの
横手チームが集合。
市との打合せ、期成会勉強会を終らせ、恒例の居酒屋反省会。
迫り来る台風をかわして、どのように東京へ戻るかの検討。
皆、翌日に大事な打ち合わせの予定を持っており、何が何でも
帰り着かなければならない。
不死身の幹事長は、深夜の高速バスで帰るという。
「仙台辺りの高速道路が通行止めになってバスの中に
閉じ込められるんじゃないの」とギリー理事。
残りの手段は、飛行機か新幹線。
皆、両方を予約して、翌朝の天候により判断することにする。
そして翌早朝、台風は、関東から仙台のあたりに向かっており、
その後太平洋に抜けるとの予報。
現在のところ飛行機も新幹線も動いている。
私の決断は、新幹線。
秋田空港がらみでは、今も忘れない一昨年の年末を始めとして
何度か飛び立ってから引き返したり欠航になった時の印象が強い。
他の三人は、飛行機を選択、「新幹線だって風が強いと止まるよ。」という
アゴヒゲの建築家を振り切り断固「こまち」。
口惜しいことに、不死身の幹事長は、予定通りにすでに東京に着いたとメールがあった。
さて、結果は・・・・
全員予定通りに到着しました。
私以外の誰かのところでドラマがあれば、この旅日記も盛り上がるのに・・・。

8月某日
北海道美唄市で相談会。
ここは、二十数年前に商店街近代化事業を成功させ、
「コア美唄」という共同店舗も立派に営業している。
しかし、商店街施設の老朽化に加え、後から進出してきた
大型店が撤退してしまい、再度商業の活性化が必要な状況。
この大型空き店舗を放置しておくと、持ち主は固定資産税を免れるために解体し
商店街の真ん中に大きな空地が生じることになる。
市が取得してコンバージョンして公共施設として活用するか
まちづくり会社が取得して周辺商店街と一緒に再開発するか考えどころ。
TOMネット北海道会でプロポーザルを作成し、参考にしてもらうことにして本日の相談終了。

9月某日
函館の繊維関係の組合からお座敷がかかり、「環境創造型商店街」の講演会。
さすがにアパレル関連の講演会だけに、会場内にマネキンのディスプレイがあり
不思議な雰囲気。
函館といえば、私の事務所がお手伝いした再開発事業が完了している。
バブル末期に、函館市役所のご担当の方たちと香港に本社のあった
日系企業を訪問し、再開発ビル内に中華街を誘致しようとしたプロジェクト。
しかし、間もなくその日系企業は破綻し、再開発事業も暗礁に乗り上げた。
結局、函館市水道局が再開発ビルに入居することになり事業は無事に完了したが
その間6年ほどよく訪れ、苦い酒や旨い酒をたっぷりと味わった馴染みのある街。
講演会の終了後、主催者の専務さんのご招待で、新鮮な魚料理の店へ。
内子を持った毛ガニを初めて食べさせていただいた。
板さんの話では、子持ち毛ガニは函館では禁猟、津軽海峡を挟んだ青森では
解禁ということらしい。
カニも函館方面で暮らしているのが幸せなんでしょうね。
二次会に連れて行っていただいたのは、私が苦手な(本当です)
きれいなオネーサンたちがたくさんいるクラブ。
普通の人は、初めて来た店で、初めて会うオネーサンといったい何の話をするのでしょうか。
「この店は、いつからやってるの」とか「今年の夏は暑いねえ」とか
気をつかいながら飲む酒は、つらい。
しかし、この店のママさんは、昼間に私の講演を聴いていたというではないか。
そういえば、開演30分前に会場に行くと、若い女性がすでに一番乗りしていて
熱心な人だなあと思っていたらその人がこのママさんだったらしい。
クラブのオネーサンもこんなに勉強熱心ならば、まちづくりの話をしながら
一緒に酔っ払えるのでしょうね。

9月某日
私が尊敬する上場企業の会長さんが、二度目の勲章を受章され
その祝賀会がホテルオークラで開催された。
何と600人の来賓が会場一杯に溢れている。
45分間のお祝いセレモニーの後、ようやく乾杯。
祝辞をききながらずっとワインを飲んでいたのですでに出来上がりぎみ。
立食パーティだが、オークラの調理部門が総力を挙げて準備しましたという感じの
和洋中の逸品がずらり。
前々回の旅日記に「婆やの遺言で、立ってものを食べられない」と書いたばかりだが
極上のステーキ、極上の握り寿司、極上のペキンダック等々、極上づくしにギブアップ。
会場には、知っている人が少なかったのを幸いに、極上のワインともども
山海の珍味を「立ったままで」食べ尽くしてしまった。
婆や、ごめんなさい。

次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ