林代表理事のまちづくり旅日記

part52

9月某日
京田辺まちづくりワークショップの最終回。
交流人口を増やすための「まちのテーマ」を探して議論。
話題提供として、境港の「水木しげるロード」や北九州の「門司港レトロ」のス
ライドを見ていただいてからスタート。
かぐや姫から竹を連想して、筍料理や竹細工を売り物にまちおこしをしようと
か、「一休さん」をテーマに観光客を呼ぼうなどと話しが盛り上がる。
ワークショップに参加している同志社大学(地元)の学生さん達が、ギネスに挑
戦して、世界一長い「流しそうめん」をやるそうだ。
秋田県の六郷町では、名水による流しそうめんを中心市街地活性化の目玉にして
いるが、同志社大学のそばの長い坂道に竹を半割にしたものを延々とつなげて、
そうめんを流すのはワクワクする光景だ。
しかし食べる人は、どの辺の位置で、どんな構えでそうめんをゲットするのだろ
うか。
下流?の人まで、そうめんは流れ着くのだろうかと疑問が続出。
面白いワークショップを終了して、関西トムラー+ギリー理事、不死身の幹事
長、女座長といういつものメンバーでいつもの様に飽きもせずに、お好み焼き屋
で反省会。途中からおなじみの商工会長さんと、まちづくりを先頭に立って推進
する女性経営指導員さんも加わって焼酎をたっぷり。
東京チームは、それでも飲み足らずに、ホテルの幹事長部屋へ大集合。
なぜか、一緒に泊まる大阪会のピエ〜ル会長も加わって、深夜まで。

9月某日
小樽再開発準備会の役員会に出席するために、不死身の幹事長がやってきた。
終了後、お約束のススキノへ。
いつもの居酒屋で、カニ、さんま、イモバター等々を、芋焼酎ロックでたっぷり
流し込んだ後、向かった所はイクゾー専務がお勧めの餃子屋さん。
散々居酒屋で飲み、食べてきたはずなのに、幹事長が注文したものは、ビールと
「餃子カレー」。
大盛りカレーライスの上に餃子が5個のった、見るだけで胸が一杯になりそうな
ものを、10分で完食。
イクゾー専務と私は、おとなしく、二人で餃子一皿をつまみにビール。
話題は、札幌から始まって全国に広まった「スープカレー」。
「ただちにスープカレーを食べに行こう。走って行こう」とあわただしく席を立
つ幹事長。
怖いもの見たさでついて行った我々の前で、大きな骨付き地鶏が入ったスープカ
レーを再び10分で完食した幹事長。
不死身だぁ・・・・・

9月某日
「フクちゃん」と呼ばれるTOMネット東北会の幹事長が東京へ転勤になった。
フクちゃんは、つい二年前まで東京会に参加していたが、仙台転勤になり、トム
ラー活動に励んだ結果、東北会三代目幹事長になったのが一年前。
それが、すぐに東京へ戻る事になり、自分で送別会を企画し、東北会会員に見送
られて戻ってきたが、今日は、東京会の復帰歓迎会。
女座長が初めて予約した渋谷の店だが、恐れを知らないというか、太っ腹という
か、3時間飲み放題コースを引き受けた模様。
ビールから始まり、白ワイン→赤ワイン→日本酒と、とめどなく飲み続けるトム
ラーの姿に、店の従業員も混乱してきたようで、飲み放題の安い日本酒を注文し
ているのに、持ってきたものの味が違う。
「お兄さん、この酒、味がおかしいんだけど、ちょっと飲んでみて」と「チワチ
ワ」と呼ばれる東京会会長。
ひとくち、口に含むと厨房へ走る従業員。
戻ってくると、「すいません焼酎と間違えました」とのこと。
銘柄を聞くと、高価な焼酎である「森伊蔵」。
「ずーっと間違えていなさい。」とド派手なイベントプロデューサー。
3時間では足りなくなり、別途追加料金を支払い、終電まで。
この店も、一度だけで来づらくなるのでしょうね。
TOMネットは全国に支部があるので、四国と沖縄以外ならどこへ転勤しても大
丈夫。すぐに飲み仲間じゃなかった、NPO仲間ができる。
現実に、東京から札幌へ転勤になった会員、大阪から東京へ来た会員などが何人
もいる。
私は、全国どこの宴会にも参加するので、同じ人の送別会と歓迎会両方に参加し
た事もある。
要は、何の名目でも宴会ができればいいのだ。(アル中ではありません。念のた
め)

次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ