林代表理事のまちづくり旅日記
part53

9月某日
突然右膝が痛くなった。
原因は無い。
階段を降りるのがつらい・・・・。
しかし、翌日は久々のゴルフ。
ムリにプレイした結果、膝は腫れ上がり、歩くこともままならなくなった。
それから5日後、大量の湿布を貼りつづけ、下り階段以外は
何とかうめき声を上げずに歩くことができるようになった。
その日は、TOMネット東京会と東北会の合同ゴルフコンペ。
ゴルフ場に乗用カートがある事を確認して、強行参加。
プレイ終了後、膝は完治していた。何だったのでしょうか。
そう言えば、膝が痛くなった前の日に、不死身の幹事長から、膝が痛くて
病院へ行っているという話を聞いた。
暗示に弱いのですね。
合同ゴルフコンペの夜は、那須の温泉に宿泊、当然大宴会。
東京会と東北会の対抗歌合戦が延々と続いた。

9月某日
北海道の富良野市から、相談会開催の依頼があり、訪問。
中心市街地にある大型病院が郊外に移転することになり、周辺の商店街が
危機に陥りそうなので、何か良い方法がないかという相談。
横手と同じ問題なので、横手の事例を紹介。
夜9時終了。 引続き、宴会しながらの相談会の予定だったが
どうしても、翌日早朝に東京へ戻らねばならないので、3時間車を運転して札幌へ。

9月某日
埼玉県桶川市のTMO構想策定委員会に参加。
本来、TMO構想は、経済産業省の中心市街地活性化施策である
「中小小売商業高度化事業」について「誰がどの場所で、どんな事業を
どういう手法で実現するか」を整理するものだが、桶川市の場合、
未整備のJR東口周辺地区のハード整備も見据えて
構想を策定する事になっているので、国土交通省の市街地再開発事業や
防災街区整備事業も同時に検討しなければならない。
一回目の委員会なので、委員の皆さんに妙高市の活性化事例のスライドなどを
見ていただきながら、TMOのあり方等についてご説明。
今後も何度も訪問することになりそうだが桶川は、私の東京の住まいがある
恵比寿と湘南新宿ラインで直結しており、うれしいことに
ビールの飲めるグリーン車がついている。
M研究員と缶ビールを飲みながら約1時間、M研究員は
乗換駅の池袋で降りようとせず、恵比寿までついてきたので、焼き鳥屋で反省会。

9月某日
大阪で京田辺再開発の大地権者である某私鉄の不動産部と打合せ。
夜は、地権者勉強会を終えてから京都駅前の居酒屋で焼酎。
この日は、タイガースの優勝決定の日で、テレビのあるこの居酒屋は大盛り上がり。
「タイガース、優勝だ!!」と叫ぶ、ねじり鉢巻きのオトッツァンに向かって
「ジャイアンツ、万歳!!」と叫びかけた不死身の幹事長の口を
あわててふさぐ女座長とまちづくりセールスマン。
ストレスのたまった幹事長は、札幌以来すっかり癖になった
スープカレー(なぜ京都にもあるのでしょうね)を激食い。

10月某日
今年の国内視察会は、沖縄。
都市機構さんが推進中の沖縄市のミュージックタウン構想の話を聞き
現地見学(現在建築中)。
ついでに、TOMネット全国交流会も開催。
初日の夜は、那覇の郷土料理&郷土舞踊を泡盛飲み放題で楽しむ。
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪から集合したメンバーがすぐに打ち解けて泡盛をぐびぐび。
もっと騒げる店があるという情報で、ほとんどのメンバーは二次会へ向う。
会計担当のM研究員が勘定の支払いにとまどっているのを待っているうちに
本隊は出発。
いつまでも出てこないM研究員を見捨てて、ひとりで国際通りをぶらぶら。
裏道の地元の人しか来ないような居酒屋へ入り、好物の豆腐ようを肴に泡盛。
翌日は、全国会員交流ゴルフコンペ。
ダイキンレディスの行われる見事なコンディションのゴルフ場。
天気は快晴、温度と湿度は高し。
北海道会と東北会から参加した会員は、1ホール目から汗で全身ずぶぬれ、脱水状態。
何せ、北海道と沖縄のこの日の温度差は、20度以上あったようだ。
優勝は、名古屋会の理事さん、私は何と準優勝(ダブルペリアなので運がよかっただけ。)
表彰式兼第二回全国交流懇親会も泡盛3時間飲み放題の居酒屋。
翌日が私の誕生日だったので、ケーキと花束を用意してくれた参加会員に感謝。
ところで、万年ブービーメーカーの不死身の幹事長は、持病の膝痛に加えて腰痛もひどく
当日になって、不参加表明。
しかし、会員情報を集めてみると、前日の宴会ニ次回では泡盛を浴びながら
沖縄舞踏に飛び入り参加して腰を振りまくっていたことが判明。
さらに、当日は、M研究員を従えて、ビーチへ向かい延々と泳いでいたとの事。
全国大会でのブービーメーカー逃れか・・・・


次回へつづく・・・


トップ