林代表理事のまちづくり旅日記

part54



10月某日
京都府京田辺市の新田辺駅東口地区の地権者の皆さん方の個別ヒアリング。
「かぐや姫伝説による顔作り」事業への参加意向を伺う。
どんなに立派な絵を描いても、関係権利者の合意がなくては、実現しない。
このまちづくりに参加して、生活再建、営業再建ができるのか、確信が持てなく
ては決断できない。
総論賛成は誰でも言えるが、経済的なことに納得がいくかどうかが重要。
まだ、このまちづくりが本当にできるのかどうかわからない段階で、個人の財産
に関わる事まで踏み込んでお話しさせていただくのが、NPOの使命。
TOMネットメンバー6名が二日がかりでヒアリング終了。
結果は、ほぼ90%以上の方が、参加に向けて前向きとわかった。
熱の入ってきた市役所のご担当の皆さんと、今後の事について打ち合わせてか
ら、尼崎市へ急ぐ。
大地主さんの土地を借りて、長い間ご商売をしてきた「三和市場」も老朽化が激
しくそろそろ限界。
地主さんも、市場の皆さんも、行政もみんなが納得する市場再生計画を考えた
い。
・・・というように今回の旅日記は、格調高くスタートしています。

10月某日
小樽、横手、桶川、富良野と転戦し、相変わらず朝目覚めたときに、どこにいる
のか判明するまで3分はかかるようになってしまった。
某団体の主催によるアジアシンポジウムが開催され、なぜかトムラーが多数実行
委員として参加。
司会は、女座長。
中国、台湾、韓国、そして日本から200名近く集合しており、出演者を紹介す
るのが女座長の役目。
「ペヨンジュン様」「オーヤンフィーフィー様」「アグネスチャン様」等とふり
がなつきの名前を前の日から必死に練習して本番に臨んでいるせいか、会議から
懇親パーティまで、10時間近くを無事に勤め上げたおんな座長。
私や不死身の幹事長らは、裏方で、昼休みに弁当やお茶を配るという少し情けな
い役目。
中国語で話しかけられたらどうしようとびくびくしていると、不死身の幹事長
は、満面の笑みと全身使いのボディランゲージで中国の皆さんにサービス。
そういえば、以前TOMネットの上海訪問の時に、地元の人とすっかり溶け込ん
でいて、違和感なかったものなあ。
懇親パーティで事件。
開会30分程で、料理が消えた。
決して海外の方たちが大食いだったわけではなく、手配の人数を大幅に間違った
ようだ。
まだ、パーティは一時間以上ある。
事務局と対応を話し合っていた不死身の幹事長が、「マクドナルドへ行って、ポ
テトフライを大量に買ってきて皿にもって並べよう。」ととんでもない事を言い
出した。
すでに事務局では、コンビニでピーナツなどの乾き物を買ってきて、並べ始めて
いる。
いくらなんでも、日本へ来て、マックフライポテトを食べたくないだろうと、幹
事長を押しとどめる。
これ以上書くと、主催者団体に怒られるので翌日の話へ移ります。
翌日は、六本木ヒルズやトリトンスクエアなど、日本の代表的な施設を見ていた
だく事になっている。
私は、韓国60名、最強団体担当。
昨年お世話になった韓国の某組合の女性理事長と意気投合し(通訳つき)、今話
題の「チョンゲチョン」川の再生についてお話しする。
川に蓋をして、その上に道路をつくって渋滞対策をしていたが、今の市長さん
が、道路を壊して、再び清流を取り戻した。
便利さよりも景観と環境を大事にするという、世界に誇れるプロジェクト。
TOMネットも「環境創造型商店街」を提案しているが、この川のプロジェクト
も随分参考にさせてもらった。
来年、再び、完成したチョンゲチョンを見に行く予定なので、理事長さんに親切
にしておくと良いことがあるかもしれないと下心。
団体で用意していた昼食は、お台場のランチバイキング。
修学旅行生でごった返している中を、皿を片手に、シュウマイやエビチリなどの
中華主体の料理をひと盛りに。
中国や台湾から来た人の感想を聞くのも怖く、早々と退出。
店を出るときにレジの後ろを見るとバイキングの料金は1000円だった。
というような視察だったのに、お別れのときに女性理事長さんが走ってきて、高
価な朝鮮人参茶をくれた。
二年後は、台湾か韓国でこの会議を開催するようですが、パーティは、ハンバー
ガー、ランチはフライドチキンでいいですからね。

11月某日
久々の北の果て(ごめんなさい)風連町。
昨年の春に役場の助役さんから相談を受け、TOMネット東京会と北海道会が総
力を挙げてご支援してきた活性化事業のポイントは、地元の農協さんの事業参加
であった。
今日、発足した再開発推進組織の会長さんは、その農協の組合長さん。
イガッタ、イガッタ(となぜか青森弁)。
町長さん、商工会長さん念願の、風連地区コミュニティの再生に大きく前進。

11月某日
TOMネット東北会による「中心市街地活性化シンポジウム」。
今年の全国共通テーマは、「交流人口を増やすまちづくり」。
人口減少も始まり、これからは、よその町や国からわが町に来ていただく事が、
まちづくりの必要条件。
トムラー以外の外部の専門家もパネラーとして参加いただいて、熱く議論。
私の出番で、「トムラーは、旨いものと旨い酒さえ用意していただければ、どこ
へでも手弁当で行きますよ」と勢いでお話ししたらしいが、すぐに二つの町から
声がかかったそうだ。
本当に、行けるのか心配。
居酒屋打ち上げのあとの二次会は、私の苦手のきれいなお姉さんのいる店(本当
です) 。
いろいろ話しかけられても、やっぱり盛り上がらず、早々に引き上げて、ホテル
のそばの居酒屋で、ひとり反省会。(暗いですか)

へつづく・・・


トップ