林代表理事のまちづくり旅日記

part55


11月某日
今年度の全国縦断打ち上げ付き「まちづくりシンポジウム」も佳境に入ってきた。
宿命のライバルらしい「九州会」と「大阪会」は、参加者動員に力が入り、公称180名対120名で
九州会に軍配が上がった。
しかし、九州会の打ち上げは、私が苦手の立食。
何度も立ってものは食べられないと、この日記にも書いているが、童顔の建築家の指示で無視され、
結局何も食べずに、芋焼酎だけをむやみに飲む。
しかし、私のキツイ視線に気づいたのか、童顔の建築家は二次会に、魚のおいしい大テーブルあぐら
取り囲み型の正しい宴会をセット。
危うく除名をまぬがれた。
さらに、私の席の前後左右は、九州会の女性会員で、きっちりと環境形成されており、文句無い。
(前回の旅日記で、きれいなオネーサンは苦手と書いたはずだが・・)
三次会は、本日解禁のヌーボーを飲みに行こうと盛り上がったが、外へ出ると突然の雨。
ここは、イクゾー専務と童顔の建築家に任せて、ホテルのそばのいつもの小料理屋さんでひとり
反省会。

11月某日
翌日は、大阪会による「京都シンポジウム」。
不死身の幹事長が仕切る「リレートーク」に、京田辺市のまちづくり協議会の会長さんがちょっとだけ
特別出演。
「かぐや姫伝説」のまちづくり状況についてお話していただく段取りだったが、会長さんは、「ワシは、
このまちづくりに命をかけてまっせ!!」と持ち時間を大幅に越えて大熱弁。
その情熱と迫力に会場は大喝采。
打ち上げは、京都タワーの地下にある居酒屋貸切飲み放題、九州会に逆転勝ち。
翌日は、今年最後の大阪会懇親ゴルフコンペがあるので、二次会中止で解散・・・と思ったが、
ホテルへ戻る途中で赤ちょうちんを発見、イクゾー専務、不死身の幹事長共々、
いやだいやだと言いながら吸い込まれてしまった。
カウンターのみの伝統的居酒屋は、常連さんばかりでほぼ満員。
皆が膝を送ってくれて何とか着席。
なぜか、カウンター上にヌーボーが。
昨夜飲めなかったので、早速注文、女性店主と従業員のオネエサンにもふるまって乾杯。
翌朝は5時出発なので、小一時間で、退散。
ホテルへ向う途中で振り向くと、不死身の幹事長がいない。
そのうち来るだろうと、イクゾー専務とふたりで帰還。
そして、翌朝。
約束の時間にロビーに降りてこない不死身の幹事長に電話をすると、
明るい声で「先に駅に行ってて」との返事。
まだまっくらな京都駅のホームで、イライラしながら待っていると、
どこかの酔っ払いが大声で歌を歌いながら登場。
もちろん不死身の幹事長。
昨夜は、あのまま午前二時の閉店まで飲んでいたようで、まだ完全に酔っ払っていてご機嫌。
ゴルフの幹事さんに最寄の駅まで迎えに来てもらい、ゴルフ場に向かうが、
車内は酒臭さでいっぱい。
こんな状態では、このおとっつあんは、ゴルフにはならないだろうと思っていると、
これが万年ブービーメーカーを脱出して過去最高。
やっぱり不死身だあ。

11月某日
宮城県多賀城市のまちづくりシンポジウムに呼んで頂いた。
駅前の大型空き店舗をどうするか、歴史あるまちの顔作りは等々、いろいろ悩みはつきなさそうだ。
講演後の打ち上げは、多賀城自慢の旨い魚と酒。
それだからという訳ではありませんが、今後もできる限りのお手伝いをする事をお約束して深夜、
仙台へ戻る。

11月某日
仙台空港から北海道の千歳空港経由で美唄市役所へ。
ここも大型空き店舗対策のご相談。
コンバージョンして公共施設にするか、更地にして駐車場にするか周辺商店街と共に再開発するか
悩ましいところ。
話を伺うと、市営住宅の建替え時期が近いそうで、それならば、小規模再開発を起こして、
民間による市の借上げ住宅を建てることもアイデア。
安普請の大型空き店舗はコンバージョンは難しい。

12月某日
いよいよ「東京シンポジウム」。
交流人口を増やすための国の施策を国土交通省のご担当にお話しいただいてから、リレートーク。
龍ヶ崎市の「コロッケによるまちおこし」を実践している女性部長さんや、
古川市の「蔵を活用したまちづくり」を実践しているまちづくり会社のお兄さんにも事例のお話しを
していただく。
今回パネラーとしてデビューの女性イベントプロデューサーの熱弁をPTAのように見守るド派手な
イベントプロデューサー。
無事終了で、居酒屋貸切飲み放題と全国どこでも同じ打ち上げも済ませて恵比寿へ戻る。
翌日は熱と腹痛で起き上がれない。
私の体には自動制御装置が組み込まれているので、過密スケジュールの連続シンポジウムが
一段落したところで、スイッチが切られて動けなくなる。
一日じっとしていると、またスイッチが入ってまた動き出すだろう。
ああ、今も自動制御装置が働いて・・・・・・

次回へつづく・・・


トップ