林代表理事のまちづくり旅日記
part56


12月某日
埼玉県桶川市TMO構想策定のためのまちづくりワークショップ開催。
TOMネット東京会から10名のファシリテーター&サポーターが集結している。
昔ながらの商店街を保存すべきか、それとも根本的に都市構造を大きく変えるべきか難しい選択。
まちづくり三法も来年には改正される見通しだが、行政、市民、地権者等のまちづくりへの熱意が
高まり、中心市街地の再生に向けた、確実に効果の見込める総合的な計画を立てたところに国が
集中的に支援するという流れは間違いなさそうだ。
中仙道の宿場町としての歴史を活かし、市民も来訪者も中心市街地を歩いて楽しむ仕組みを構築
できるか真剣な議論が続いた。
この日、ワークショップ前の話題提供として、私とギリー理事がスライドでまちづくり事例を見せること
になっていた。
狭い演壇に私のパソコンを設置し、二人交代で10分づつという段取りだったが、どちらかの足が
パソコンケーブルを踏んづけ、ギリー理事の絶叫と共に、私の可愛いパソコンがコンクリートの床に
墜落。
パソコン屋さんに持ち込んでの懸命の復旧作業もままならず、ハードディスクの取替え、したがって
当然すべてのデータは消滅という最悪の事態。
意気消沈の打ち上げは、大宮の居酒屋。
昨日まで腹痛と熱で寝込んでいたが、もう自棄酒と焼酎一気飲み。

12月某日
今年最後の大イベント、名古屋シンポジウム開催。
ド派手なイベントプロデューサーが「ウワバミのゲンさん」と命名したTOMネット名古屋会の会長
(名大大学院教授という偉い人)が、溢れるばかりのスライドを映しながら基調講演。
負けじと全国のまちづくり事例をスライドで・・・と思ったが、先週桶川でパソコンデータを消滅させて
しまっているので、わずかにバックアップしてあった数少ないスライドで中部地区の市町村の皆さん
に活性化事例を伝えなければならない。
今年、大きく事業が進捗した北海道の風連町や秋田県横手市の話を「アカペラ」で訥々と語ってみる。
ド派手なイベントプロデューサーが「代表、芸風が変わりましたね。」と噺家に対するようにささやく。
この際、落語を勉強して、羽織に扇子で、まちづくりを語ろうかと本気で思った。
打ち上げは、名古屋会の幹事さんたちが用意してくれたいつもの居酒屋。
ゲンさん会長は、本当にウワバミのように飲み続けるが毛ほどの乱れも見せない。
対照的に、30分でデロデロになるイベントプロデューサー。
幹事さんには申し訳ないが、東京とかわらないメニューの居酒屋では、名古屋へ来た甲斐がないと、
イクゾー専務、女座長共々「世界のやまちゃん」という手羽先で有名な店で飲みなおす。
(最近池袋にもできたそうです。)
さらに勢いがつき、新幹線の切符を最終に変更してもう一軒。
「ウチの手羽先が一番!」と主張する女将さんの顔を立てて食べてみると、本当に旨かった。

12月某日
尼崎の市場再生地権者説明会。
ちょっと生々しいのであまり詳しいことは書けませんが、参加者から「そんなうまい話があるわけ
ない。」とどこの町の説明会でも毎度聞く意見。
これが、半年で「本当にできそう。」と必ず変わる。
反省会は、尼崎TMOのカリスマタウンマネージャーも加わって芋焼酎を飲みながら激論。
ピエール会長や「TOMネットのツルベ」と呼ばれる幹事がまじめに議論する姿を始めて見た。

12月某日
伊丹空港から千歳空港へ飛び、TOMネット北海道のゼミナールに駆け込む。
まだパソコンは直らず、スタッフのパソコンで締めくくりの勉強会。
そのまま、北海道会の忘年会。
私の事務所のスタッフから北海道工業大学の教授に華麗なる転身をとげた「北海の暴れん坊理事」
も元気に歌い飲んでいる。
札幌滞在19時間で東京経由那須塩原へ。
西那須野再開発協議会の忘年会。
会長さんが「命」という、つい手を広げたポーズをとりたくなる名前の大吟醸酒を持ち込んで飲ませて
くれるが、これが絶品。
幹事さんが最高級の紹興酒を提供すると、副会長さんは、色のついた一升瓶に入った日本酒を家に
とりにいく。
「幻の銘酒」らしいが、たくさん飲むと倒れるらしい。
いろんなおいしい酒をたらふく頂いたので、帰りの最終新幹線に持ち込んだワンカップは、ほとんどは
かどらなかった。

12月某日
宮城県多賀城市のTMOの皆さんと経済産業省を訪問。
活性化法はどのように変わるのか課長補佐さんにレクチャーしていただく。
ひとことで言うと、国は、効果のあるまちに横断的、集中的に支援するという事のようだ。
熱心な多賀城TMOの皆さんは、「すぐに準備に取り掛かろう、今すぐやろう。」と意気盛ん。
終了後、一緒に仙台へ向かい、TOMネット東北会忘年会に参加。
多賀城TMOの他に、これも熱心な白石TMOのリーダーと美人スタッフ(いつもこう書けと強要されて
います。)も参加し大宴会。

12月某日
小樽駅前再開発準備会の三役会で、事業計画策定の確認がなされた。
今年は、国土交通省の補佐さんに何度もアドバイスをいただき、市の部長さんを始めとして担当の
方々の強い熱意と地権者の皆さんの迅速な合意形成で年末のこの時期に、事業の本番がスタート
した。
まだまだ乗り越える課題は多数あるが、必ずこの日本で最初の再再開発が成就する事でしょう。

TOMネット設立から7年目の今年、私たちがお手伝いさせて頂いたたくさんの町が、中心市街地活
性化事業の本番に向けて準備を終えた。
来年は、まちづくり三法の改正も睨みながら、事業の実施に取り掛かることでしょう。
ある町の商工会長さんに「4年前、林代表が始めてこの町に来て話を聞いたときは、そんな事が
できるわけがないと思った。しかし、今それが現実になった。」としみじみと言っていただいた。
熱いものが込み上げた。
日本の人口が減少に転じ、高齢化もますます進む。
小泉総理がソウルの清渓川の再生事例のように、「日本橋の高速道路を取り除いて、空を取り戻す
ことを真剣に議論しよう」と言い出した。
「効率」や「グローバル」を中心に据えた社会から「環境」や「人間らしさ」を中心に据えた社会への
流れも確実なものになりそうだ。
中心市街地の消滅か再生か、残された時間は多くない。
TOMネットは、来年も全国会員300余名がネットワークを構築し、総力を挙げてまちづくりを支援して
行きます。
・・・と何かのコマーシャルのようになってしまいましたが、「旨いものと旨い酒」があるところどこへで
も手弁当で駆けつけますので気軽に声を掛けてください。
よいお年をお迎えください。
次回へつづく・・・


トップ