林代表理事のまちづくり旅日記

part 57

ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も例年のように、北海道会、東京会の会員有志による新年会からスタートです。
また一年間飲み続けるのでしょうね。

1月某日
雪深い横手へ向かう。
長時間座っているのが苦痛なので、「こまち」ではなく飛行機で秋田へ行き、そこから四輪駆動
のレンタカーで横手入りするが、冬の秋田空港は風が強く視界も悪いので、高所恐怖症の私は、
毎回寿命を縮めている。
このペースでは、あと5年ほどで寿命が尽きてしまいそうなので、高所恐怖症を克服するか
(誰か方法を教えて下さい)、腰痛持ちになる事を覚悟して新幹線にするかそろそろ決断しなけ
ればならない。
地権者会議も前向きな発言が多く、終了後の新年会も盛り上がったが、
翌日は早朝からハードスケジュール。
横手を7時に出発して10時に多賀城到着。
現地視察とTMOの皆さんと意見交換してからただちに在来線と新幹線を乗り換えて古川へ。
古川の会議を終了して新幹線で燗機能付きのふぐひれ酒を数本飲みながら恵比寿に着くと
もう深夜だった。
朝までやっているいつもの居酒屋へ行くのも面倒で、コンビニでつまみとビールを買って
マンションへ。
オジサンの正月ひとり酒はしみじみ侘しい。

1月某日
日本ショッピングセンター協会主催の「ビジネスフェア」で毎年同時開催しているTOMネット
による「まちづくりシンポジウム」。
今年のお題は「再び、ショッピングセンターと商店街の共存!」。
都市計画法の改正で、1万u以上のショッピングセンターが郊外に出店できなくなる事は必至。
一方、中心市街地活性化法の手厚い支援があっても、衰退に歯止めをかけられない
中心商店街。
昔、「駅前再開発シリーズ」と称して量販店と地元の商店による多層階の共同店舗が
全国に乱立したが、その大半が現在では、消滅もしくは大型空き店舗として商店街の空洞化
の原因となっている。
今度のTOMネットの提案は、再び、大手デベロッパーと商店街が手を握り市民に支持される
商業集積を中心市街地に作り上げようというもの。
中心市街地の一角に、地元地権者が主体となって再開発事業による数ヘクタール規模の
「環境創造型商店街」を整備する。
後継者のいない商店主や指定容積を使い切れない居住者は、再開発事業によって取得した
商業床の活用をデベロッパーにゆだね賃貸収入を得て老後の生活費とする。
やる気のある商店は、専門店化してデベロッパーのマネージメントのもとで生き残りをかける。
どうしてもコスト高になる再開発費用については、改正中心市街地活性化法
(まだ概要ははっきりしませんが)の支援により事業採算を合わせる。
中高層の住宅棟と水と緑に囲まれた低層の街並み景観を持つオープンモール型の商業集積。
個性のある新しい街の顔が作られ、休日には、用事がなくても家族連れが散歩にくる。
今年は、これらの仕組みと「絵」を全国の市町村に提案する年となります。
ご期待下さい。

1月某日
青空の広がる土曜日の午後は、TOMネット初の古典的イベント、
「第一回輝け代表理事杯争奪大麻雀大会」。
昨年暮れの旅日記に書かせていただいたように、時代は「効率、グローバル、ハイテク、
弱肉強食etc」から「環境、ふれあい、潤い、コミュニティetc」と大きく動こうとしている。
家に閉じこもってパソコン相手にゲームをして、隣近所とのつきあいもしないという風潮に
敢然と立ち向かい、古き良きコミュニティを取り戻すために「昔とった杵柄オジサン」は、
渋谷の裏通りで野良猫がゴミ箱を漁っている古いビルの階段を三階まで上り、
文字通り「雀荘」(すずめそうと読みます)に集合した。
東京会の全会員に呼びかけたのにもかかわらず、趣旨に賛同して集まったのは、
わずかに8名。
しかし、その中に不死身の幹事長、イクゾー専務、ド派手なイベントプロデューサーらの
主力メンバー(遊びごとのです)がきっちりと含まれている。
札幌から単身赴任している「麻雀命の建築家」と上海の名家のお嬢さんをたぶらかして
奥さんにしたイベントプロデューサーを除いて、他のメンバーは数年ぶりの麻雀らしく
懐かしそうに雀荘の中を見回している。
私も世界のカジノを又にかけてブラックジャックやルーレットで稼ぎまくっているが(大ウソです)、
麻雀は5年ぶり位で、緊張のあまり手が震える。
緊張をほぐすために、まだ正午だというのにメンバーは次々とビールを注文している。
私も負けじとビール3本。
勝負の結果、半チャン5回目のオーラスに見事満貫をあがり、すでにゲームを終了して
観戦していた私と「通信関連部長」(この時点で同点一位だった)を1000点差で大逆転して、
ド派手なイベントプロデューサーが初代チャンピオンに輝いた。
終了後、雀荘の隣の汚い居酒屋で表彰式&反省会。
異口同音に「面白かったあ!!」。
時代遅れのゲームと言われ、我々もほとんどしようとは思わなくなっていた麻雀。
TOMネットの若いスタッフも「パソコンでは良くやるんですよねえ」と言いつつ、
この大会には参加しようとしなかったが、こんなに濃く人と向き合う事の楽しさを教えてあげたい。
地域コミュニティの再生のために、「環境創造型商店街」の一角に水と緑に囲まれた
地域の老若男女が集うオシャレな雀荘ができればいいですね。
今後は、年に四回の定例会とし、同好のメンバーの増強に努めることを固く誓いあったが、
全国6地区のTOMネット支部が定例会を始めたら、毎月二回だあ・・・・
回へつづく・・・


トップ