林代表理事のまちづくり旅日記

part58

凄まじい2月が終わった。
何が凄まじいかというと、移動距離の長さが記録的。
横手→秋田→仙台→那須塩原→東京→札幌→小樽→東京→筑紫野→福岡→名古屋→東京
→札幌→東京→仙台→東京→札幌→小樽→風連→旭川→東京→筑紫野→桶川→尼崎→
鹿児島→小樽。
これらの町をただ通過したわけではありません。
ちゃんとNPO活動をしながらの大移動。
毎日飛行機で、高所恐怖症などと言ってられません。
という事で久々の旅日記となります。


2月某日
福岡県筑紫野市の二日市商店街活性化勉強会。
東京からギリー理事とイクゾー専務と私、TOMネット九州会から童顔の建築家を始めとして
多数集合。
商店街の方たちが集まりやすい時間という事で午後7時開演だが、
参加者は少なくトムラーの方が多いくらいだ。
それでもいつも全力投球で、飲まず喰わずで博多に戻ったのは10時過ぎ。
九州会の幹事さんには申し訳ないが、博多での打ち上げ宴会はどうも相性が悪い。
私の苦手な店。

立食会場・・・・・立って飲み食いするなんてまったく落ち着かない。
          (立ち飲み居酒屋は別。最近はまってます。)
コジャレた店・・照明は薄暗く、店名は和風英語(来夢来人みたいなやつ)
         ジャズなんぞが流れている店。
創作料理店・・こねくりまわさずに鮮度の良い素材をそのまま出せよ!
活魚料理店・・活き造りで口をパクパクさせている魚を見ながらその身をつまむ趣味はない。
洋食系・・・・・・和食党です。

それで今夜の店は・・・・コジャレた店だったんですねえ。
これでは満足できず、童顔の建築家にお願いして中州の屋台へ。
めんたま(明太子入り卵焼き)を肴にコップ酒で、ようやく満足した頃には丑三つ時になっていた。

2月某日
TOMネット名古屋会の会員研修会。
ギリー理事が福祉施設を核とした再開発事例を報告。
懇親会は、蟹、地鶏、味噌カツ、エビフリャー、等々、名古屋のあらゆる名物大集合の店。
チェーン店はイヤだとか、うまい手羽先を出せとか口うるさい私に気を使って頂いて、
幹事もたいへんだ。
「うわばみの元さん」と呼ばれる名古屋会会長も本領を発揮しているようだ。
たらふく飲んで、帰りの新幹線ではワンカップ2本しか飲めなかった。

2月某日
久々に北海道風連町へ。
まだ雪は深い。
国土交通省や経済産業省のご担当に伺った「改正まちづくり三法」の情報をお話する。
キーワードは「選択と集中」。
地域の住民と行政が知恵をしぼり、確実に事業が立ち上がり、中心市街地活性化の効果を
しっかりと予測できる地域に集中的に税金を投入する仕組み。
合併を控えた小さな町だが、地元の農協と手を携えて地域コミュニティの再生を目指す
この町の計画は、必ずや「中心市街地活性化本部」の「選択」するまちづくり計画と
なることでしょう。

2月某日
旭川空港から羽田空港を経て福岡空港へ、文字通り日本列島縦断。
今月二度目の筑紫野市訪問。
前回の勉強会では参加者が少なく、まだ機が熟すまでしばらく掛かりそうに思えたが、
熱心なまちづくり協議会の会長さんや商店街の理事長さんたちが声を掛け、
今回は会場一杯の参加者。
商店街の真中にある大型店の撤退跡地を市が取得し、それを活用して新たな
「環境創造型商店街」を形成するには、充分条件が整っている。
事業実現のポイントは、市の協力と関係権利者の合意形成、
そして地区外からの事業協力者(デベロッパー等)の参入。
筑紫野はそのすべてを満たす可能性がある。
3月に商店街メンバーとTOMネットメンバーによる「まちづくりワークショップ」を
開催して気運を盛り上げ、次年度につなげる事を確認して終了。
博多へ戻っての打ち上げ。
今夜の店は・・・・ビルの地下の年季の入ったつくりの店。
雰囲気は良いが、何故か地鶏の専門店のようだ。
私は、福岡の魚が大好きと幹事の耳にタコができるほど言っていたのになぜ鶏なのか。
「代表、そこは抜かりはありません。」と胸をはる幹事。
特別注文したという大皿一杯の地魚の刺身が運ばれてきた。
しかし、その大皿の真中には、生きたまま身を削がれ、
断末魔の状態で口をパクパクさせている大きな鯵が・・・・

2月某日
埼玉県桶川市のTMO構想策定委員会で、改正後の活性化法に基づく新基本計画に
この構想をきっちり活かしていこうと委員の皆さんや市のご担当と意思統一をしてから尼崎へ。
ピエ〜ル会長や不死身の幹事長と市場の皆さんとで勉強会&焼酎つき意見交換会。
翌朝一番の飛行機で鹿児島へ。
読売新聞社さん主宰の商店街活性化シンポジウムで基調講演だが、事前に資料を頂くと、
鹿児島市の「天文館商店街」は全国屈指の元気の良い商店街らしい。
いつも弱っている商店街で話すことが多いのでとまどったが、
近いうちに大型店が郊外に出店するらしい。
体力のあるうちに「環境創造型商店街」を検討することをご提案して終了。
さつま揚げ、きびなご、さつま汁など郷土料理をご馳走になり、
今年最大のマイブームである芋焼酎も堪能。
明日は、早朝から羽田経由で小樽まで。
今月何度目の日本縦断だろうか。


次回へつづく・・・


トップ