林代表理事のまちづくり旅日記

part59


3月某日
鹿児島発小樽経由で埼玉県桶川市へ(打ち間違いではありません。)着いたのは、普通の人なら
夕食を食べ終わっている午後8時。
駅東口周辺の構造を変えて、中山道最初の宿場町として栄えた往年の賑わいを取り戻そうと商店
街の皆さんが集まり勉強会。
前回は、ギリー理事と駅の立ち食いそばで腹ごしらえしてから(悲しい)勉強会に望んだが、
今回は時間がなく、飲まず食わずの二時間一本勝負。
数十年前からまちづくり計画を進めてきたが、合意形成が難しく、一度は諦めた駅周辺整備を、
今度こそできるかもしれないと小さな希望を持ちはじめた方々が、少しづつ増えていく。
帰りに頂いた寿司折りを肴にM研究員と湘南新宿ラインのグリーン車で小宴会。
恵比寿到着は、深夜の12時近くなっていたが、寝て起きると再び桶川行きの湘南新宿ライン。
桶川市民によるまちづくりワークショップだ。
もうほとんど、私の趣味は「桶川」。
休日だというのに、TOMネット東京会の専門者会員が多数参加して議論が盛り上がる。
私は、市役所の皆さんと「改正まちづくり三法」について番外ワークショップ。
こんなに熱心な行政の皆さんや商工会の皆さんが揃っているところは、必ず、
短期間に事業実現できるはず。
帰りに、ギリー理事、不死身の幹事長と「汚く正しい」池袋の居酒屋で焼き鳥。
勢いがついて、中目黒の店を数件はしごしたような・・・・

3月某日
秋田県横手市へ東京と仙台からオジサン5人が集合。
再開発準備組合の皆さんと二泊三日にわたる個人面談。
再開発事業に参加して、どのように生活再建、営業再建するか大事なお話し合い。
二日目には、商店街活性化勉強会を開催、講師に大阪からピエ〜ル会長(こう見えても、
商学部助教授)を招いている。
これで、TOMネット東京会、東北会、大阪会による初のコラボレーションが完成。
しかし、ピエ〜ル会長ほど、横手に似合わない人はいない。
雪国、色白、秋田美人というようなところに、ヒゲモジャ、坊主頭、濃い顔、コテコテの関西弁は、
完全に浮いている。
昼食のために入ったレストランで「ネーチャン、ネーチャン」と声をかけるピエ〜ル会長に、
秋田美人の従業員の顔は引きつっていた。
夜の宴会は、不死身の幹事長も加わって、地酒の試飲会。
秋田と新潟は、日本酒消費量日本一を争っているが、我々が加担をしているので、
きっと秋田が勝つでしょう。

3月某日
TOMネット東北会の定例ゼミナールは、「ほろ酔いワークショップ」。
今回の活性化法改正案で、医療福祉施設等と共に、地域コミュニティを再生する都市施設を
中心市街地に集中することが謳われているが、TOMネットでは、数年前から「パブリックハウス」
という民間主導のコミュニティセンターを提案している。
今回は、改めて、中心市街地に老若男女が集うコミュニティを再生するには、どんなハード、
ソフトが必要かというテーマで、ビールを片手に議論。
その後、二次会、三次会と「ほろ酔いワークショップ」から「泥酔いワークショップ」へ。

3月某日
福岡県筑紫野市二日町商店街ワークショッップ。
TOMネット九州会のメンバー多数にギリー理事と私が加わって、地元商店街の皆さんや
市役所の皆さんとお話し合い。
ピンポイント整備ではなく、面的整備と景観整備が重要。
改正活性化法の情報収集をしながら、新年度の準備に向かう。
お約束の博多打ち上げ宴会は、「私の選ぶ正しい居酒屋」全国ベスト3にはいる「しげ忠」。
今夜もスタート時間は10時過ぎで、営業時間は越えてしまうが、口うるさい私のために、
「博多のハマちゃん」と称する九州会前幹事長が特別に店に頼み込んで、
深夜まで開けてもらったらしい。
絶品の刺身と芋焼酎をいただきながら、今年度のトムラーMVPは、
「博多のハマちゃん」に決めようと思った。
しかし、そんな制度はなかったよなあ。
翌日、ギリー理事と二人、福岡空港発仙台空港経由で宮城県古川市へ。
市街地再開発事業で、複合交流拠点を整備する事業を推進しているが、6月のグランドオープン
に先立って、まちづくり会社によるシネマコンプレックス(6スクリーン、1000席)ができあがり、
その内覧会。
市長さんにご挨拶し、フィルムを配給してくれる東急シネマの社長さんや、まちづくり会社の
社長さん方の挨拶を伺いながら、ギリー理事としみじみ・・・と思う間もなく、東京の会議のために、
新幹線に飛び乗る。
その間、古川滞在40分。
グランドオープンの時に、夜を徹してしみじみしよう。


つづく・・・


トップ