11月某日
「温泉観光地フォーラムin登別」を開催。中心市街地のフォーラムばかりではなく、たまには
温泉地のフォーラムもやってみたいという会員(私も含む)の要望があり、北海道の登別温泉
で開催することになった。いつもお世話になっている経済産業省と道庁に加えて
環境省にも後援をいただいて今後の温泉観光地のあり方についてパネルディスカッション。
団体、囲い込み型観光から、個客、街使い型観光への転換が必要との結論。
終了後は、参加市町村の方たちと正しい温泉観光の実践という名目で大宴会。
二次会は、まちへ繰り出してカラオケ。あまり変わっていないか?
11月某日
秋田県鹿角市の新町商店街が中心となって、再開発事業の推進組織、街づくり協議会を設立。
昨年の基本計画の実現に向けてすばやい対応に感服。
祝賀会では、市長さんと中国産のワインを飲みながら、まちづくりの話をたっぷり
聞かせていただいた。二次会は、コートも着ないで、雪の中を地元の居酒屋「大統領」へ。
鹿角名物の「しぼり大根」(超辛のおろし用大根)で何故か泡盛をたっぷり。
翌日、レンタカーと新幹線と在来線を乗り継いで、栃木県西那須野町へ。
役場の職員の方々と自力更新低容積型再開発事業の勉強会をした後、
二回目の町民まちづくりワークショップを開催。
駅周辺の顔作りと新しい商業核の必要性を感じた。
11月某日
「温泉観光地フォーラム」の全国版を東京で開催。
今回は、後援を頂いただけではなく、国土交通省、中小企業庁、
環境省の皆さんから「講演」をしてもらった。北海道の層雲峡温泉の
活性化事例については反響が大きく、各地の市町村から地域相談会の
招聘の話が相継いだ。今後、専門者会員の日程を調整をしながら、
対応をしていかなければならないが、温泉つきの相談会なので手を
挙げてくれる会員も多いでしょう。終了後はお約束の打ち上げを会場の
文京区シビックセンターの最上階のレストランで開催。夜景をみながら
ワイン飲み放題でリーズナブルな値段。TOMネット会員を相手にしては赤字だったでしょう。
11月某日
栃木県大田原市の中心市街地活性化基本計画策定委員会に出席。
昨年一年間、TOMネット東京会がご支援して、まちづくりワークショップや
活性化事業の勉強会を重ねてきているので、セレモニーではない実践型の委員会になることを願う。
11月某日
茨城県龍ヶ崎市での自力更新再開発勉強会。
翌日、西那須野町のTMO構想策定状況の町長への報告会と地権者勉強会。
そして、11月中でもあるのにTOMネット東京会の「TMO支援ゼミ」と忘年会。
会員の「日本海庄や」さんでまたまた飲み放題3時間半。
どんどん世間を狭くしていってるように感じるのは気のせいだろうか。
12月某日
佐渡の両津市へ。
助役さんや市の担当の方々に佐渡の海の幸の炉端焼きをお腹一杯
ごちそうになりながら市町村合併をテーマにお話し合い。
政治的な事には軽々しく意見を言えないが、「佐渡」の活性化には、
観光客にわかりやすい「島全部がひとつのまち」が望ましいような気がする。
翌日、中心市街地活性化基本計画の中間報告会を開催。
重点整備地区や、活性化手法、活性化のストーリー等について
TOMネットの専門者会員達が次々と説明。年度末のまとめに向けて、
事業地区も見えてきて極めて順調に進んでいる。
12月某日
再開発コーディネーター協会の視察会に参加し、
岩手県北上市の活性化事業を推進している3セクTMOの社長さんの
話をじっくり伺ってから仙台にもどりTOMネット東北会の忘年会に参加。
新しい会員も増え、過去最多の参加者。各地の会員との交流が一番うれしい。
12月某日
大雪の青森県五所川原市へ。中心市街地の重点整備地区(4.5ha)の
整備手法勉強会。市の担当の課長さん達もまちづくり協議会の役員さんも熱心で、
はじめて3時間勉強会をやってしまった。(いつもは2時間以内が限界)
区画整理か再開発か、リノベーション補助金の導入による活性化施設は何か等々、
来年一年が正念場になりそう。秋田県、青森県で支援させていただいている他の
市とスケジュールを合わせて、できるだけのお手伝いをしたいと同行会員と
話をしながら翌日青森空港へ。
吹雪で前が見えず、飛行機も除雪で一時間以上遅れることになり、ややめげそう。



次回へつづく・・・