林代表理事のまちづくり旅日記

part60


ずぼらな不死身の幹事長が突然改心し、旅日記を精力的に書き始めたおかげで、
しばらくさぼっていられました。

4月某日
埼玉県桶川市の都市計画課のご担当から、市長さんにまちづくり計画について説明してほしいと連絡が入り、ギリー理事、M研究員らと市役所へ駆けつける。
昨年度、商工会の依頼で「TMO構想」策定のお手伝いをしたが、その時のワークショップで市民から出された意見や商店街の皆さんのまちづくりにかける意気込みをお話し、中心市街地活性化の手法等について思いつくままにご説明した。
市長さんは、即座に市の財源も含めたまちづくりの方針を検討するように各担当職員の方々に指示されていた。
たくさんの市町村のまちづくりをお手伝いしてきたが、トップの顔の見えない地区の事業はなかなか進まない。
逆に、首長が先頭に立って事業を進める地域は確実に事業が実現する。(古川市、横手市、名寄市etc、過去の旅日記を参照してください。)
新法に基づいた桶川市の活性化事業は、必ず成功するだろうなあと思いながら、私の事務所の新人歓迎会が行われる中目黒の焼き鳥屋へ向かった。

4月某日
栃木県那須塩原市西那須野地区の定例会議。
今日は、会議終了後花見を行う予定。
ずいぶん何度も来ているが、駅周辺以外へ行くのは初めて。
もう長いおつきあいになった商工会の事務局長さんの車で桜が満開の牧場へ案内していただく。
東京では青山墓地など、桜の密集したところでの花見が普通だが、広大な牧場を取り囲むように咲き乱れる桜の美しさはたぶん今までで一番の景色。


        (西那須野:千本松牧場)

感動の桜の後は屋内で日本酒。
不死身の幹事長やイクゾー専務、麻雀命の建築家が東京から持参した酒を皆で飲み比べる。
東京、栃木の桜に引き続き、まだ秋田、北海道の桜と酒が待っている。

4月某日
福岡県筑紫野市二日市商店街活性化計画報告会。
新年度には、活性化事業の具体化を目指そうと市役所のご担当の皆さんに申し入れて終了。
恒例の意見交換会は、今年三度目。
前回、居酒屋「しげ忠」を絶賛しておいたので、今回も期待大。
「博多のハマちゃん」と呼ばれる幹事の顔が見えず嫌な予感がしていたが、「任しておいてください。」と強気の九州会新幹事長の言葉を信じて店へ入ると、「こじゃれた」内装、ジャズが静かに流れている。
ここで席を蹴って帰るべきだったが、新任の幹事長の顔に泥を塗ってはいけないとじっと我慢。
出てくる料理は、どこそこの豆腐をざるに入れてひっくり返したものとか、何とかの山菜を湯通ししてこねくり回したとかいうものばかり。
「動物性たんぱく質」が食べたいと喚いてみると、急遽作ってきたのが玉子焼き。
早々に店を出て周りを見回すと、構えの良い焼き鳥屋があったので全員でそこへ移動。
初めての店だが、焼き鳥だけではなく刺身も充実。
最初からここにすればよかった。
・・・・と本日も我侭言い放題の代表理事でした。
もう九州では遊んでくれる会員がいなくなるかもしれないなあ。

4月某日
TOMネット東北会が、昨年に引き続いて白石市でシンポジウムを開くというので、その事前打合せのために仙台へ。
まちの景観を整備して、改正される活性化法を活用して交流人口を増やすまちづくりを提案するという。
夜の6時過ぎから、会員企業の会議室を借りての打合せらしいが、私は8時半の新幹線で東京へ戻らなければならない。
「打合せは、ビールを飲みながらやろう!」と強引に提案し、すぐさま女座長が会場の居酒屋探しに走る。
しかし、その日は給料日後の金曜日で、十数名がいきなり入れる居酒屋はなく、やむを得ず苦手なイタリアンチェーン店。
得体の知れない何とかのカルパッチョだの兎が好みそうな葉っぱのサラダだの、ほとんど手が出ずワインをがぶ飲み。
突然ど派手なイベントプロデューサーが東京から乱入してきたところで、私は帰る時間。
新幹線内で、鯖寿司をワンカップで流し込みながら侘しく東京へ。

5月某日
TOMネット北海道会ゴルフコンペ。
身を切るような寒風。
それでも、北海道のゴルファーは、ほぼ半年冬篭りをしていたので、満を持してのプレイ。
次期北海道会の会長をお願いしている「北海の暴れん坊教授」も元気に皆からチョコレートを掻き集めている。
昨年も東北会と東京会の交流ゴルフコンペを開催しているが、今年は全国交流コンペができればいいなあと遊ぶ事ばかり考えている。

5月某日
横手再開発準備組合の役員会に参加。
ここのところ、小さな飛行機に乗るのが精神的ストレスの原因になっている事に気づき、往復7時間の新幹線。
行きは、新聞を丹念に読み週刊誌も熟読(芸能評論家になれそうです)するころ到着なので、問題ないが、帰りは当然、日が暮れて晩酌時の乗車。
軽くビールなんぞを飲み、飛行機のビジネスクラス並みにフルフラット近くまで倒れるシートに身をまかせて目が覚めると東京・・・と目論むが、イクゾー専務やギリー理事(最近、まちづくりの裏方の仕事の面白さに目覚めて「ダーティギリーと呼んでくれ」と言っている)が隣の席にいると、当然エンドレス車中宴会になるし、ひとりだけの時でも文庫本を読みながらのワンカップが延々と続いてしまい、精神的ストレスは無くなったが、肝臓的ストレスが心配になってくる。(先日の健康診断で肝機能は正常だった。鉄の肝臓だあ。)
いよいよ今月の後半は、TOMネットの定期総会シリーズで、全国を巡る。
今年度は、改正まちづくり三法を活用して地域の個性を活かした「コミュニティの再生」をテーマとしたフォーラムや地域相談会を例年以上に計画している。
すでに各地の市町村や商工会さんから声が掛かっており、全国のトムラー共々社会貢献と飲食店貢献を行っていきます。
うまい魚の捕れる地区の皆さんは是非声を掛けてください。

回へつづく・・・


トップ