part61


5月某日
TOMネット総会シリーズの皮切りは、大阪。
いつもの居酒屋会議と異なり、総会は立派なホテル。
総会後、会員による「ほろ酔いワークショップ」で勢いをつけてから立食交流会。
坐骨神経痛だというピエ〜ル会長は、早々と会場の隅に並べている椅子に座り込む。
1時間半にわたる全会員のスピーチ中は、やはり飲むだけで何も食べられないと
ぼやいていると「まかしておいてくれなはれ。」と「浪花のツルベ」が胸をたたく。
ピエ〜ル会長、イクゾー専務を先頭に、今日の総会を準備してくれた幹事会のメンバーが
ぞろぞろとツルベの後をついていくと、「ものは売るけど占い商店街」といういかにも
大阪らしい名前の古びた商店街が見えてきた。
その中でも歴史を感じさせる年季の入った「大黒」という居酒屋。
メニューの魚料理を次々と注文して芋焼酎をぐびぐび。
福岡の「しげ忠」といい勝負の店。
締めくくりは、大阪らしくイクゾー専務とふたりでお好み焼き&ビール。
翌朝、初めての神戸空港から札幌へ。
北海道会の総会もホテルが会場。
やはり立食交流会から二次会は居酒屋で延々と。

5月某日
ダーティギリー理事が仕切る名古屋会の総会は、いきなり居酒屋の座敷。
テーブルの上にコップや皿が並んでいる中での、議事進行は、少し悲しい。
まだ設立して間もない名古屋会なので、幹事さんも戸惑っているようだ。
不死身の幹事長やド派手なイベントプロデューサーも応援参加している。
終了後は、できあがってしまったイベントプロデューサーを「うわばみの元さん」会長に
任せて、イクゾー専務らと新幹線内でのワンカップ二次会。
恵比寿で一眠りして翌日は、東北会総会。
ここも会場は立派なシティホテル。
中華レストランで正しく着席交流会。
さらに、会員が、ワインや銘酒を持ち込んで盛り上がる。
東京チームの二次会は、恒例の駅構内立ち食い寿司。
さらに二日連続の新幹線宴会で東京へ。

5月某日
いよいよ、総会シリーズも大詰めの東京会。
なぜか、九州会から新任会長(通称はまだ無い)、童顔の建築家、アイドル事務局、そして、
こじゃれた店をこよなく愛している新任幹事長が参加している。
東京会の総会会場は、毎年原宿のオシャレ(こじゃれたではありません)なイタリアンレストランに
決まっている。
九州のアイドル事務局と幹事長が口をとがらせて抗議してくる。
「代表、いつもこじゃれた店は嫌だとか、ジャズの流れている店はとんでもなかとか、
刺身を喰わしゃんさいと喚いていますが、この店は、ジャズが流れているばってん、
だいたい代表が好きな刺身がなかとじゃないですか。」
(博多弁練習中につき、間違っているところはご容赦を)
あのねえ、私が言っているのは、福岡へ行ったら鮮度のいい魚を食べたいし、
名古屋へ行ったら、エビフリャーと手羽先を食べたいの。
東京では、ワインとイタリアンということもあるんですよ、と苦しい答弁。
二次会は、恵比寿駅前のカラオケスナックへ大集合。
二曲ほど歌ったところで記憶はとぎれた。

5月某日
埼玉県の商工会の経営指導員さんたちが集まる研修会に招かれ、「改正まちづくり三法」
について何か語れと言われ、国土交通省や経済産業省のご担当から伺った話を整理して
お話したが、奇しくも本日、改正中心市街地活性化法が国会を通過したのだ。
詳しくは、8月頃に中心市街地活性化本部から発表される基本方針を見なければわからないが、
とにかく「選択と集中」がキーワードで、「活性化の実現」が担保されるような基本計画をつくった
ところを、国が徹底的に支援してくれるらしい。
ということは、どうやっても見通しが立たないような町は・・・・。
すでに水面下で、「選択」されるための方策を考え始めている市町村もたくさんあるようだ。
TOMネットもますます研鑽して、地域コミュニティの再生提案をしていかなければと
気持ちを引き締めて広尾の焼き鳥やへ向かった。

次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ