part62


しばらく間があいてしまいましたが、長年支援させていただいたまちが、
一斉に事業化にさしかかり、連日全国縦断を繰り返しており、失礼しました。

6月某日
突然ですがソウルへ行ってまいりました。
一昨年韓国の再開発関連団体との意見交換会でソウルに行ったときに、
街の中の川を大々的に掘り返している工事現場に案内された。
説明によると昔、川に蓋をかぶせて高速道路にしたところを現在の市長さんがもう一度
川に戻すことを公約に掲げて当選したとの事。
すごい事をやるものだと感心していると最近、テレビや新聞で「清渓川」の復活として
盛んに報じられているのを見て、すぐに見に行くことにした。
何と勉強熱心な・・・と感心されていると思いますが、実はもうひとつの目的があります。
今までソウルにはウォーカーヒルホテルにただひとつのカジノしかありませんでしたが、
今年同時に二箇所の新しいカジノがオープン。
世界のカジノ前人未踏の12連勝(小銭ですが)を続けているギャンブラーの血が騒ぎ、
ただちにそのカジノのあるミレニアムソウルヒルトンホテルを予約。
同行者はTOMネット東北会から「仙台のへんなオジサン」と呼ばれている
大手ゼネコンの部長さん、大阪会からニヒルなギャンブラー風の会員、
東京会からは「YOPPY」と称する駐車場のコンサルタントのオネーサン、
霊能力を持ちルーレットの出目をぴたりと当てる女座長。
添乗員は、今までこの旅日記にもたびたび登場し、さまざまなドジを披露しているM研究員。
初日早朝、羽田空港に集合した東京チーム四名は、出国手続き終了後、
待合室の片隅にあるラウンジで実りある視察会を祈ってビールで乾杯。
時計を見るとまだ午前7時。
8時過ぎに飛び立ち、飛行時間わずかに2時間だが、
それでもすぐに機内食が出てくるのは何故でしょう。
条件反射のようにワインを発注、早起きのせいでウトウトするともうソウル。
金浦空港からホテルまで、女性チームは、パック手配なので旅行会社がお出迎えだが、
私とM研究員は個人手配なので地下鉄で都心へ向かう。
ほとんどハングル表示で、小さく英語表示があるが乗り換え二箇所目で案の定迷子。
そこからタクシーに乗り換えてようやくヒルトン到着。
荷物を置いてすぐに向かったのは、昼食宴会のためのサンゲタン専門店。
体によさそうな朝鮮人参ともち米をつめこんだ鶏一羽を体に悪そうな韓国焼酎とともに平らげる。
南大門市場で客引きと力比べをして、腹ごなしをしてから、ホテルで昼寝。
M研究員は、客室に置いてある300円のハブラシを見て、わざわざ徒歩10分かけて
スーパーまで買い物に行く。
YOPPYは、健全にホテル内のウエルネス施設で水泳のようだ。
夕方6時。
ホテルの地下のバーに全員集合。
ニヒルなギャンブラーは、早くもカジノで運試しをしてきたようだ。
最後に「へんなオジサン」も到着して、結団式・・・といっても乾杯するだけ。
その夜の宴会場は、女座長がお薦めの焼き肉屋。
女座長らが空港から送ってもらったガイドさんは、
「その店では、食べ放題コースを頼んではいけませんよ。単品で頼むほうが割安ですよ。」
とアドバイスがあったそうだが、
店のオトーサンは、「食べ放題コースが絶対にお得ね。間違いないね。」と主張。
気弱な日本人たちは、「これほど言うんだから、コースにしようか。」と妥協。
結果、食べ放題どころか、最初に出てきた肉だけでももてあます始末。
ガイドさんが正しかった・・・・。
ホテルへ戻って待望のカジノ。
ラスベガスに負けない豪華さという宣伝文句と裏腹に、
殺風景な宴会場にマシーンとテーブルを並べたような感じでイヤな予感。
正しいカジノは、ディーラーがさまざまなパフォーマンスとともに、客を遊ばせてくれる。
一昨年、ウォーカーヒルホテルで遊んだ時も、
ラスベガス並みの巧みなディーラーがずいぶん楽しませてくれた。(勝たせてもくれた)
ところが、ここのカジノは、まだ見習い中のようなディーラーが、
ただひたすらゲーム進行しているようで殺伐としている。(ホテル関係者の方、スイマセン)
今までは、女座長にラッキーナンバーを伝授してもらい12連勝してきたが、
今回はその本人が一緒なのでラッキーナンバーを教えてくれない。
うん時間でうん万円お支払いし、連勝記録も途絶え、失意の内に就寝。
女座長は、さすがにチップを積み上げて鼻息荒く勝負していた。
というような、有意義な視察会初日は終了した。

「どこが有意義な視察会だ!ただの飲んだくれ日記じゃないか」とお怒りの皆さん、
翌日が、本当の有意義、堅実、真面目を絵に描いたような大視察会です。

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ