part63


6月某日
ソウル清渓川視察会の二日目。
朝から美貌に磨きをかけると女性チームは、韓国エステに向かい、
それでは、我々もとM研究員とエステへ・・・行くわけありません。
団体行動の苦手な私は、ひとりで街中を散策。
にわか雨に降られて、ロッテ百貨店で雨宿り。
これから清渓川を歩くので、傘を買おうと見回すが、
見当たらないので店員さんに英語で聞いてみる。
まったく通じず身振り手振りで何とか意思疎通。
傘売り場では色とりどりの折り畳み傘。
紳士物の区別がつかないので、若い女性店員さんに、
「フォー メン? ジェントルマン? オトコ? アボジ?」と
思いつく限りの単語を並べてようやく男物の傘を出してもらう。
値段を聞くと「アー ディスカウント ニジュウゴパーセント」と和洋合わせて必死に伝えてくれる。
庶民レベルの日韓友好を終了して、全メンバー昼食宴会の待ち合わせ場所に急ぐ。
昨日は、サンゲタンに焼肉、そして大量のビールと焼酎で、
胃腸が弱っているので、今日のランチは、お粥とビールにしようと、
前もってM研究員が調べておいた店に向かうと、すでに超満員。
しょうがないので、隣のビアホールで、生ハムをつまみに大ジョッキ。
もうそろそろ席が空くかと再びお粥屋へ向かう。
まだ、席は空いていないが、店のお母さんは気の毒と思ったか、
お粥を食べているお客さんを右に左に詰めさせて我々の席を作ってくれた。
熱々のアワビ粥で体調を整えたところで、清渓川へ。
案内は、市役所の紹介してくれたボランティアのお姉さん。
我々もNPOだが、このお姉さんは本当に手弁当で熱心に案内してくれる。
ところで私は、ソウルへ出発する直前に小樽の重要会議の予定が入ってしまい、
二泊三日の視察を一泊で引き上げる事になってしまった。
清渓川を一時間歩いたところで、後ろ髪を引かれながら皆に手を振りひとり空港へ。
本体は、これから宮廷料理を食べに行き、深夜まで飲み明かすはず。
昨夜敗れたカジノの雪辱の機会もなくなった。
くやしいくやしい視察会でした。
そんな訳で、真面目な視察報告は、十分楽しんできた女座長が、
このHPでしておりますのでそちらを見てください。

7月某日
昨年に引き続き宮城県白石市で「まちづくりシンポジウム」を開催。
TOMネット東北会のメンバーが、
何ヶ月も前から準備した白石市の中心市街地の活性化策を発表。
市の助役さんを始めとして、昨年にも増してお集まり頂いた市民の皆さん、
他の市町村の行政担当の皆さんが熱心に聴いてくれる。
終了後の打ち上げは、これも昨年と同じ鄙びた温泉。
翌日は、親睦ゴルフ。
半日NPO活動をすると、一日半親睦活動をするのがTOMネット流。
ソウルの恨みを十分にはらした東北シリーズでした。

7月某日
なかなか進まない再開発事業を支援するために、
沖縄県那覇市にTOMネット東京会、名古屋会、大阪会の有志が大集合。
昨年の沖縄市再開発視察会の時に買ったらしい「かりゆし」を着込んで
ほとんど地元民のような顔をしている不死身の幹事長を先頭に、
女座長、YOPPYというソウルエステチーム。
さらに、駐車場業界の「長嶋監督」と呼ばれている某コンサルタント会社の専務さん、
そして「TOMネット内のCIA」と恐れられているTOMネット名古屋会の幹事さん
という濃いメンバー。
初日は、休日だったので現地視察だけにして、
国際通り沿いのレストラン(居酒屋?)でソウルエステチームと両手に花ランチ泡盛宴会。
豆腐よう、海ぶどう、沖縄もずく等々、ヘルシーで泡盛が進むつまみを並べて
いつまでも飲み続ける。
エステチームは、コラーゲンがどうしたこうしたと言いながら豚の足をなめている。
私は、豚の足も耳も顔も苦手なので、沖縄県の県魚(名前は忘れました)のから揚げ。
一応真昼間なので、二時間程度で切り上げて外へ出ると、やっぱり沖縄、
太陽が厳しいがでも気持ちいい。
ホテルのプールサイドでビールを飲みながら日が暮れるのを待つ。
夜は、タクシーの運転手さんに教えてもらった郷土料理の店で、
昼に食べたものとほぼ同じものをオーダー。
いつものように、居酒屋を3軒ほどはしごして、本日の業務終了。
翌日は、ランチタイムに牧志市場で珍しい「セミエビ」を買い、
二階の食堂で刺身にしてもらう。
話には聞いていたがとても良いシステムで、
今度は夜にゆっくり来ようとメンバーで話し合うが、
残念ながら夜はそんなに遅くまでやっていないようだ。
夕方から地権者の代表の皆さんと意見交換し、
事業の推進に向けた支援活動を3ヶ月程度行うことで合意。
打ち上げは、ナガシマ専務に案内してもらって、高級そうな料理屋へ。
二次会のジャズバー泡盛宴会も終了してホテルへ戻るともう日付の変わる頃なのに
「誰かもう一軒だけつきあってよー」と叫ぶ不死身の幹事長を無視して全員就寝。
最終日、10月に開催する「中心市街地活性化フォーラム」に後援と講演をお願いしに県庁へ。
鉄道の無い沖縄県に今までいわゆる「駅前」はなかったが、
那覇にモノレールが開通し、たくさんの駅前ができた。
何もない「駅前」をまちづくりの拠点にしていこうというとても面白い話を
フォーラムで話していただけるようだ。
不死身の幹事長は、昨日と違う「かりゆし」を着ている。
また新しいのを買ったのかと聞くと、以前ハワイで買ったアロハシャツらしい。
沖縄の「かりゆし率」は9割を超えているように見える。
ここだけの話ですが、この日、東京へ戻った不死身の幹事長は、
そのまま朝まで飲み明かして翌日出勤したそうだ。
その時の格好は、無精髭、ビーチサンダルにアロハシャツだったらしい。
幹事長の事務所スタッフがそっと教えてくれました。

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ