part64


8月某日
埼玉県桶川市へ早朝の電車で向かう。
ここの「まちづくり勉強会」は、いつも夜の8時からで、
仕事上がりのビールを無常の喜びとしている私としては、たいへんつらい。
ビールの前に食事をしてはいけないと、固く爺やにしつけられて育ったので
勉強会終了まで飲まず喰わずで、10時過ぎの湘南新宿ラインに乗り込み、
ようやく車内販売のビールにたどりつく。
恵比寿に到着するともう11時過ぎ。
それから朝までやっている行きつけの居酒屋(あの無愛想なバアサンの店です)で
焼き魚と芋焼酎を空きっ腹に流し込むと、もう深夜、翌日がきびしい時間。
・・・という桶川市なのに、本日の会議は、朝9時からで、
恵比寿を7時過ぎに出発しなければならない。
昨夜は、秋田県横手市から最終新幹線で戻ってきたので、いつもの慢性寝不足。
どうか、桶川市の関係者の皆さん、そこのところをご考慮頂いて、
私の食生活と睡眠が正しいものになるようにご協力お願いします。
愚痴はこのくらいにして、今日は、TMO構想の報告会。
本来であれば、このTMO構想を市役所さんに認定していただく事になるはずだが、
中心市街地活性化法の改正により、TMO構想の効力はなくなってしまった。
しかし、市民ワークショップを開催し、策定委員会の皆さんが一年にわたり議論して
つくりあげた街づくり計画を無駄にするわけにはいかない。
商工会長さんから、市長さんに報告書をしっかりと手渡し、事業の実施をお願いする。
以前の旅日記でもご紹介したように、きっぱりと決断力のある市長さんは、
この長年懸案の街づくり事業を推進することを表明された。
会議終了後、元ラグビーをやっていたというヒゲの商工会指導員さんが昼食に誘ってくれた。
「代表、歯は丈夫ですか?」という質問。
わらじのようなステーキでもご馳走してくれるのかと思っていると、着いた所は、うどん屋。
指導員さん一押しのメニューは、極太、極硬、一回捻りの強烈うどん。
確かに歯が痛くなるほど噛み締めて、食べても食べても無くならない。
ついに半分ほどでギブアップ。
粘り強い性格のM研究員は、汗をかきながら完食。
ごちそうさんでした。

8月某日
TOMネット北海道会の会長をお願いしている「北海の暴れん坊教授」が来襲。
イクゾー専務と共に、中目黒の何でも350円炉端焼きへ案内する。
TOMネット鉄の会則により、ひとり一店づつ勘定を持つ三本勝負。
どの店の勘定を担当するかが、所謂ひとつの醍醐味、博打的飲み会。
談合もといお話し合いの結果、安全確実、人畜無害の炉端焼きは、北海の暴れん坊担当。
二軒目のカラオケスナックは、私、最後のカクテルバーをイクゾー専務が担当することになった。
こうゆう構図になると、自分が担当していない店では、たくさん食べ、飲み、
自分の担当する店では、ボトルの空き具合なんぞを気にしながら早めの退店を目論む。
炉端焼きは、さすがにいくら食べて飲んでも、所詮何でも350円、1万円ポッキリで、
薄給の暴れん坊教授は胸を撫で下ろす。
カラオケスナックは、珍しく客が少なく、盛り上がらずにボトルもたっぷり残っていたので
やっぱり1万円ポッキリ。
何となく消化不良のオジサン方は、最後のカクテルバーへ。
イクゾー専務がキープしている高そうなボトルは、店の若いオネーサンたちも手伝って、
あっという間に二本目。
目の前で調理してくれる様々なおつまみも力いっぱい発注し、
勘定担当のイクゾー専務をひとり残して退散。
後日、勘定を聞くと「いっぱい払った」らしい。

8月某日
TOMネット東北会の「まちづくりセミナー」。
「仙台のヘンなオジサン」が、ソウル、清渓川視察報告。
続けて、東京から特別参加の女座長が「改正まちづくり三法」の解説。
そして私が、全国のまちづくり事例と、都合二時間の充実したお勉強。
やる時はやるのだ。
終了後の意見交換会は、最近定番の「きたろう」。
この店では、日本酒を頼むとサイコロとどんぶりが運ばれてきて、
ぞろ目がでるともう一杯飲める。
先日も、チンチロチン(知らない人は知らなくていいですからね)で鍛えた指さばきで、
ピンゾロを出して、高そうな銘酒をせしめた。
今日は、なぜかいつも以上に参加者が多く、貸切の店もあふれそうだ。
そういえば、今日は、今年の春から事務局スタッフとなった「サッチャン」と呼ばれる
健康美人が東北会デビューしているのだ。
盛り上がっていつまでも終わらない宴会場から、女座長とサッチャンを奪還し、
新幹線二次会で東京へ戻る。
恨まれているだろうなあ。

9月某日
三ヶ月連続の那覇。
再開発地区の地権者の皆さんと個別ヒアリングを終了し、
前回に引き続き役員の皆さんと打ち上げ泡盛大宴会。
再開発協議会の理事長さんにご案内いただいた「海ぶどう屋」では、
店名どおり海ぶどうが絶品。
さらに、スモークテビチー(豚足をいぶしたもの)が本当にうまく泡盛が進む。
不死身の幹事長は、今回もかりゆしを着込んで地域に溶け込んでいる。
昼食を満足に食べる暇がなかったという女座長は、珍しく酔っているようで、饒舌になっている。
前回来たときに、地権者のひとりである大きなホテルの社長さんといろいろな話をした。
親子兄弟親戚一同で大きなホテルを切り回していて、皆が仲良く楽しく働いている。
こんな濃密な家族関係は、なかなか最近お目にかかれないので、うらやましい。
その社長さんが、「代表はゴルフはするんですか」と尋ねるので、
「なかなか100点をきらない、へぼゴルファーです」と正直に答えた。
すると「私とまったく同じくらいの腕前ですね。今度是非一緒にやりましょう」と言ってくれた。
さて、今回、理事長さんとゴルフの話になり、
「ホテルの社長さんと今度ゴルフをする事にしました」と言うと、
「あの社長は、沖縄ではいつもアマチュアチャンピオンになって
新聞に登場している有名な人ですよ」と衝撃的発言。
あぶなくチョコレートをトラック一杯差し上げるところだった。
役員の皆さんとお別れし、ナガシマ専務たちが待つ居酒屋へ。
イカスミ雑炊という人間の食べ物とは思えないものを私以外の全員が食べ、
酔っている女座長は江戸時代の武士の女房のようなお歯黒顔で
不死身の幹事長に記念写真をとってもらっていた。
その後さらにナガシマ専務の案内で「泡盛倉庫」という泡盛の品揃えがものすごい店へ。
すっかりできあがっている不死身の幹事長と女座長は、
60度とかいう火の吹くような泡盛をぐびぐび。
午前様になってホテルへ戻っても「まだまだ飲み足りないー」と言う女座長に付き合って
スカイラウンジで閉店まで。
翌朝、青い顔や白い顔で酒臭い息を吐いている面々と市役所へ。
打ち合わせ終了後の昼食レストランでは、さすがの幹事長もビールも飲まない。
夕方の飛行機で東京、大阪へ戻るメンバーと別れて、私だけもう一泊、夏休み。
前回入って気に入った地元の人ばかりの焼き鳥やとジャズバーで豆腐ようと泡盛。
皆が沖縄に住みたいという気持ちがよくわかった。

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ