part65



9月某日
TOMネット創立以来の幹事で、フォーラム等では玉置宏(古い)のような名調子で
司会を務めていてくれたメンバーが東京から名古屋に転勤する事になった。
そこで、東京会の有志で送別会を開催。
会場は、誰が選んだのかTOMネットに全く似合わないイタリアンレストラン。
個室ではなく、他のお客さんも食事をしている中で、
飲み放題ワインで盛り上がった不死身の幹事長のダミ声が店内に響き渡る。
さらに、参加した20名近いメンバーによる「贈る言葉」のリレースピーチ。
隣の席では、せっかく意中の彼女との初デートにやってきた(ように見える)
若いカップルは、延々と続く知らない人へのスピーチに完全にしらけている。
感涙にむせぶ「タマオキ幹事」に、ソウルエステシスターズから花束と記念品の贈呈。
今度は、TOMネット名古屋会の歓迎会に皆で参加しようという話が出ている。
そういえば、以前東京から仙台へ転勤して行ったフクチャンと呼ばれている幹事が、
東京会送別会、東北会歓迎会を盛大にとりおこなった後、数年で東京に戻ることになり、
今度は東北会送別会、東京会歓迎会を開催した。
(訳がわからないが、ただ呑めればいいのだ)
さて、今夜の二次会は、いつものTOMネット御用達の居酒屋。(イタリアンの後になぜ?)
個室(実はこの居酒屋のガレージだったところ)を貸切、今度は「サライ」の大合唱。
やっぱり終電まで席を立つ者はいなかった。

9月某日
那須塩原市大和地区再開発事業説明会。
もう長いお付き合いになった商工会の事務局長さんが、
「TOMネットとのつきあいは、代表の旅日記の1回目からですよ。」
(過去の旅日記参照)と言われ、感慨深い。
新中心市街地活性化法を活用して、
地域コミュニティ再生のための屋根付き公園の整備と地域に
必要なスーパーマーケットとスポーツ施設を誘致する計画。
この事業に地域からそして地域外から参加を検討しているメンバーに
対する説明会だが、たくさんの人に集まっていただいた。

9月某日
TOMネット名古屋会のまちづくりゼミナール。
ド派手なイベントプロデューサーがしばらくぶりの講師として登場。
今日も赤いジャケットにサングラス。
見かけによらない格調高い講演に名古屋会の会員も感動して熟睡している。(ウソですよ)
打ち上げ懇親会には、飛び入りで大物イベントプロデューサーが参加。
二次会の誘惑を振り切り最終新幹線で東京へ。

10月某日
TOMネット海外調査団のために、シアトルへ出発する直前に
父が心臓発作で緊急入院という連絡。
すべてキャンセルして札幌の病院へ。
本人はピンピンしているが、担当の先生から
「ここ一週間は、万一の事が全く無いとは言えない。」という微妙な説明。
シアトルは諦めたが、半日で戻れる国内は大丈夫なので、
横手、那覇、那須塩原と転戦して、札幌の病院へ戻ると、
危険な状態は無事に脱出し20日程で退院できるらしい。
シアトルの帰りにラスベガスで勝負してくるはずだったが、親父が大事。
ラスベガスのカジノは命拾いしたなあ。

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ