part69


西海岸旅日記 その2

2月某日
昨夜のよれよれジャケット&コートでのみじめな出来事に懲りて、
今日は持ってきたジャケットの中で一番ましな物を着込んでビバリーヒルズへ。
ファサード看板が全く無い斬新なプラダの専門店や、
いかつい大男が店頭に門番のように立っているディオールのショップをひやかして、
ランチは行きつけのイタリアンレストラン。(まだ二度目です。)
トゥーロデオドライブという再開発事業のモデルにしたいような商業ビルの一角に
ティファニーと並んで建っているそのレストランの中庭に陣取りおもむろにメニューを開く。
気分は今度こそIT長者。
ビールとハンバーガー(情けない)のランチを注文し、
地元住民のように英語のパンフレットなんぞを眺めていると、
ギャルソンがやってきて「水はいるか?」と尋ねてくる。
ビールを頼んでいるが、まあいいかと「YES PLEASE」。
「ガスかノンガスか?」「ノンガス」とIT長者もどきは、流暢な会話。
巨大なハンバーガーを半バーガー(オヤジギャグです)だけビールで流し込み、「CHECK PLEASE」。
レシートを見ると、一滴も飲まなかったミネラルウォーターの値段はバドワイザーの倍だったが、
顔色も変えずゆったりと店を後にしたIT長者もどきであった。

そのまま、ハリウッドのホテルへ戻り、預けていた荷物を受け取ってタクシーでサンタモニカへ。
いつもは海から少し離れたところにあるシェラトンホテルだが、
今回はやや割高ながら街の中心部にあるダブルツリーホテルという全室スイートルームのホテル。
荷物を部屋に置いて、まずはサンタモニカビーチへ行き、
夕陽に向かって「バカヤロー」と叫ぶ。(ウソです)
サードストリートという全米屈指の商店街は、TOMネットの調査団で何度も来ているので、
今回はタクシーで地元の住民が最も利用するというモンタナアベニュー商店街へ行ってみる。
もうアメリカの商店街は全滅したと聞いていたが、地域に密着した立派な商店街。
なぜかチェーン店はほとんど見当たらず、
商店主が自分の感覚で集めた商品を販売するいわゆるセレクトショップが多い。
飲食店も、地域の交流サロンのように、アトホームな場を提供している。
観光客対応の商店街ばかりずいぶん見てきたが、
こんな地元密着の商店街をきちんと勉強しなければと反省。
サードストリートに戻ろうとタクシーを捜すが見当たらない。
ようやく駐車しているタクシーを見つけたが、
運転手はサンドイッチをほお張っており休憩中という事で走ってくれない。
どうしようかと思っていると、その運転手が携帯で他のタクシーを呼んでくれるという。
呼んだタクシーが来るまで15分、運転手さんは私と一緒に立って待ってくれた。
サードストリートまでは、車で5分の距離。
待っている時間で行って帰ってこれるのに、
休憩時間は絶対に働かないというアメリカ的感覚なんでしょうね。
チップも受け取らない運転手さんに丁重にお礼を言って(と言ってもThank youだけですが)
サードストリートのパブへ向かう。
食前ビールをたっぷり飲んでから本当に行きつけの「鷹寿司」へ。
この寿司屋は、よく海外にある「なんちゃって和食」ではなく、本格的な寿司を出す。
しかし、日本人の客は見たことが無い。
すべて地元のアメリカ人で、今時の日本人のオニイチャンやオネエチャンよりも正しく箸を使い、
トロやハマチに醤油をべちゃべちゃにつけて食べ、熱燗を手酌で飲んでいる。
二年前にTOMネットの調査団が大量になだれこみ、
飲み放題の日本酒を浴びるように飲んだ時も、
この店のポニーテイルのオヤジは、嫌な顔ひとつせずにもてなしてくれた。
今日は、そのポニーテイルオヤジは休みで、代わりに新顔のオニーサンがいた。
このオニーサンが私と同じくカジノが大好きで、世界のカジノの話で盛り上がり、
気がつくとカウンターに徳利がたくさん並んでいた。

翌日から三日間は、ラスベガスの街づくりの視察。
すでにラスベガスは、ギャンブルの街からコンベンションを主体とした総合観光都市に大変身している。
年々入り込み客数は増加し続け、大規模豪華ホテルが続々と出来上がり、
ファミリーが楽しめるアミューズメント施設やショッピングモールも充実している。
そうは言っても、私のお目当てはやっぱりカジノ。
あと三日で日本に帰るので、いつものように時差調整に入る。
朝までカジノで遊び、昼まで眠る事を三日やると日本へ帰るとそんなに苦労せずに時差を克服できる。
1ドルチップだけで、きわどいコスチュームのオネーサンがどんな酒でも持ってきてくれて、
いろいろな国から遊びに来ている人たちと騒ぎながら、
ルーレットやブラックジャックを毎晩長時間楽しみ、
帰りにはお小遣いまでいただける
(昨年ソウルのカジノで連勝記録は途絶えましたが、勝率は9割を超えています。)
ラスベガスは、本当にいい所ですね。


次回から国内シリーズに戻ります。

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ