1月1日
今年も初詣は雪の北海道神宮。
そして境内にある北海道開拓神社にもお参り(まちづくりに関係ありそうなので)。
ゆっくり10日間の休みをもらって体調を整えてまた今年も全国行脚が始まる。

1月某日
今年のスタートは宮城県古川市。リノベーション補助金を活用した
シネマコンプレックスを中心とした市街地再開発事業もいよいよ本番。
はじめて映画館経営に取り組む地元商業者の方々は皆新しい夢に向かって
生き生きとして見える。乗り越えるハードルはまだたくさんあるが、郊外のシネコンに
対抗して酒も飲める飲食店と複合した都心型シネコン(品川や六本木の事例に注目)
への回帰の流れはきっと成功すると思う。

1月某日
栃木シリーズ。西那須野町のTMO構想もそろそろ終盤。
役場の都市計画課の皆さんと駅周辺整備について打合せ。
駅広の拡張や駅前の顔造りは行政主導ではなく民間が中心となって計画実践する方が、
時間も費用も効率よくできる可能性が高いので、TMOと駅周辺地権者による整備手法を提案。
年度内にTOMネットの計画部隊にラフプランを作ってもらい地権者との打合せをすることになった。
続けて、商工会で、大型店周辺地区の地権者の皆さんと意見交換会。
新たな複合交流施設を設置することで、駅前と当該地区の間の小路を町民にも
ビジターにも歩いてもらえる仕組みについて検討。
ここも次回までにラフプランを作りより具体的な打合せをすることになった。忙しい。

翌日は、宇都宮で栃木県主催の活性化フォーラムが開催され、
TOMネットともうひとつのNPOが講師となり県内市町村の担当者へ
活性化の話をさせてもらった。他のNPOの副理事長さんは、
CS(顧客満足度調査)について専門的で格調の高い話をされていたが、
私のほうは、対照的にまちづくりの現場の話ばかりで参加者はとまどったかもしれない。
県の都市計画課長は「ミスター都市計画」という感じの迫力のある方であった。

1月某日
正月に休みすぎてスケジュールがこなせないので、祝日の朝から飛行機で青森空港へ。
同行した幹事長はインフルエンザで39度6分の熱があるが
根性でレンタカーの後部座席でまるまっている。
同乗している他の3名は感染することを覚悟して一路五所川原市へ。
活性化事業の一環として重点整備地区に再開発の保留床として
市立病院を誘致する案の検討結果について協議会の皆さんに報告。
結果は、敷地が狭くて無理。前回に続いて今回も再開発事業と区画整理事業の
同時施行について説明。次回は、全地権者に声がけをしてもらって
勉強会をすることをお約束して次の目的地鹿角市へ急ぐ。
昨年の暮れに設立した「北花輪まちづくり協議会」の皆さんに
集まってもらって室内アトリウム公園を核とした交流施設プランを提示。
これをたたき台として合意形成上最も重要な地権者の資金計画についての
ヒアリングを3月位に行う事とした。
このためTOMネット専門者会員数名が何日間か常駐して対応する事となる。
日程調整が問題。引き続き協議会の新年会。さすがに幹事長はすぐにダウン。
ホテルへもどって静養。翌日、市役所の担当課長さんに事業のバックアップを
くれぐれもお願いして、今度は横手市へ。途中のドライブインで
滋養をつけようとした幹事長は、「スッポン雑炊」を完食。数分後には完吐。

横手市の3セクTMOであるTRYの勉強会。駅周辺の大型空店舗、
大型病院跡地対策と蔵活用ゾーンの整備手法について説明。
やはり市街地再開発事業が有効。次回、再開発事例の勉強会を行う事とした。
東京へもどる最終の新幹線では、さっきまで死んでいた幹事長がワンカップを飲んでいた。
・・・不死身だ。

1月某日
今週もみちのくシリーズ(プロレスではありません)。
秋田県角館町でのコンセンサス形成事業による地域フォーラム。
私の基調講演と会員3名による公開パネルディスカッション。
中心市街地の活性化にはまちのテーマを設定することが不可欠で、
どこの市町村もなかなか良いテーマが見つからず苦労しているが、
角館は、有名な「武家屋敷」があり「みちのくの小京都」というすばらしいキャッチフレーズもあり、
観光客も増加しており何も問題は無いかと思っていたらそうでもないようで、
「外町」(武家屋敷以外の商店街)の活性化が進まないそうだ。
贅沢な悩みと感じるが(角館の皆さんごめんなさい)一応、層雲峡温泉で行った
環境形成手法等について提案。武家屋敷周辺の観光客対応ゾーンと駅周辺の
町民対応ゾーンをめりはりをつけて整備することが重要。
それにつけても歴史のある良い町で何度でも来たくなるところだ。
がんばってほしい。終了後、横手へ行くメンバーと、東京へ戻るメンバーと駅のレストランで反省会。
はたはたをつまみながら、地酒がうまかった。二次会は、横手駅前の居酒屋。
機嫌よく飲んでいると例の不死身の幹事長が叫んだ。「プロジェクターが無い」。
翌日の朝の勉強会で使うプロジェクターを角館に忘れてきていた。
幹事長はすぐに角館商工会の事務局長へ電話して、翌日どなたかに届けてもらえないかと
ひたすら恐縮してお願いしていた。翌日、猛吹雪の中、事務局長自ら一時間運転して届けていただいた。
本当に申し訳なかった。今度、TOMネット東北会で角館活性化ワークショップを開催して、
よいアイデアをご提案して御礼に代えたい。
無事、横手の再開発勉強会は終了し、
TOMネットのプロポーザル事業として活性化計画案を策定して次回ご説明することとした。
最近、毎日宿題が増えていく。横手→北上→古川(委員会出席)→東京。無事たどりついた。

1月某日
今年初めての佐渡両津市。ここの活性化基本計画も大詰め。
必ず実現する重点整備地区を固めるために、事業地区の地権者の方との打合せを重ねる。
半年前には「できるはずがない」という雰囲気(主観です)だったのが今はとても熱心になっている。
市役所の支援体制も万全(のように見える)。「神々の渡る島」の実現まであと少し。

その日の夜もいつもの居酒屋。あらゆる魚が重なって山のようにでてくる。
どれも一品づつ盛り付けて出せば、東京の店では大変なことになりそうだが、
ここはリーズナブル。でももう食べられない。もったいない。

翌日、商工会と打合せ。骨格は見えてきたが、ソフトがまだ見えない。
次回、TOMネットの商業やイベントの専門者会員を連れてきて勉強会をすることにした。
帰りのジェットホイールは、ジェットコースターの間違いでないかと思うぐらい大揺れだった。

1月某日
今日は、久々に東京で中小企業庁のご担当の方と打合せ。
再開発事業の保留床をリノベーション補助金や商サ補助金を活用してまちづくり会社が購入し、
足りない分を中小企業総合事業団の高度化融資や出資で対応するというパターンを
検討しているTMOは多いが、それぞれの手続きが複雑で工程調整にも難しいところがあり、
国土交通省と経済産業省等の各担当が同じテーブルで
事業対応をする仕組みができればいいと思った。

1月某日
栃木県大田原市の活性化基本計画策定委員会。
この委員会は、私が経験している他の委員会に比べて、かなりフォーマルな気がする。
もちろんそれが悪いわけではなく、委員の皆さんもとても良い意見を述べられるが、
まだ、私には、活性化のイメージが見えてこない。
一度ぐらい委員懇親会を開いて、ざっくばらんな意見交換をしてみるのも良いかもしれない。
残り少ない時間の中で、実現可能な活性化計画をつくるためにTOMネットのスタッフも
全力を傾けなければならないと思った。

終了後、西那須野町商工会でのラフプラン説明会。
「これがまちづくりの最後のチャンス」という発言が相次ぎ心強い。
今回は、地権者の方を中心とした集まりなので、この次は、三度目の町民ワークショップで
地元住民の意見を聞かなければならない。

1月某日
茨城県土浦市訪問。駅前大型店の撤退や、ホテルの閉鎖が相次ぎ、
中心市街地の空洞化は危機的状況にあるそうで、活性化基本計画実現のために
商業者を中心として行動を開始するためのキックオフシンポジウムを開催する事とした。
東京へも通勤圏で、水辺に囲まれ、歴史もあるコンパクトな都市なので、
やり方によっては理想的な中心市街地に生まれ変わる事も充分に可能と感じた。
直感はドイツのエコシティ。


次回へつづく・・・