part72


5月は、全国TOMネットの総会月間。

皮切りの北海道会は、
総会に先立ち「北海の暴れん坊教授」(北海道会の会長です)による
「四国のまちづくり視察報告」を格調高くお聞きした後、
ススキノのあまり格調高くないカラオケスナックへ多数の会員と共になだれ込み、
マイクの奪い合いで夜が更けた。

次の東北会は、
横手市の再開発事業の特定業務代行者になったゼネコン会員による
「プロポーザルはこうやる!」という勉強会をまじめにやってから、
例年通りホテルの中華レストランになぜか、
日本酒、焼酎を多数持ち込んでの日中友好大宴会。
この日は、まだまだ先の長い総会シリーズに向けて、
体力温存をはかり、国分町を横目で眺めながら、最終新幹線で東京へ戻る。

名古屋会は、「ウワバミの元さん」(名古屋会の会長)から
「世界のまちづくり報告」をテーマに、
「北海の暴れん坊教授」を意識したかのような更に格調高い講演を拝聴し、
名古屋コーチンやエビフリャーなどを日本酒と共にたっぷりいただき、
今夜も「まだまだ・・・」と言い聞かせてやはり最終新幹線で東京へ戻る。

翌日、お仕事でちょっとだけ福岡県の大牟田市におじゃましてから、
翌日大阪会の総会へ。
ピエ〜ル会長は、「全国のまちづくり報告」とやや地味めのスライドを多数披露。
その後の情報交換会は、何度お願いしても、
頑なに立食パーティとするのは何故なのでしょうか、責任者と対決したい。
二次会の居酒屋でようやくゆっくりと飲むことができ、
ピエ〜ル会長や某市の女性議員さん(会員です)らと話がはずむ。
「浪花の狼男」と言われている(私が言っています)建築家会員がくれた、
沖縄で買ってきた「秋ウコン」を飲んだせいで、
二日酔いにもならず、気持ちよく飲めた大阪の夜だった。

再び福岡にとんぼ返りして、九州会総会。
九州会の幹事さんはエライですね。
立食はイヤだと言い続ける私のために、
何とホテルの洋室宴会場に畳を敷いて着席宴会にしてくれた。
大阪とは大違いだ(シツコイ)。
しかし、出てくる料理はパスタだのテリーヌだの、苦手の洋物ばかり。
ほとんど手が出なかったが、心使いに感謝。
二次会は当然いつもの公衆便所前という好立地の屋台。
芋焼酎とメンタマ(明太子入り玉子焼き)で博多の長い夜は過ぎていった。

いよいよ、東京会の大総会。
恒例の原宿のイタリアンレストラン借りきり、
ワイン焼酎ビール何でも飲み放題大宴会。
さらにこれも恒例の恵比寿駅前カラオケスナック借りきり大カラオケ大会。
そういえば、去年も一昨年も同じような総会報告を書いたような。
進歩していませんね。

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ