part73


いつもの事ながら、息をする暇も無いほどの移動で、
この旅日記も一ヶ月空いてしまいました。
スミマセン。
ちなみに、この一ヶ月で行ったところを順番に羅列すると、
札幌、那覇、山形、札幌、桶川、横手、福岡、札幌、秋田、横手、那覇、秋田、
那須塩原、横手、桶川、札幌、横手、秋田、札幌、桶川、那須塩原、那覇となります。
飛行機は29回乗りました。
これ以外は、東京におりましたが関西がありませんね。
今月まとめて関西方面に行きますからね、待っててくださいね。

6月某日
いつも行く恵比寿の魚がおいしい居酒屋。
カウンターに座ると目の前に生簀。
今日は、たった二匹しか入っていない。
新鮮な刺身は大好物だが、活き造りは苦手である。
苦しそうに口をパクパクしている魚を眺めながらその身をほお張る趣味は無い。
とりあえず、活き造りではない事を確認してから、
メバルの刺身なんぞを肴にグビグビとビールを飲んでいると、
どうも誰かに見られているような気がする。
顔を上げると生簀の中の魚がじっと私を見ているではないか。
真正面から目をくるくるさせて愛くるしい表情で何かを訴えるように
いつまでも私を見ている姿に、刺身を食べている事がだんだん後ろめたくなり、
カウンターの上にあったメニューをその魚の前に立てかけて視線をさえぎると、
あきらめたように生簀の反対の方に移動する。
しかし、メニューを元に戻すとやっぱり真正面に来てじっと私を見るではないか。
どうも居心地が悪いが、
ビールから日本酒に変えてもう少し刺身を追加しようとして嫌な予感がよぎった。
私が刺身を注文すると、板さんが生簀に手をつっこんで、
この人懐っこい魚をむんずとつかみ・・・
金縛り状態でこの魚をじっと見ていると、異変を感じた店の若い衆が寄ってきて、
「その魚はメバルのヨシオですよ。向こうにいるのはカサゴのユタカです。」
何と名のある魚なのだ。
「ボクが釣りをしているとまだ幼魚のヨシオとユタカが掛かってきたので、
そのまま店に持ち帰りこの生簀で飼っていると、
だんだん人間に慣れてきて今ではこの店のアイドルです。」
どおりで人見知りのしない魚だと納得した。
「もしも常連のお客さんが、このメバルを活き造りにしてくれと言って来たらどうする?」と聞くと
「もう仲間だから、断ります。」と若い衆。
そうかそうか、それは良かったと思ったが、さっき食べたのはヨシオの友達ではないか。
ユタカの友達にも気を使わねば。
何とも複雑な気持ちの夜であった。

7月某日
TOMネット沖縄会が立ち上がった。
一年近く那覇の再開発期成会のお手伝いをしているうちに地元の仲間も増え、
フォーラムや現地相談会も開催した。
すでに札幌から福岡まで6地区の拠点を構え5月の総会シリーズでも
強行スケジュールに苦しめられたが、こうなったら7地区でも同じだ。
設立記念フォーラムには、地元のたくさんの市町村に加えて、
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、九州とすべての支部から会員有志が駆けつけてくれた。
苦手の立食懇親会を済ませて、居酒屋へ繰り出す。
泡盛を一升瓶で数本平らげてから、二グループに分かれて、
我々は映画の「なだそうそう」のロケ現場である居酒屋へ向かう。
ニューオリンズまちづくり調査団に加わっていた仙台の「ジャズ大好き会員」を中心とした
もう一グループは、ジャズライブの店へ向かったようだ。
これからも、沖縄会のイベントには、全国の会員が参加するのでしょうね。

翌日は、那覇の再開発期成会がバージョンアップして再開発準備組合になる日。
「みんな正装(かりゆし)で来ましょうね。」と新理事長に言われ、
今まで頑なに「かりゆし」を着るのを拒んでいたが
(私はカジュアルウェアが似合わない。
できれば寝る時もパジャマではなくスーツで寝たいぐらいだ。)
いよいよ年貢の納め時。
デパートの「かりゆし」売り場で店員さんにいろいろ説明を受ける。
6月の閣議では、大臣が皆「かりゆし」を着て現れたが、
近頃は、デザイナーズブランドの「かりゆし」やボタンダウンの「かりゆし」もある。
しかし、正装の時はやっぱり普通の襟がいいと言われ、ついに購入。
ホテルへ戻って着て見るとやっぱり似合わない。
このままサングラスをかけて新宿あたりを歩くとみんなよけてくれそうだ。
しかし国際通りを歩いても誰もよけてくれない。
家族経営が暖かい新副理事長が経営する「山ノ内ホテル」の会場は
準備組合の設立をお祝いしてたくさんの来賓やマスコミで溢れるばかりだ。
再開発事業の完成までは、まだまだ先は長いが、
10年近く苦労してきた新理事長は、祝賀会の挨拶で、
こみ上げてくるものに思わず絶句した。
聞いている来場者の中には、思わずもらい泣きをする人も。(私もあぶなかった。)
TOMネットメンバーも加わった二次会三次会は、泡盛と共にいつまでも続いたとさ。

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ