part74


7月某日

久々の関西シリーズ。
某中堅都市駅前の大型空き店舗の相談会。
初期の再開発で作った共同店舗だが、
キーテナントの撤退でコンバージョンか再々開発かの岐路にたっている。
いずれにしても最大の問題点は、このビルが無数の区分所有店舗で構成されていること。
そのため、リニューアルする事も困難であり、
シャッターを降ろしたままのビル内空き店舗がたくさんある。
方法はひとつ。
区分所有者の五分の四の多数決による建て替え決議を前提に再々開発する事。
容積の更なるアップにより保留床を生み出して財源とするか。
そのまま市の都市計画課を訪問。
地権者の合意形成ができれば、支援を考えるとの発言。
区分所有者団体役員のリーダーシップがすべてか。
夜は半年ぶりの京田辺。
新しい市長さんに懸案のまちづくり支援を要請するための期成会役員会。
日頃「夜の会議は苦手」とか、
「沖縄ではビールを飲みながらの会議が普通」などと口走っている私のために、
商工会の指導員さんが弁当と一緒に缶ビールを用意してくれていた。
しかし、車で来ている役員さんたちは、誰も缶ビールに手をつけない。
飲んでいるのは指導員さんと
同行の女座長(改め今年度から霊感の強いスピリチュアル専務理事)と私だけ。
少々気が引けて早めに退散。
飲み直しは、京都三条の「おせん」という小料理屋さん。
京都の小料理屋と言えば、
髪をアップにした和服姿のたおやかなオネーサンが割烹着を着て迎えてくれるはずだが、
おせんさん(というのでしょうね)は、キップのいい江戸っ子のようなオカミサン。
きずし(TOMネット大阪会のツルベ幹事長に教えてもらいましたが、〆鯖の事なんですね。)
と稚鮎の唐揚げを肴に冷酒でスピリチュアル専務と反省会。

7月某日
三ヶ月に一度の「中国語研究会」(所謂マージャン大会)。
今日のルールは、前回優勝者の「チワチワ」(チワワではありません。)
と呼ばれるTOMネット東京会会長による超インフレルール。
どんな手を使っても、上がりさえすれば運次第でチップと称するプラスチックコインが
ジャラジャラと集まってくるらしい。
パチンコも競馬も一切やらず、
年に四回だけのマージャンとスピリチュアル専務からの託宣を頼りに
海外カジノを格調高く楽しむ私としては、とても不本意なルール。
運だけのマージャンなら同じ事と、
ビールを飲み続けながら酔っ払い打ちをしたが、結局負けない。
いつも負けている仙台出戻り会員の「フクチャン」は、
運だよりのマージャンに希望をかけていたが、
火だるま状態で居酒屋反省会の会費にも事欠く始末。
これ以上書くと検閲に引っかかりそうなので終了。
チワチワ会長が自宅の庭で作ったというナスビをもらって、
寂しそうに帰っていったフクチャンであった。

8月某日
いつものように、秋田、那覇、札幌という順番で日本列島を行ったり来たり。
たまには観光というものも体験しようと、秋田県大曲の花火を見に行くことになった。
大曲の花火といえば全国の花火師がその技を競う有名な大会。
毎年NHKでも放送しており70万人もの人が集まるそうだ。
したがって、宿の手配も電車の手配も難しいのだが、
今回は準備万端、桟敷席は横手の建築チームが8人分押さえてくれているし、
ホテルは、これも横手の定宿ホテルをそこの社長さんにお願いして確保してもらった。
その日は、札幌からJAL(あえて実名で書きます)で秋田空港に向かい、
ようやく予約した新幹線で大曲着は18時半と、私にしては綿密な計画。
酒とつまみの準備も幹事さんが怠り無くすませているようで、
某市役所のアイドル職員さんも着物姿で特別参加の予定。
それなのに・・・・・すっかり観光客気分で千歳空港へ行くと、
秋田便欠航のお知らせが貼られているではないか。
普段は気弱な私もさすがにこの時ばかりは
VIP会員(JALだけで年間100回位は乗ります)を嵩に着てJAL職員に詰め寄る。
「大丈夫ですよ。この後の便に空席がありますので心配いりません。」
「花火を見るんだあ!次の便では間に合わないんだあ!!」
結局札幌に戻り、NHKハイビジョンで花火を見ながらビールを飲んだ。
結構テレビでもきれいなもんだった。(負け惜しみ)

      次回へ続く・・・次回へつづく・・・


トップ