part76



10月某日
自動制御装置のスイッチが入った。
毎年一度、連日の移動が嫌になった時、自動制御装置が稼働し、
発熱、関節痛、腹痛、歯痛等が一斉に始まり、動きがとれなくなり、
二日間ほど冬眠に入る。
これまでは、スイッチが入るのは不思議と休日ばかり。
それなのに今回は、週のど真ん中、しかも重要な会議が目白押しの時にスイッチオン。
発熱、喉痛、咳、足、膝痛、目の充血などが主な症状。
責任感の強い私としても、今回はさすがに出張会議をドタキャン。
コンビニへ這って行き、お湯をかければ食べれるものと
大量の水を買い込み、ふとんをかぶる。
ほぼ二年ぶりに一滴の酒も飲まず夢うつつの二日間が過ぎると、
すべての症状がすっきり。
スケジュールがハードすぎるのか、歳のせいなのか(たぶんこちら)。


11月某日
一ヶ月も経たないのに、再び自動制御装置のスイッチが入った。
咳がひどく、喉も激痛。
またまた重要会議をキャンセル。
恵比寿の病院へ行くと、待合室は満員。
看護士さんに聞くと2時間待ち。
病人の中で二時間待つと、もっと具合が悪くなりそうなので、あきらめて薬局へ。
やる気のなさそうなオネーサンに、咳と喉の薬を選んでもらい、
あんぱんとバナナを買って(貧しい食生活ですが、こんなものしか食べたくない)
力なく恵比寿の部屋に戻る。
もうじき、TOMネットまちづくり組織調査団でオーストラリアだが、だめかも・・・・
という訳で、何とも情けない旅日記でした。
無事にオーストラリアにたどり着いた暁には、次回旅日記で紹介します。
ゴホッ、ゴホッ

次回へ続く・・・


トップ