part77


11月某日

自動制御装置が解除にならないまま、
第九回まちづくり組織調査団は香港に向けて出発する事になった。
今回は、日本からただひたすら南へ下って行き、
二つのまちづくり組織と意見交換をする予定。
最初は、中国に返還後、アメリカ資本をダイナミックに誘致したマカオの話。
次は「世界で一番住みよい街」と言われているオーストラリアの西の端、パース市の話。

体調不良の私は、地味に後ろから付いて行く事にして、
調査団の団長は「北海の暴れん坊教授」だ。
まずは、ウォーミングアップで香港に集合。
北海道、大阪、名古屋、もちろん東京からも総勢二十数名のメンバーが、
中華飯店の個室を借り切り結団式。
TOMネット恒例の1分スピーチでは、
不死身の幹事長、イクゾー元専務、スピリチュアル専務、M研究員たちが
「上海蟹を死ぬほど食うぞ」とか「マカオ中の紹興酒を飲み尽くしてやる」などと
この視察団参加の抱負を前向きに語っている。
まずは手始めにこの店の紹興酒をと身構える面々の前に、
香港人のガイドが立ちふさがった。
「缶ビールハ一本50ドル(800円)紹興酒ハボトル一本350ドル(5600円)、
現金デ払ッテモライマスヨ」とたどたどしい日本語で言うではないか。
「TOMネットはいつでもどこでも飲み放題!」と叫んでも
「香港ニ飲ミ放題ハアリマセンデスヨ。」と相手にしてもらえない。
止むを得ず、ビール一本ごとに「はい50ドル」。
紹興酒を飲むたびに札が飛んでいく。

気勢の上がらないこと甚だしい香港の初日に満足できないメンバーは
香港ガイドの案内で夜景見学ツアーに行くもの、
値段を気にせず酒を飲めるバーを探しに行くもの(私も含みます)、
繁華街をひたすら歩き続けるもの(不死身の幹事長です)など
それぞれ香港のけばけばしいネオンの街に散っていった。


11月某日
香港からジェットホイルでマカオへ移動。
今年の8月にオープンしたばかりの超巨大、
超豪華なベネチアンホテル(調査団の宿泊ホテル)の会議室で、
最初の公式行事である「サンズグループ」副社長との意見交換会。
広東語の専門通訳を手配して行ったが、中国人副社長は、すべて英語での説明。
日本人の通訳を手配していてくれた。
中国返還前のマカオといえば
鉄火場のような雰囲気のカジノを擁するリスボアホテルを目当てにやってくる観光客と
それに群がる物売りや物乞いの子供たちというイメージだったが、
十数年ぶりに来て見ると、近代的なリゾート施設や観光施設が立ち並ぶ
ラスベガスのような街に変身していた。
中国政府に企画を持ちかけ、海を埋め立て電気ガス水道等の都市インフラを整備し
世界の名だたるリゾートホテルを誘致しているのがこのサンズグループ。
すでにカジノの売り上げは本場ラスベガスを抜いているそうで、
ゴールドマンサックスやシティグループの巨大な投資資金を集めて
短期間に都市をつくりアジア中から観光客を集める手法は、
話を聞けば聞くほど圧巻である。(詳しくはTOMネットセミナーで解説します)
大学へ戻ってまちづくりの論文を書こうと参加した暴れん坊教授は、熱心に質問を繰り出す。
丁寧に説明をしていただいた副社長から最後に驚くべき話が出た。
「我々は日本進出に向けて日本政府と接触しております。」
噂のカジノが日本にできるのも時間の問題か。
ところで、20年近く前に初めてラスベガスへ行き、
古ぼけた小さなホテルへ泊まってカジノをのぞいた初心者の私に
ブラックジャックをやさしく手ほどきをしてくれたのは「サンズホテル」のディーラー、
そう、まだ零細ホテルだったサンズグループだった。
私のカジノ人生はサンズグループと共に始まったのだ。
それが、いまやラスベガスでトップクラスのベネチアンホテルを開設し、
現在このマカオで巨大プロジェクトを進めているところへ訪問することになったなんて、
何と奇遇なのだろうと感慨深く副社長に話したところ、何の反応も無かった。
少し悲しい。

二時間に及ぶ意見交換会の終了後は、
あまり気が進まないが(ウソです)ベネチアンホテルのカジノ体験。
副社長へのご祝儀代わりに1000ドルほどマイナスして
超豪華スイートルームへ戻りゴホゴホしながらやっと寝付いた頃、
ルームメイトの暴れん坊教授がどやどやと帰ってきた。
これでは、いつまでも体調不良が直らない。

つづく

次回へ続く・・・


トップ