part78


11月某日
マカオの超近代的に変身した街は十分見たので、
この日の晩飯は有志により観光客のあまり居ないダウンタウンで「飲めや歌え」をする事になった。
四星最高級ホテルヴェネチアンからタクシーを三台連ねて、
「マカオ版三丁目の夕陽」のような商店街へ向かう。
所々にコジャレたレストランがあるが、ほとんど中国人観光客(らしい)で満員。
この辺りは、つい5年ぐらい前までは、他所から来る人など皆無で、
顔見知りの近所の人だけが、買い物をしたり食事をしたりしていた(ように見える)のに、
今や、新開発地区のレストランでは収容できなくなった観光客が押し寄せつつあるようだ。
どの店に入ろうかと、こんな時にはいつも先頭に立って店を探し回る
不死身の幹事長の後をぞろぞろと着いていく。
「この店は大丈夫!席も確保できるし、内装もきれいだあ!」と叫ぶ幹事長が立っている店の前に
ケーキばかりのサンプルケースがあり、どうやらスイーツの店のようだ。
TOMネットに最もふさわしくない店なので、却下し、向かいの店を覗くと、
どう見ても地元の家族連ればかりが集まっている食堂のように見える。
「九人入るあるか?」と怪しげな身振り手振りで迫る不死身の幹事長に、
店のオネーサンはたじろぐようにオカーサンのところに走っていく。
「奥に個室があるね。」(と言ってるように思える。
英語も日本語も全く通じないので、以下の会話はすべて想像です。)
「ノープロブレム!」となぜか英語の幹事長。
手ごろな大きさの個室に入り、
オネーサンが持ってくるメニューを眺めるが、ほとんど解らない。
日本の中華レストランのメニューにあるように、
「麻婆豆腐」や「酢豚」のような文字を探すが馴染みのある漢字は見当たらない。
困り果てていると、そのオネーサンが「トーフ?」としゃべるではないか。
「おお、日本語ができるのか?」と聞くと、「チョット」。
それでも、希望が見えてきた一同は、
「ビール!」「カニ、カニ」「フカヒレ」などと一斉に叫ぶが、
オネーサンはやっぱり「チョット」だけらしく、ほとんど通じない。
あきらめて、メニューを適当に指し示し、
来たものを何でも目をつぶって食べてしまう事に作戦変更。
マカオビールだけは何とか通じて
「オネーサン、じゃんじゃん持ってきて。」と日本の居酒屋の乗り。
「ビタCジュンチャン」(すべての病気はビタミンCで予防できると固く信じて、
毎日大量のビタミンCの粉末を摂取している東北会の会員)が、
「マカオといえばワインが有名。是非、ポルトガルワインをただちに飲もう。」などと言い出す。
身振り手振りで「ワイン、ワイン、ぶどうのお酒!」とチョットだけのオネーサンに詰め寄るが、
何せここは、大衆食堂、そんなものがあるはずがない。
それならばと、「酒屋へ行って買ってくるので、持ち込んで良いか?」というような事を
全身で訴えるビタCジュンチャン。
何とか了承を得て、ワインを抱えてジュンチャンが戻ってくる頃には、
餃子、蟹玉、ボイルエビなど馴染みのある料理が
大量にやってきた。
もう食べられない、飲めないと満足して清算すると、持込のワイン代も含めて一人1500円程度。
香港のレストランの缶ビール一本50ドル(700円)に比べて何という安さ。
一同感激して店を出て記念写真を撮ろうとしていると、
店のオトーサンが感激の面持ちで走って出てきてシャッターを押してくれた。
店の方も、こんなに散財してくれた客は珍しい様子だった。


11月某日
マカオから香港を経由して15時に出発、
西オーストラリアのパースに到着したのは深夜の12時。
カジノ併設のリゾートホテルにチェックインしたのは、すでに午前二時近く。
もちろんバーも開いてなく、パース到着記念宴会は諦めて、
部屋の冷蔵庫のビールだけで就寝。
翌日は寝不足にもめげず、8時集合で公式行事である市役所訪問。
副市長を始めとして市の関係各部の担当の方々が揃って出迎えてくれた。
意見交換会の会場は、何と市議会議事堂。
副市長の歓迎のご挨拶に続いて、観光、交通、福祉、都市計画等様々な市のスタッフから
「世界で一番住みよい街」の仕組みについて説明していただく。
(内容は、TOMネット定例ゼミナールで。)
我がTOMネットチームからも、都市計画、建築、商業、駐車場等の専門者会員が質問を浴びせる。
居眠りする者も無く延々二時間以上に及ぶ意見交換会は無事終了し、
団長である「北海の暴れん坊教授」と副市長のツーショット記念撮影。
さらに、市の美貌の担当者によるタウンウオッチングツアー。
ハードな一日を終了するとハードなナイトライフの始まり。
ホテルのカジノで夜更かし、当然体調が回復するはずが無い。


11月某日
深夜1時の飛行機で日本へのトランジットのために再び香港へ。
何てハードなスケジュール。
機内では、隣の席に30歳前後の感じのよさそうなオーストラリア人の女性。
「始めまして、今夜は一緒に休ませてくださいね。」(意訳です。)と握手を求めてくるではないか。
これはラッキー。
ワインなんぞを飲みながら一晩中英語の勉強ができると喜んでいると(本当です)、
まだ治りきっていない風邪のせいで、「ゴホッ、ゴホッ」と咳き込んでしまった。
「香港風邪、鳥インフルエンザ」等という単語が頭をよぎったらしく、
突然彼女は本を取り出して向こうむき・・・。
二度と笑顔を見せることはありませんでしたとさ。


11月某日
マカオ、パースと充実の調査団活動(公私共に)を終了し、
日本へ帰る前日の香港の夜。
ツアーに組み込まれている打ち上げ用の中華レストランへ連れて行かれ、
再び「缶ビール50ドル、紹興酒350ドルですよ。現金払いですよ。私が通訳するあるよ。」と
例のガイドに言われ、止むを得ずみんな50ドルビールを発注。
「これからは、我々だけで反省会をするので、席をはずしてほしい。」とガイドに申し入れる。
なぜか渋々部屋を出て行くガイド。
TOMネット恒例の3分反省スピーチを行いながら、暴れん坊教授は早くもビールのおかわり。
缶ビールを運んできたウェイトレスに教授が50ドル札を手渡すと、何と10ドル札のお釣り・・・・。
ガイドが血相を変えて飛び込んできて教授からお釣りの10ドル札をひったくると、
ウエイトレスに「チップ」と訳の分からないことを言いながら無理やり握らせるではないか。
この瞬間にすべてを察した純朴な日本人たちは、これ以後の飲み物の注文を中止。
食事もそこそこに、店を出てガイドときっぱりと別れ、改めて打ち上げ反省会会場を探すことにした。
ダウンタウンの路地裏をぞろぞろと探索すると、
生きた上海蟹をたくさん店頭に並べた店が見えてきた。
今まで、「上海蟹を食べたい。」とガイドに言うと、
「蟹一匹300ドル、キャッシュでいるよ。私通訳するよ。」と言われ、
あまりの高さに断念していたが、この店の蟹の値段は一匹30ドル、
「すぐ買う。今買う。たくさん買う。だから蟹を料理してくれる店を教えて!」と
身振り手振りで必死に聞くと、「すぐそこの食堂に頼んであげるよ。」と蟹売りの老婆。
食堂の元気なオカミサンは、一匹5ドルで蒸してくれることを承諾。
一同、元気百倍。
「オカミサン、ビールと紹興酒をあるだけ持ってきて。」と言うと、
「うちの店では酒は出してないんだよ。飲みたければ向かいのスーパーで買ってくるといい。」
というようなニュアンスの会話。
ただちにスーパーへ走るトムラー。
ビールは5ドル、最高級紹興酒は30ドル。
(さっきのレストランの値段に比べてあまりに安すぎて良く覚えていませんが。)
蟹をむさぼりながら、ビール、紹興酒を飲み続ける日本人たちを、
ほぼ満員の食堂のお客さんたちは、呆然と眺めていました。

という訳で、12月の旅日記は省略します。(どういう訳で?)
今年も慌しい一年でしたが、
旧中心市街地活性化法に基づく街づくりが全国で成就しようとしています。
微力ながら、NPO活動で事業立ち上げのお手伝いをすることができたトムラー一同は、
ゆっくりと正月の酒を楽しむことができます。(まだ飲むんかい!という声が聞こえます)

来年は、新活性化法を活用したまちづくりの支援に全力をあげたいと思っております。
皆さん、よいお年を。



次回へ続く・・・


トップ