part79


1月某日
毎年恒例のショッピングセンター協会主催の横浜シンポジウム。
中心市街地の天敵である郊外型大型店と手を握り、
改正まちづくり三法の基でコンパクトシティを目指そうという微妙なシンポジウム。
「いま再び駅前再開発!」と題して、TOMネット東京会の専門者会員がリレートーク。
中心市街地の地権者や商店街が市街地再開発事業で
面的な整備をしたところに、デベロッパー等が事業参画して
運営も担当するという仕組みを提案。
TOMネット大阪会からトレードされてやってきた建築家や
福祉NPOの副理事長の真面目なコメントが続く中で、
一番目立ったコメンテーターは、講演の途中でハプニングのように見せかけて、
大道芸人をステージの上に登場させた「ド派手なイベントプロデューサー」。
さすがに集客力が自慢だけあって、
通行客も惹きつけて立ち見客まで出るほどの盛況となった。
TOMネット一座の打ち上げは、例年、横浜中華街で紹興酒のボトルを並べるはずだが、
今年はなぜか、参加申し込み者が5〜6名しかおらず、
中華街の予約をキャンセルして少数精鋭で桜木町近辺の居酒屋をひやかす事にしていた。
ところが、シンポジウム終了後からゾロゾロと集まりだすトムラー・・・
(打ち上げと聞いて集まらないはずがないのに、読みが甘かった)
結局16名が居酒屋を求めてぞろぞろと歩き出す。
ようやくライオンの一角に席を作ってもらい、3時間宴会。
中華街にしておけばよかった。(ライオンさんに恨みはありません。)

1月終盤〜2月序盤
秋田県横手市の豪雪地帯から埼玉県桶川市恒例の夜間勉強会(しかも土曜日)を経由して、
20度ポカポカの那覇へ。
市役所さんと打ち合わせをし、TOMネット沖縄会の面々と泡盛を飲み倒し、
翌朝には、羽田経由で秋田へ戻る。
翌日は、再び羽田空港経由で北海道旭川空港、さらに雪道をレンタカーで名寄市到着。
市役所さんや商工会長さんと再開発の打ち合わせをして、
翌朝車のエンジンをかけようとしてもなかなかかからない。
マイナス27度だそうだ。3日前の沖縄と実に温度差50度近く。
さらに札幌に一泊だけして、今度は福岡県大牟田市。
翌日、秋田、那須塩原・・・あとは記憶がありません。
一番悩むのが服装。
着脱式のライナー付きのコートに、雪道対応のシューズを履いて、後は脱いだり着たり。
昨年から、しばらくぶりに街づくりの現場にも入ろうと決意、いざ動き出すとちょっと凄すぎた。
年度末までは、こんなペースなのでしょうね。


ところで、2月21日は、「TOMネット10周年記念事業第一弾!」、
名古屋会会長、北海道会会長、大阪会会長という三大学者会長による「東京フォーラム」が始まる。
この先生方は、「うわばみの元さん」「北海の暴れん坊教授」「ピエ〜ル先生」という愛称で、
我が旅日記にもたびたび登場する、行動派、現場派、実践派、日本酒派の三巨頭です。
もちろん、例年通り国土交通省の課長補佐さんや、中小企業庁の課長補佐さんも参加して、
まだわかりづらい改正まちづくり三法の解説もしていただきます。
終了後の嵐の打ち上げにも参加して個性的なトムラーたちと飲み放題一本勝負も体験できます。
今すぐお電話を。(テレビショッピング風)

次回へ続く・・・


トップ