2月某日
いつものメンバーで北東北シリーズ。
秋田県鹿角市では、中心市街地活性化事業への参加者を決めるため、
地権者の従前資産(再開発上の土地、建物の評価)の概算額を
TOMネットの専門者会員が算出し、個別にヒアリングを行って
参加の意思を確認する予定。今日は、その内容の説明会。
「再開発が失敗したという話を聞いたけれど・・・」
「それは再開発事業が失敗したのではなく再開発ビルの
テナントが倒産したんですよ。」等々具体的な質疑が続く。
3月には会員5〜6名が数日間常駐してヒアリングする予定。

鹿角の説明会が終了後、急いでレンタカーで五所川原市へ。
中心市街地活性化推進協議会の会長さんがとても熱心に
連絡を下さるので短期間に3度目の訪問。
いつもは役員会の勉強会だが、今回は全会員に声掛けをして
市のご担当にも参加頂いての勉強会。
市で進めている都市再生区画整理が万一合意形成に
時間がかかることが予想される場合、
部分的に再開発を先行させる手法について説明したが、
まずは、協議会自らが区画整理の実現に向けて
合意形成作業を進める事が大事。
活性化は「民間主導」の時代。
いつもの事ながら夜の9時過ぎからの懇親会。
「馬鍋」(というのだろうか)をご馳走になりながら、
引き続き活性化手法勉強会。
その後はTOMネットメンバー(4名)で朝4時まで開いている
居酒屋でまたまた「馬刺し」で反省会。馬の夢にうなされそう。


2月某日
雪祭り真っ只中の札幌へ。
会場は日本語以外の言葉が飛び交っている。
特に、台湾、香港等の熱帯の国のお金持ちにとっては
雪の降る国でのリゾートがステータス。
いきなりスキーやスノボは無理なのでだれでもすぐに乗れる
スノーモービルが大人気。
今後、札幌に限らず、雪国の冬の観光では海外に目を向ける事が有効。

5月にTOMネット内に設置することを予定している
「北海道活性化センター」(都市型新事業の育成や道内企業の再生を
NPOの立場で支援する組織)の準備に向けて、
村松弁護士(TOMネット北海道会長)とともに日本経営士会の
北海道支部長さんにお会いする。
東北支部長さんにはTOMネット東北会の理事をお願いしているが、
北海道でも異業種の専門化が連携をとって
北海道の再生に向けて活動していきたいものだと話は尽きなかった。


2月某日
佐渡両津市へ。
今回はいつものTOMネットのメンバーに加えて、今、全国の市町村から
引っ張りだこのイベントプロデューサー、
ハーレー岡本氏(TOMネット地域イベント開発研究会座長で
純粋な日本人です)が一緒。彼は世界の大道芸人を引っ張ってきて
地域起こしのイベントを仕掛けるのを得意としているが、
本人のコスチュームの派手さが佐渡ではヒンシュクをかうのではと
なかなか連れて来れなかった人。
今回も真っ赤な衣装が雪の佐渡で島民の目を引いていた。

両津市の構造を変えるハード面での計画は着々と進行しているが
新たな島のテーマ「神々の渡る島」を全国、
海外にアピールするための手法について、岡本さんと
三浦さん(商業計画の専門者会員)に提案してもらった。
夜は不死身の幹事長も加えて佐渡の地酒の飲み比べ。
真っ赤な服の人は佐渡を充分堪能してフェリーに乗っていった。

翌日は、商工会の皆さんと「ソフト事業」案についてみっちり意見交換。
両津市の基本計画ももう最終段階。


2月某日
久々の東京。
中小企業庁へおじゃまして来月開催する「再開発コーディネーター協会」の
技術研究会での講演内容について打合せ。
区画整理や再開発とリノベーション補助金や高度化資金を組み合わせる
場合の手続き等について意見交換。全国の市町村や商工会等に案内が
行っていると思うので興味のある方は是非参加を。
3月12日午後2時からです。(問い合わせは事務局まで)

旅行代理店と第5回まちづくり組織調査団の派遣について打合せ。
今年は6月15日からアメリカ南部の
サンアントニオとニューオリンズを訪問する予定。
いつもお世話になっている行政や商業者の皆さんにはもうすぐ
案内が行くと思いますので是非TOMネットの会員と
アメリカのまちづくり組織について勉強してきましょう。


次回へつづく・・・