part82


4月吉日
栃木県那須塩原市(旧西那須野町)市街地再開発事業の解体工事安全祈願祭。
大型空き店舗を地域の有志が買い取り、周辺の老朽化した店舗と共に再開発して、
地域の新しいコミュニティセンターを作る中心市街地活性化事業。
思い起こすと、この旅日記の第一話に出てくる栃木県大田原市で開催した「中心市街地
活性化フォーラム」で西那須野商工会の事務局長さんと出会ったのがこの事業の始まりだった。
今回の旅日記が第八十二話になるので、もう6年以上前になるはず。
いろ〜んな事がありましたが、行政の皆さん、地権者の皆さんの熱意で
ついにここまで漕ぎつけましたねえ。
TOMネット東京会のメンバーも、TMO構想をつくるための「市民ワークショップ」に
たくさん参加してくれた。
ついでに、ここの近くで「代表理事杯争奪 大ゴルフコンペ」も開いた。
感傷的になるのは似合わないのでこのへんにして、まだまだ竣工までの一年に
やらねばならない事をきっちりとやっていきましょう。
地域住民のためのスーパーマーケットにプール、そして地域コミュニティ再生のための
大型アトリウムを取り囲むユニークな専門店。
まちづくりの市民運動として、地域住民の皆さんにも是非この事業に参加してもらいたい。
この日の夜に、再開発組合主催の花見が開催されるが、私は重要会議で戻らなければならず、
不死身の幹事長とM研究員を残して後ろ髪を思い切り引かれながら東京へ。

ところで、急に悲しい話になりますが、7年前、恵比寿にホテル替わりのマンションを借りて、
周辺の飲み屋を探訪した時に、広尾商店街の真ん中でもの凄くレトロな店を発見。
一見、昭和40年代の喫茶店。
しかし、外まで大きなカラオケの声が響いている。
迷わず中に入ると、平均年齢70歳位の老若、もとい老老男女(関係者がいたらゴメンナサイ)が
店一杯にあふれ返っているではないか。
カウンターの中のバーテンは、オヤジ3人。
しかもその内二人は70近い。(最年少のバーテンで私と同じ年齢である事が後に判明)
マスターと思しきオトーサン(以後ずっとこう呼んできました)に聞くと、この場所でこの店のまま
40年以上営業しており、今日来ている常連さんも大半は30〜40年のつきあいらしい。
何度か通っているうちに、私がお客さんの中で最年少という位置を占める店は、
もうこの十年以上ないだけに「年上の女」とデュエットしたり、先輩グループに入れてもらって
ワインを御馳走になったりと我が酒飲み人生の一部に完全に組み込まれた店になっていった。
さらに驚いたことに、マスターは西那須野出身で、当時の商工会長と小学校の同級生だという
ではないか。
時々、西那須野の再開発事業がどのように進んでいるかを話すと、目を輝かして聞いていたのに、
この安全祈願祭の話をする直前に、突然の訃報。
主を無くして、40年以上続いたこの店も閉店――
冥福を祈ります。


4月某日
経済産業省と農林水産省が「農商工連携による地域再生」という施策を発表した。
TOMネットでも昨年、北海道美瑛町で、有名シェフと農協が共同で地元特産品を使った
ベジタブルレストラン等を併設した「美瑛選果」というブランド開発プロジェクトをお手伝いした。
今年は、本格的に農村漁村のまちづくり支援を柱にしようと考えており、6月6日に開催する
「山梨まちづくりフォーラム」の共催について両省にアポをとると、経済産業省に農林水産省の
ご担当が来ていただけるとの事。
本当に「農商工連携」なんですね。
同行者は、スピリチャル専務、鼻歌の商業コンサル、ド派手なイベントプロデューサーという個性的な面々。
金色に輝くシューズにサングラスという、役所の皆さんがギョッとする衣装のド派手な
イベントプロデューサーが「はじめまして、ハーレー(いわゆる芸名)と申します。」と殊勝にご挨拶。
スピリチュアル専務の丁寧な説明に納得いただき、ご協力いただける事になりそう。
「農商工連携によるまちづくりフォーラム」は、今年北海道から沖縄まで全国で開催していきますので、
ご期待ください。

また、「美瑛選果」支援の経験を活かして、「食のパレット北海道」(TOMネットホームページの
トップページからも入れます)という北海道の農協、漁協が集まったポータルサイト開設についても、
多くのトムラーが協力している。
今後、全国の農協、漁協、そして市町村にも参加してもらって、安全で個性ある地方の特産物を活用して
「地域再生」に取り組みたいと、久々に真面目に考えております。


4月某日
大牟田の会議のために福岡へ飛ぶために羽田空港へ行くと、天候不良により欠航の表示。
鼻歌の商業コンサルは、朝一番の飛行機ですでに福岡に着いているらしいし、今日はいつもよりも
多数の関係者が揃う会議なようだが、飛行機が飛ばないのではしょうがない。
恵比寿へ戻ってプール、サウナそしてビアホールと思いがけない空白の一日を楽しもうかと思って
いると、スピリチュアル専務登場。

「熊本空港へ飛んで、レンタカーで飛ばせば間に合いますよ。」

なんと優秀な専務理事なのでしょうか。(コノヤロ)


4月某日
秋田市の新しいプロジェクトのために、ビタCジュンチャンと同行。
この方のビタミンC依存率は、日に日に激しくなっており、風邪をひいてもビタミンC、
お腹が痛くてもビタミンC、二日酔いにもビタミンC、打ち身ねんざにビタミンCと、
いつも大量の粉末を持ち歩き、食事や飲酒の前に水に溶かして大量摂取する。
この日の夜も、粉末大量接取後(私は飲みません)最近お気に入りの居酒屋へ繰り出す。
この店では、「雪の茅舎」という日本酒を杉の桶に入れて柄杓で枡に入れて飲ますという
パフォーマンス型宴会を売りにしている。
また、この酒がうまい。
「とりあえずビール」を3〜4本ほどやっつけてから、そろそろ「雪の茅舎」桶入りを注文しようとすると、
店の兄さんが「あのう、この桶には八合入りますが、よろしいですか。」と問題発言。
いつもは、3〜4人でくるので、気にしたことはないが、今夜は二人きり。
この後にもバーへ行ったり、最後にラーメン屋で餃子&ビールをいただいたりする余力も
残しておかなければならないしと迷っていると、
「杉でできた丁度一合入りのふた付き容器もありますけど・・・」と兄さん。
それでは、それをそれぞれ一本づつもらい、いぶりがっこなんぞを肴に、
ちびりちびりと穏やかにやりましょう。そうしましょう。

結果は、それぞれ一合枡5本づつ、そのあとラーメン屋で餃子とビール。
やっぱりねえ。


4月某日
先週に引き続いて、秋田県横手市市街地再開発事業解体工事の安全祈願祭。
ここは、西那須野より二年ほど遅れてスタート。
市長を始めとして、市の担当の皆さんの熱い思いと組合員、特に理事の皆さんの
粘り強い努力がこんなに短期間での着工に結びついた。
「ダウンサイジング再開発」自力更新低容積再開発と国土交通省の皆さんにも
注目していただいている地方都市のモデルとなる事業。
ここの思い出も限りなくあるが、西那須野も横手も解体工事が終わって、本体工事が着工するときに、
関係者の皆さんと朝まで語り明かしたい。

次回へ続く・・・


トップ