part84


5月某日
全国縦断飲み倒し総会シリーズもいよいよ終盤。
今日は、TOMネット東北会の総会です。(もう仙台では東北弁は聞かれなくなりました。寂しい。)
勉強会は、ビタCジュンチャンによる「海外まちづくり組織調査団」参加報告。
生涯二度目の海外旅行との事で、たくさんの写真スライドをもとに、理路整然とした解説。
ジュンチャンは、パース市の自由時間にゴルフを楽しんだようだが、
知っての通りオーストラリアは蝿が多い。
バーディ狙いで慎重にロングパットを沈めようと構えるが執拗な蝿の攻撃に集中できない。
思わず力強く蝿を追い払ったはずの手がメガネに当たり、レンズが粉々。
それ以来、遠近両用のメガネ無しでプレイ、悲惨なスコアになったようだ。(北海の暴れん坊教授からの情報)というような話は一切なく、格調高い講義でした。
会員交流会は、恒例となったシティホテルの中華レストラン貸切、何でも持ち込みOKの大宴会。
会員が持ち込んだ秋田や青森の銘酒がずらっと並び、一杯づつ味見をするだけで酔いが回ってくる。
さらには、高そうなワインや紹興酒も登場し、テーブルにはあらゆるグラスが乱立、大チャンポン。
TOMネット恒例の一分スピーチでは、某有名劇作家の義兄弟であるヒゲの建築家が、
この日還暦を迎えた事を発表。
他人事ではないと複雑な思いを酒で紛らわせるオジサンたち。
大盛り上がりで宴会終了・・・と思いきや、近くの居酒屋貸切二次会に突入。
この店でも銘酒、銘焼酎を飲み続け、気が付くと特別参加のド派手なイベントプロデューサーが
酔いつぶれて寝ていた。
東北の夜は濃い。


5月某日
ラス前(そういえば最近中国語研究会が開かれてないですね)は、昨年発足したTOMネット沖縄会の総会。
勉強会は、たまには仕事をしなければと私が担当。
「農商工等連携によるまちづくり」がテーマ。
東京、大阪、名古屋、九州から特別参加している会員も多数。
居心地のいい沖縄でのイベントは参加率が高い。
交流会は不思議なスタイル。
座敷にテーブルを囲んで着席するが、あるのは泡盛とビールだけ。
料理は部屋の一角に立食パーティのように並んでいる。
皆、皿を持って料理を取ってきては座って食べる。
宴会が進むにしたがって、席が入れ変わっいく。
立食のように疲れないし、席が変わるのでいろいろな人と話ができる。
沖縄方式なのかどうか知らないが、これはいいかもしれない。
二次会はいつものように、「涙そうそう」のロケ地となった居酒屋。
一升瓶の泡盛を飲み尽くし、解散。
実は、翌日にほぼ同じメンバーが参加する宴会があるので今夜は控えめ。
私も早く寝ようと思ったが、ホテルのそばの赤提灯が輝く居酒屋がなぜか気になる。
ビール一杯だけと思って入ってみると、案の定地元の人たちばかりが
じっくりと泡盛を飲んでいるいい雰囲気の店。
メニューにはたくさんの銘柄の泡盛が載っているので、「くせの強い泡盛はどれ?」とオカミサンに聞くと、
周りのお客さんたちまでが、「これがいい」「いやあれだ」と大議論。
・・・という事で、今夜も泡盛どっぷりの夜でした。


5月某日
翌日は、2年近くたくさんのトムラーが支援してきた牧志地区再開発準備組合の総会。
行政の皆さんや商工会議所の皆さん、関係権利者の皆さんがたくさん集まって
事業の実現に向けてエールを交換する感動の懇親会。
「いよいよ本番」と気合が漲る理事長、副理事長の挨拶に参加者全員が引き込まれていく。
久々に良い宴会だった。
二次会、三次会と議論が活発になるのが沖縄流。
最後は、理事長とハグ&チュー(気色わる〜)でお開き。


5月某日
長かった総会シリーズも、今日の東京本総会で完結。
例年は原宿のコジャレたイタリアンレストラン貸切宴会だが、今回は渋谷のTOMネット本部隣の
エスニックレストラン貸切宴会(いつでもどこでも貸切です)。
沖縄方式を取り入れて、着席、移動有り3時間飲み放題一本勝負。
一分スピーチだというのに5分以上話す「チワチワ会長」と「ギリー理事」。
(二人とも久々の登場です。名前の由来を知りたい方は、過去の旅日記を探してください。)
TOMネット九州会から特別参加の「色の道を究めた」オネーサン(色彩コンサルタントです)は、
新理事就任のご挨拶。
新人のモーグル事務局員の事を聞きつけて、某大手不動産会社の独身スタッフが
「僕もモーグルやってます。」と名乗りを上げ、遂にモーグル研究会が発足するらしい。
二次会は、TOMネット発足以来、お約束になっている恵比寿のカラオケスナック貸切歌合戦。
北海道会から参加しているボーイソプラノのコンサルタントにド派手なイベントプロデューサーのだみ声が重なり、グループサウンズメドレー(古い)が店内一杯に響き渡る。
こうして一ヶ月に及ぶTOMネット総会シリーズも無事終了いたしました。

この旅日記を読むと、飲んでばかりいる不純なNPOのように思えますが(その通りですが)、
6月からは、農水省、経産省、国交省の皆さんの協力を得て、
「農商工等連携による地域再生フォーラム」全国14連発をスタートします。
農業、漁業の担い手と地域の中小企業や商店街が手を組んで「地域コミュニティ」を再生する方策を、
「素面の」TOMネット専門者会員が提言します。
ご期待ください。


次回へ続く・・・


トップ