part85


7月某日
ある日突然、今のような生き方でいいのかと思った。
この歳になって人生の方向を変えてしまってもいいのかという声も聞こえてくるが、
思い立ってしまったものはしょうがない。
思い起こしてみると、私の人生には「観光する」という事や「歴史を探訪する」という行動がなかった。
たとえば、こんなに度々京都へ行くのに、高校の修学旅行以来「寺巡り」や「哲学の道の散策」なんぞという事をしようと思った事が無い。
祇園祭も大文字送り火も見たことが無い。
大阪に行っても通天閣で「串揚げでビール」という生活はいつもの事だが、大阪城にも行った事が無い。
毎日全国を走り回っているが、名所旧跡には全く縁が無い・・・というか興味が無い。
海外についても、毎年「TOMネットまちづくり調査団」として様々な国を訪問したが、
ルーブル美術館とサグラダファミリア以外は記憶に無い。(もちろん仕事の記憶はありますが)
シティボーイの私としては、街なかで店を見たり、使ったり(飲み食いしたり)する事が一番心地良かった。
それなのに、そんな人生に疑問が・・・・
遅ればせながら、地方へ行く機会があれば(年間250日ぐらいあります。)事前にHP等で情報を仕入れ、
東に名所旧跡あれば直ちに訪ねて俳句なぞひねり、西に名物あれば目をつぶって食し、
できれば写真等も撮り、お年寄りの昔話を聞き、格調高い旅日記を認める、
そんな文化人になりたいと思った。

さっそくながら、その第一弾。
今日は、灼熱の沖縄。
いつも旅日記に、こんなに沖縄に来ているのに「青い海、白い砂浜」を見た事がないと書きながら、
あえて機会を作ろうとしてこなかった。
人生を変えた私としては、まず「青い海、白い砂浜」を眺めるところから新しい生き方を始めたい。
しかし、沖縄でも、仕事で来ているここは那覇。
ホテルにあるガイドブックを見ても那覇にはビーチリゾートの名所が見当たらない。
市内地図を見ていると、見つけました。
その名も「波之上ビーチ」。
ホテルから約二キロ。
今は午後4時半。
方角的には夕陽が見えそう。
歩きました。
30分。
夕方でもやっぱり灼熱。
青い海、白い砂浜、夕陽に向って「ばかやろう」と叫ぶ姿を想像しながら、全身汗にまみれて遂に到着。
白くない普通の砂浜、濁った海、しかも工事中、監視員のオジサンがひとりで対応できるロープで囲まれたプールのような遊泳区域。
新しい人生は早くも挫折。


7月某日
沖縄での挫折から何とか立ち直り、新しい人生第二弾は、福岡。
福岡も数限りなく来ているが、見たのはドームの王監督ぐらいしか思い浮かばない。
ところが心がけが変わると新しい人生は向こうからやってくるのですね。
大牟田の打ち合わせが終わり博多へ戻ると明朝はあの有名な「祇園山笠」のクライマックス「追い山」ではないですか。
昔、NHKの朝ドラ「走らんか」で、何と勇壮な祭りがあるものだと思っていたあの山笠が直接見られるらしい。
一番山笠が走り出すのは早朝の4時59分。
屋台で芋焼酎を一緒に飲んでいる地元の鉄道の課長さんは、
「正しい山笠の見方は、早朝に起きて見に行くのではありませんよ。
前の晩から焼酎を飲み続け、酔いと共にどんどん気持ちを盛り上げたところで、
一番山笠のスタートを見るのですよ。」と教えてくれる。
それではそのようにと思いかけたが、明日は昼の飛行機で東京へ戻り重要な会議がある。
12時頃で屋台は切り上げてホテルへ戻り仮眠。
4時起床で同行の「鼻歌の商業コンサル」とロビーで待ち合わせて櫛田神社へ向う。
さすがに地元の人たちは正しい祭りの参加をしているようで、屋台や赤ちょうちんからぞろぞろと出てくる。
人だかりの櫛田神社前で何とか場所を確保し4時59分の一番山笠を待つ。
突然、マイクで「3分前」「2分前」と実況中継が始まり、「30秒前」の声で観客が一斉に携帯を掲げる。
いつからこんなおかしな光景になってしまったのか、
背伸びをしても折り重なるように上がっている携帯で肝心の山笠のスタートが見えない。
人の隙間からかろうじて一番山笠の走り出すのを眺め、人ごみを抜け出して広い通りへ出て見ることにする。
次々とやってくる山笠の集団に水をかける観衆。
テレビで見た光景に感動。
沿道では、おばさんが生ビールを売っている。
祭りに酒は付き物と鼻歌コンサルと夜明けの乾杯。
あまり人生は変わっていないようですね。



次回へ続く・・・


トップ