part86


8月某日

福岡で生き方を変えた私としては、次のステップとして、今までのダラダラと睡眠&スイミングで過ごしていた夏休みを「CHANGE!」(オバマ風)すべく誰もが予測できない驚くべき行動に出た。
昨年11月にTOMネット「まちづくり組織調査団」で訪問したばかりのマカオを再び訪れようという計画だ。
「たいして驚くべき行動ではないんでないかい。」と北海道方面から非難の声が聞こえてくるが、まあ聞きなさい。
4泊5日で行くマカオで、日本人では絶対に不可能、まして私の生き方としてもありえない、「ヨーロッパ型完全休暇」を決行したのである。
今までも、海外休暇はあったが、ガイドブックを熟読し、美術館を巡ったり、
新しいショッピングセンターを見に行って商店街再開発の参考としたり、近郊の町を鉄道でまわったりと「日本型セカセカ休暇」だったが、今回は、昼は、なあんにもしないでプールサイドでビールを飲んで過ごし、夜は寝るまでワインを片手にカジノで過ごすという、バカンス(バキューム)の語源通り、人間を空っぽにして(もともと空っぽだという話もあるが)今年度の後半戦に向けて英気を養うというものである。
どうです、ヨーロッパ的な夏休みでしょう。
ただし、彼らは一ヶ月以上休みますが、こちらは4泊5日とやや貧弱ですが・・・。

一日目
夏休みの確保のために、前日まで沖縄、大阪、桶川、那須塩原等と移動の連続なので、東京に戻ったわずかな時間に荷造りをして慌ただしく成田から全日空機に乗り込んだのは午前10時。
空港のラウンジでも事務所からの電話連絡が続いており、飛行機が離陸したこの瞬間から本当のバカンスの始まり。
機内食の和食をつまみに、シャンパン、ビール、日本酒と飲み継いで4時間、さらに香港の空港からジェットホイルで45分、マカオのマンダリンオリエンタルホテル、リゾートビューの部屋に入ったのはすでに17時になっていた。
バカンス気分を盛り上げるために、まずは荷ほどき。
洗面道具をバスルームに置き、サングラスや日焼け止め、キャップにゴーグル等の昼用リゾートグッズをデスクの一角に並べ、ジャケットやシャツはハンガーにかけ、下着とパジャマはタンスの引き出しに・・・・・!!

パンツ(下着)を忘れました。

何もしないバカンス、生活の事は何も考えないリゾートという目論見は初日からもろくも崩れ去った。
まずパンツを買うという、バカンスと最も遠いところにある作業から始めなければなりません。
ホテルのショップで売ってないかと館内を探訪。
エルメス、グッチ、ヴィトンetcというブランドショップしか見当たらない。
ホテルの周辺のスーパーで適当な安物パンツを買って使い捨てようと外へ出るが、
ダウンタウンから離れたリゾートホテルなので、そんな店はないようだ。
まあパンツ問題は、明日ダウンタウンに行ってからと思い、正しいリゾート生活をスタートするために、ホテルに隣接している巨大カジノへ向かう。
このサンズカジノは、昨年のまちづくり組織調査団が、副社長さんからマカオのリゾート開発について話を伺ったサンズ社の経営。
その節はお世話になりました。
マカオににラスベガスのエンタテイメント型カジノを持ち込み大成功、
今ではすでにラスベガスの売上を抜いている。
ラスベガスでは、ディーラーの技術が高く、ギャンブルというより時間消費型エンタテイメントとで、
客も殺伐としておらずみんなで盛り上がろうという体育会系の雰囲気。
そんな雰囲気を期待して踏み込んだ巨大カジノは、当たり前ですが中国人ばかり。
しかも掛け金の桁が違う金持ち中国人。
カジノの一角では、24時間ライブショーを行っているステージとそれを取り囲んでいる巨大バーカウンターがあり、そこはラスベガス風だが、私が参加しているルーレットやブラックジャックのテーブルの雰囲気は鉄火場そのもの。
誰もニコリともせず黙々と大金を張り、ひとり日本からやってきた庶民が小銭を張っているという構図。
描いていた優雅リゾートとちょっと違っていた。
まあ何はともあれ、午前二時までルーレット台とバーカウンターを行き来して初日のバカンス終了。


つづく

次回へ続く・・・


トップ