2月某日

栃木県西那須野町「まちづくりワークショップ」最終回。
年度末も近づいて忙しそうな会員を口説いて7名で参加。

まちの顔となる駅前ゾーンの景観と量販店周辺地区の
新たな商業集積、そして二核をつなぐ散策路の街並み
について最後の議論。我々他所から来たものには西那須野のイメージは
「水と緑の高原都市」だが、地元の人は和風の街並みという
イメージの人が多い。この日の議論をもとに残り一ヶ月で
実現可能な「TMO構想」をまとめなければならないが、まだネタが足りない。
九時過ぎ終了。そのまま東京へ車で帰る会員2名、翌日、新幹線で帰る
予定の会員1名、宮城県古川市へ行く会員2名、大田原市へ行く会員2名・・・・
ということで駅裏の立派な温泉ホテルへ5名で直行。
ワークショップ疲れでへとへとながら、ビールとおいしい食べ物を目指して
風呂にも入らず、館内の居酒屋へどやどやと。
ところが、居酒屋とは名ばかりで実体はラーメン屋さんだった。
やむを得ず、あるつまみをすべて注文したが、めざしとししゃもと卵焼きだけだった。
少し悲しい食生活だが気を取り直して、ビールと日本酒方面へ集中していると、
浴衣姿のオジサン3名が上機嫌でやってきた。
なぜかホテルの従業員がカラオケの機械を店内に運んできて、
オジサンたちはとめどなく歌い続け、ワークショップの反省会をしていた5名は
話ができなくなってしまい、ひたすら飲んでいると、飲みきれないほどの
日本酒がオジサンたちから差し入れられ、困惑していると
「ワシは、茨城の大金持ちで、金があまっているので飲んでくれ」と続けて
焼酎のボトルまで持ってくる。金色の指輪と時計がまぶしく、
喜ぶ会員とむっとする会員(私です)。といいながらもらった焼酎を部屋に持ち込み、
明け方まで飲みつづけた会員も多数。

翌日、大田原市の基本計画策定幹事会。
庁内の課長さんたちが横断的に参加して「まちづくりのテーマ」について熱い議論。
一年前から商工会議所が中心になって進めてきた再開発検討区域のあり方
についても次回の委員会で議論してもらう事に。

2月某日
TOMネット東北会の「TMO支援ゼミナール実践コース」。
3年目のゼミも残すところあと一回。五所川原市や鹿角市のまちづくり状況を会員が報告。
意見交換会(宴会のことです)の二次会は若者チームに合流。楽しい時を過ごした。


2月某日
今度はTOMネット東京会のゼミナール。
新会員の観光コンサルタントの方が講師。佐渡の活性化の参考になりそう。
いつのまにかどんどん会員が増えており、会場は立ち見まででるありさま。
「意見交換会」の居酒屋は貸しきり状態。なぜか二次会も同じ店内で席を替えただけ。
新年度には、大阪会と九州会も立ち上げる事になってしまったが体力の限界。


2月某日
TOMネット北海道会の講師をしてもらった太陽財団の理事長さんに
財団が経済的に支援する市町村を審査する委員会の委員を依頼され札幌へ。
たくさんの市町村がまちづくり活動の計画と活動予算を申し込んでおり、議論がつきない。
大分予算をオーバーするも太っ腹の理事長さんの一言で決着。
他の県にもこんな財団がたくさんできればいいが。

北海道会のゼミナール。今年もたくさんの市町村等に参加してもらったゼミナールだったが
北海道会は一応これで終了。あとは3月の「北海道活性化フォーラム」のみ。
そろそろ肝臓が心配になってきたが会員と深夜まで。

2月某日
茨城県龍ヶ崎市「コンセンサス形成事業」発表会。
TOMネット東京会のメンバー5名でパネルディスカッション形式により報告。
イベントの専門者会員、建築計画の専門者会員、再開発の専門者会員等様々な
観点から龍ヶ崎市のまちづくりについて意見発表。
「レトロは地球にやさしい」という時代にあったテーマで次年度TMO構想の策定に
取り掛かることで今年は終了。
JR佐貫駅前の居酒屋で派手に打ち上げ。
店中の酒と肴をたいらげる勢いは終了後の常磐線車内まで続いた。



次回へつづく・・・