part93

4月某日

今日は、TOMネット10周年記念シンポジウムの日。
東京、札幌のまちづくり仲間が集まって、「日本で最初のまちづくりNPOをつくろう!」と酒を飲みながら盛り上がったのが12年前。
もっと仲間を増やそうと、ギリー理事の事務所で説明会を開催。
私の熱弁を眉に唾をつけて聞いていた若手ゼネコングループも、最初からド派手な服装でやってきたイベントプロデューサーも今や正真正銘の「アラ・フォー」。
そして、堺屋太一経済企画庁長官の認証で本当に日本で最初のNPO(十数団体のひとつ)になったのが10年前。
経済企画庁のご担当とさんざん議論しながらも、定款に「街づくりの知識、経験があるもの」しか会員になれないと謳い、特別な会員募集もしなかったが、気が付くと、北海道から沖縄まで6支部、300名の団体になっていた。
国のご支援をいただいて全国で開催する「まちづくりフォーラム」、市町村へ出向いて地元の皆さんとワークショップをする「現地相談会」、会員のお勉強会「まちづくりゼミナール」等々、すべての行事に「飲み放題付き交流会」がセットされ、クラブ活動のようにゆる〜く活動してきたのが良かったのでしょうか。

シンポジウム会場は、いつもの地味な会場と違い、日本庭園に面した立派な会場。
演題には生花までまで飾られている。
開会の二時間前から、実行委員会のメンバーが勢揃いして準備。不死身の幹事長が統括プロデューサーとして采配を振るっている。
別室では「まちづくりリレートーク」の出演者がリハーサル中。コーディネーターは、何とド派手なイベントプロデューサーがデビューするようだ。
北海の暴れん坊教授、大阪のピエ〜ル会長(いずれも大学の先生です)、小倉の色物コンサル女史、鼻歌の商業コンサル等々多彩なメンバーが今や遅しと待機している。

基調講演は、NPO認証のご縁から堺屋太一元長官。
今回は会員に加え、一般客も多数参加するようで、実行委員会のメンバーも緊張して準備。
いよいよ開幕。

不死身の幹事長から「堺屋先生は1時半の出番に向けて40分前に到着するので、代表の挨拶は1時25分終了、時間厳守!!」と強く釘を刺され登壇、演台に時計を置き25分終了と言い聞かせてご挨拶開始。
私にしては珍しく手際よく話を進め、残り時間5分のところでまとめに入ろうとしていると、演壇の端でモーグル事務局員が必死な形相で手を横に広げるおかしなゼスチャー。
どうやら、話を引き伸ばせとの合図らしい。
今まで、コンパクトに話をまとめようとしてきたものを、急に引き伸ばせと言われても、玉置宏(古い)じゃないので戸惑ってしまう。
だいたい何分伸ばせばよいのかもわからず、とりあえず支離滅裂になりながら、どこかの街の街づくり事例を話し始める。
何とか10分ほど話した頃、今度は鼻歌の商業コンサルが突然ステージに上がってきて、何か書いた紙を演台に置いて去っていく。
その紙には、「堺屋先生到着まであと20分引き伸ばしてください。」と書かれているではないか。
高橋圭三(もっと古い)じゃないので、もう限界。
会場の皆さんに「堺屋先生の到着が遅れており、あと20分引き伸ばせと言われてますが、どこまでできるかわかりません。」と素直に懺悔。
10分話したところでネタ切れ、ギブアップ。
名古屋から駆けつけてくれたTOMネット創業時からの名司会者にバトンタッチして引き上げる。
いろいろありましたが、堺屋さんの「今こそ!歩いて暮らせるまちづくり」という基調講演はすばらしく、その後のTOMネットメンバーらによるリレートークも面白く、講演会後の、一般参加者を加えた立食交流会(立食は苦手ですが今日だけは止むを得ません)も盛大に行われ、10周年記念行事は無事に終了。

これからが、TOMネット会員による本当の打ち上げ大宴会。
原宿の居酒屋の二階を借り切り、刺身食べ放題、日本酒飲み放題、議論し放題、無制限一本勝負(居酒屋のオバチャンごめんな)。
すでにろれつが回っていないギリー理事が、12年前の北海道層雲峡温泉再開発の話を始めると、このプロジェクトに参加した北海の暴れん坊教授やイクゾー元専務がうるうる。
隣りでは、完酔いの不死身の幹事長がテーブルにつっぷしている。
「80になっても仕事していたぁい。」とスピーチするスピリチュアル専務の横で「仕事しすぎて体こわしたぁ」と言いながら芋焼酎をあおっている九州会の会長。
わけがわからない「ノムネットワールド」に突入して数時間、店を追い出されたトムラーはさらなる酒を求めて夜の街へ繰り出したらしい。


国や全国の行政の皆さん、そして我々の乱入を笑って受け入れてくれた地方の皆さん、おかげさまでNPO認証10周年を迎えることができました。
これからも、全国のそしてアジアのまちづくり支援を使命としてNPO活動を続けていきます。
ありがとうございました。
全国の会員もそろそろ本業リタイアの時期を迎えるメンバーも出てきましたが、これからが本当のNPO活動です。
たくさんの仲間と共に社会貢献活動、居酒屋貢献活動を続けていきましょう。

次回へ続く・・・


トップ