part95

8月某日からの一週間

北海道千歳空港から一気に福岡空港へ降り立つとすでに夕暮れ。
温度差十数度。
明日の会議のために前入りしたので、東京事務所のスタッフは来ていない。
ホテルにチェックインしてから、ただちに「五島のサバ」を求めて博多の街へ。
日曜日なので、TOMネット九州会のメンバーには、穏やかな家庭生活を壊さぬよう、
声を掛けていない。
しかし、休日でも営業している店を知らないので、昨日のうちに九州会の
「アイドル事務局長」に電話をして、祇園の「魚のおいしい店」を聞き出しておいた。
汗をかきながら何とかたどり着いたその店は「定休日」。
「責任者出て来い・・・」と言いたいところだが、いつもわたし好みの店を開拓して
待っていてくれる「アイドル事務局長」に文句は言えない。

さてどうしたものかとウロウロするが、開いているのはチェーン店ばかり。
ふと思い出したのが、以前、何度か深夜に寝酒を飲みに行った、駅のそばの居酒屋。
少しだけつまんだ刺身が旨かったような気がする。
開いてなければ、いよいよ「ワ○ミ」か「○木屋」と覚悟を決めてタクシーで乗り付けると
店内に明かりが・・・。
恐る恐る引き戸を開けると、賑やかなお客さんの声。
入口近くの小上がりは、ほぼ満員。
店の奥にある、たった三席のカウンターに案内される。(いつも寝酒はこのカウンター)
左端のお客さんは、大きな旅行カバンを脇に置いて、夏だというのにひとりで鍋をつついている中年の女性。
真ん中の席をはさんで右端に座り、「本日のメニュー」を眺めると、ありました。
「今朝仕入れたばかりの五島のサバ」。
店のオネーサンに、「五島サバのゴマサバと刺身と瓶ビール」(以前この旅日記に書きましたが、この違いをしっかりマスターしたので、このような注文になります。)をただちに発注。
カウンター内の板さんは、小上がりの団体客用の料理で忙しそう。
こんな時、三席だけのカウンターに座っている二人の客(私も含みます)は、間が持たず白木のカウンターに「のの字」を書きながらサバの到着を待つ。
「それならば、隣のお客さんに声をかけて一緒に飲めばいいじゃないか」と言う声も聞こえますが、私にも好みがあります。(お客さんゴメンなさい)
ようやくやってきた五島のサバは予想通りのうまさ。
ビールを地酒に変えて、暗く一人酒。
やがて私の窮状を見かねたのか、店のオネーサンたちが交代でやってきて、話し相手になってくれた。
今度は、TOMネットの面々をたくさん連れてきますからね。

(左:黒い斑点が特徴のゴマサバ  右:真鯖をゴマとタレに漬けて作るゴマサバ)

翌日は、大牟田で一日会議。
終了後、会議所のご担当から「ビアガーデンへ行きませんか」とお誘い。
どこのビルの屋上かと行ってみると、鬱蒼と草木が茂る、文字通りの中庭(ガーデン)。
唯一の欠点は、しつこい蚊。
蚊取り線香をものともせず襲ってくる蚊と戦いながら、枝豆と冷たいジョッキという正しい日本の夏でした。

福岡から一瞬東京へ戻ると、すぐに徳島へ。
夕方5時、6時と打ち合わせを済ませてから、地元の皆さんとの勉強会が始まったのは7時半。
したがって、関係者の方々が準備して待っていてくれた宴席に到着したのは9時半。
次々と地元の魚が出てくるが、閉店が10時らしい。
同行したイクゾー元専務と慌ただしく刺身を頂き生ビールをグビグビすると、もうタイムアウト。
食べそびれた立派な「鳴門の鯛」の蒸し物に後ろ髪をひかれながら、飲み直しに夜の街へ。

睡眠時間4時間、5時起きで朝一便の飛行機に飛び乗り羽田へ向う。
ただちに乗り換えて、今度は出雲空港。
この日は、松江のまちづくり研究会設立の日。
市の部長さんの熱意に、TOMネット東京会、大阪会のメンバーは感動、これから数年に渡るまちづくり支援活動をしっかり進めようと話し合う。
夜は、TOMネットの地元会員も交えて魚尽くし宴会。
次の日も早起きして、出雲空港から羽田を経由して今度は秋田空港へ。
横手の打ち合わせを終えて、今度は秋田空港から羽田へとんぼ返り。
この日は、一日三回飛行機に乗った。

さて、この一週間で私は何回飛行機に乗ったでしょうか?
そうです。
6日で8回です。
今年は、これからもこのようなペースが続きそう。

次回へ続く・・・


トップ