part97

二年がかりで徐々にダイエット、あと一歩で目標に・・・というところで一気にリバウンド。
原因は、中華料理。
二ヶ月連続で、台湾、香港マカオを訪問。
フカヒレ、アワビ、北京ダック、上海蟹等々を食べ尽くし、気が付くとこんな事に。
また二年という気力は無い。
もうどうでもいいやと投げやりなこの頃。


10月某日

TOMネット11回目の海外まちづくり組織調査団は、台湾の台中市訪問。
大地震から10年、日本をモデルにした再開発事業で見事に復興。
その苦労話を聞かせてもらうはずだったのが、どこで食い違ったのか、停滞している台中駅前再開発を動かす方法について相談したいと台中市長から要請があり、「海外版まちづくり相談事業」となった。
いつものように現地集合ルールに則り、北海道、東北、大阪、名古屋、東京から14名が台北のホテルに集結。
ナナチャンという通訳さんに案内してもらい結団式会場へ。(翌日は解散式ですが)
中華料理食べ放題、紹興酒飲み放題と、国内外どこでも同じパターンの宴会を終了して台湾名物「夜市」へ繰り出す。    

台湾の人たちは、夜、家でテレビを見て過ごすというような事が無いのでは、と思うほど毎晩たくさんの人が繰り出し、屋台で物を買ったり、食事をしたりしている。
博多の屋台と違って、酒を提供している屋台は無いようだ。
台湾では、あまり外で飲酒する習慣がないと聞いたことがある。
しかし、そんな事にめげる私たちではありません。
屋台で、焼き鳥やよくわからないものをたくさん買ってきて(ついさっきまで中華食べ放題をしていたのに)夜市の真ん中に配置されているテーブルに車座集合。
沖縄の再開発担当なので、いつもカリユシを着ているピアノが得意な東京会会員と、北海道の最年長都市計画会員が近くのファミリーマートに走り、大量のビールと白酒を買ってきて、花見状態の二次会開始。
台北の皆さん、ご迷惑をおかけしました。

翌日は、日本製車両の新幹線で台中市へ移動。
駅周辺はさすがに空きビル、空き店舗でひどい状態。
駅前をよこぎる川も汚れていて異臭を放っている。
日本統治時代に台湾総督府として日本が建設した美しい台中市政府(市役所)庁舎に到着。
「歓迎、日本市民、商店街実現区域振興計画組織 TOM NET」の幕に驚きながら会議室に案内されると、これがまた国際会議に対応できるような立派な会場。

正面には、「台・日区域再生振興経験交流座談会」という巨大な横断幕が、孫文総統に肖像画の下に貼られている。
そこに、市政府の方々、市会議員の方々、地元商店街の方々が多数着席されており、「商店街実現区域振興計画組織」の方々14名もおずおずと着席。
とても美しい経済発展局長さんから歓迎のご挨拶と記念品のネクタイを頂き、当方からのお土産の「白い恋人」(用意しておいてよかった)を差し上げて、会議スタート。
台中市の現状と課題をお話頂いた後、TOMネット方式の自力更新街並み形成型の再開発についてレクチャー。
途中から副市長も参加して予定時間を大きく超えて無事終了。
交流会は、地元青年会議所のメンバーも参加して紹興酒大量飲酒の大議論がいつまでも。
日本に戻ると、次回の相談会のオファーが届いておりました。


11月某日

3年連続のマカオ訪問。
日本でカジノを解禁する話が相次いでおり、街づくりプランナーの私としては、いまや世界最大規模のカジノ集積都市となったマカオをとことん研究せねばと、中華料理に辟易している胃腸をなだめすかして、「イヤイヤ」やってきた。
研究対象は、ルーレットとブラックジャックなのだが、今回は「大小」という中国人が最も好むゲームに挑戦。
ディーラーのころがす三つのサイコロの目の合計が大きいか小さいかを当てる単純なゲーム。
大金を張る中国人のお金持ちたちに混じって小銭を張って様子を見ていると、連続5回も「大」が続いている。
「お金持ち」は、「小」に張り続け、負けると倍、倍と張っていく。
その内、「小」に張る中国人が台の回りにどんどん集まり始め、もう私が小銭を張るための手も届かなくなった。
しかし、その後も「大」が出続け、何と20回以上も「大」。
倍倍と張り続けた人は、どうなったのかは人ごみで見えませんでしたが、手が届かなくてよかった。
恐るべき「大小」を中止して、慣れたブラックジャックへ。
昨年来た時は、ディーラーがまだぎこちなく、ただの「博打」のようであったが、今回担当の女性ディーラーは、ラスベガスのように「客を楽しませる」事ができるようになっていた。
まだまだ研究しなければならない事があるので、気は進まないが来年も努力しよう。

次回へ続く・・・


トップ