part98

1月某日

花火で有名な秋田の大曲は、周辺市町村と合併して「大仙市」となった。
今や地域にとって欠かせない存在となった大規模病院を核として都市再生を計画している大仙市で、「街づくり勉強会」に呼んでいただき、全国の街づくり事例のお話をすませ、初めて泊まる大曲の花火通りへM研究員と繰り出す。
大雪の中を、大曲らしい店を探して歩き回る事20分、「○○水産」(あのチェーン店ではありません)という立派な構えの店を見つけた。
中へ入ると、巨大な古民家風の造りで、板前さんも多数おり想像以上に良い店のようだ。
奥座敷へ通されそうになったが、我々には似合わないので、カウンターをリクエスト。
メニューを見ると、「本日のお薦め、キンキ」がたったの1400円。
売り切れないうちに(他にお客さんはひとりしか居ませんでしたが)キンキの煮付け二人前をただちに発注。小ぶりなキンキが出てくるだろうと思っていると、皿からはみ出さんばかりの立派な一品に、いつもはスナック菓子を主食としているM研究員は言葉を無くしている。

店のお兄さんお薦めの純米酒も進み、「初めて泊まるところなので、地元の人とふれあえる店へ行こう」と再び雪の中へ。
スナックがたくさん入っているビルの看板を見上げ、どこへ入ろうかと思案していると「どんぐり」という店を見つけた。
「どんぐり」は、札幌のススキノで40年以上営業している名物スナックと同じ名前。
ススキノの店は、ママを始めとして、従業員の平均年齢、六十数歳という店で、若いオネーサンが苦手(本当です)の私が唯一ボトルキープしているところ。

大曲の「どんぐり」へ入ると、誰も居ない。
カウンターの上に置き手紙、「スナック△△」で飲んでます。ママ」
廊下へ出ると数軒先に「スナック△△」の看板が見えたので、嫌がるM研究員を叱咤激励し、ドアを開けさせると小さな雑然とした店で、カウンターの内側(ママでしょう)と外側(お客さん)で、どう見ても70過ぎのオバーチャンたちが大きな声で話をしている。
よく見ると、もうひとり私と同年代のオネーサン(「どんぐり」のママでした)が焼酎を飲んでいる。
「まあどこから来たの?納豆汁飲まない?」と言っているように聞こえるが、定かではない。
横手で5年以上ヒアリングの訓練をしてきたが、早口のオバーチャンの言葉はなかなか聞き取れない。
それでも、たっぷりと地元の情報を教えてもらい、「どんぐり」のママの案内で、再び「どんぐり」へ。
店内を良く見ると、バーカウンターの奥には小上がりがあり、壁には「アジの干物 400円」というような紙が貼ってある。スナックと居酒屋が合体した店のようだ。
ススキノの「どんぐり」と同様に、大曲の「どんぐり」にも芋焼酎のボトルをキープして、地元の皆さんとのふれあいも無事終了。


1月某日

那覇で計画中の再開発ビルに、沖縄の伝統芸能のフロアを検討していたところ、「りんけんバンド」の照屋林賢さんが力を貸してくれそうなので、準備組合の皆さんと一緒にお会いしていろいろアドバイスをしていただいた折、アメリカ村の「りんけんバンド」のショーにご招待を頂くことになった。
ショーは、土曜日の夜なので、昼は、「ミスター都市計画」と言われている札幌から来たオジサンたちとゴルフをする事にした。
今や、年に3〜4回しかゴルフができない私の足元を見て、ミスター都市計画は「チョコレート握りましょう」と挑戦してくる。
日頃お世話になっている大先輩の申し出は断れないので、敬老精神で受諾。

さて、いつも自慢話など全くしない謙虚な私だが、以下の事だけは例外として記録したい。
勝負は白熱した16番ホール。
私のティーショットはキャディさんも驚く300ヤード超え。
ミスター都市計画が「汚ねえ、カート道に跳ねてあんなに飛んだ。」などとほざくが、運も実力と気にかけずセカンドショットを決めるべくボールのところへ行くと、何と目の前に二本の巨木がそびえたっているではないか。
ミスター都市計画の高笑いがゴルフ場にこだまする。
その時、以前テレビで見た「遼君」のミラクルショットを思い出した。
同様な状況で、巨木の左から大きくスライスさせたボールがピン横にピタリとついた場面をテレビで何度も繰り返し放映していた。
そのイメージどおりに目をつぶって振りぬくと、テレビ映像の再現のように、私のボールはピン手前3メートル、それをカップの真ん中にねじ込んでバーディ。
ミスター都市計画に止めを刺した。

・・・・実は、どうせダメだろうが、正面の木の枝の間を間違って抜ければと、クラブのフェイスを大きく開いて打ったところ、当たり所が悪くボールが大きくスライスして結果オーライになったものでした。

でも気持ちよかった。


1月某日

福岡県朝倉市街づくり相談会。
初めてなので、「乗り換え案内」でルートを探ると、天神から西鉄、甘鉄(甘木鉄道)を乗り継いで甘木駅へ行くらしい。念のため、天神駅で西鉄の職員に確認すると「西鉄久留米で乗り換えるといいです。甘鉄ではありません」と言う。しかし、「乗り換え案内」は、甘鉄乗り換えと主張するので、人間よりもITを信用して西鉄小郡駅から歩いて甘鉄小郡駅へ向かう。
甘鉄駅の古びた階段を上っていくと、踊り場に「居酒屋」の看板。
甘木鉄道さんも、生き延びていくのに駅舎の貸せるところはすべて貸そうと、踊り場居酒屋になったのでしょう。
思わず、ビール一杯と思ったが、これから相談会なので断念。
相談内容は、商店街の長いアーケードを撤去して中心市街地の再生をはかろうというもの。
地元各界の実力者が集結して熱心に議論。
懇親会は、立派な平目。
終了後、天神へ戻ると、童顔の建築家から呼び出し。
苦手なコジャレタ居酒屋へ行くと、良い事があったらしく、アイドル研究員が完全に出来上がっていた。

翌日は、博多から大牟田へ。
商工会議所の打合せが終わって、裏口を出ると、前から目をつけていたトムラー好みの鄙びた飲み屋街。
まだ、時間は早いがすでに提灯に明かりが灯っている。
一番近い店に入ると大曲のスナックと同じく、バーカウンターと座敷が一緒にある店(写真)。
おでんや焼き鳥もある店だが、まだ外が明るいのにカウンターでおじいちゃん達がカラオケで盛り上がっている。
店のママというかおかみさんが「歌でもどうぞ」と言ってくれるが、さすがにまだ素面では無理。
筑豊の同級生コンビ(童顔の建築家と九州会の会長)に、予定があるのにお付き合いいただいている会議所の若手スタッフも加わって、レトロな宴会となった。(会議所の偉い方、もう勤務時間は過ぎてますからね。念のため)

翌日、今度は大阪都島商店街の相談会に行くと、一昨日の朝倉と同様に長いアーケード商店街。
全国の商店街でも老朽化したアーケードを取り除く動きがあるが、はずした後にどうするかが問題。
商店街の本来の使命である地域コミュニティの場とするために、面的整備と景観作りが欠かせない。
政権交代で、新しい交付金が創設されたりしているが、具体的にどう進めるか全国の市町村は悩んでいる。

2月24日に「TOMネット 東京フォーラム」があり、その場で国のご担当から多少は情報提供があるかもしれないので関係者は是非参加を。


相談会終了後、ピエ〜ル会長や京田辺から母娘で参加している美人市会議員さんらと、日本の街づくりについて深夜まで。

次回へ続く・・・


トップ