part99

3月某日

TOMネット東北会の理事(不動産鑑定士)が仙台から札幌へ転勤する事になり、国分町の居酒屋で送別会を開催。
創立以来の理事で、全国の街づくり活動に大きな貢献をしていただいた。
50代半ばにして初の単身赴任は、厳しいのか楽しいのかわからないが、今夜は仙台の会員が別れを惜しんで飲み明かす。
ふと考えると、4月には北海道会でこの理事の歓迎会を開くのだ。
TOMネットは全国に支部があるので、会員がどこへ転勤しても仲間が居る。
以前にも「フクチャン」と呼ばれる会員が、東京で送別会、仙台で歓迎会を開いてもらったが、数年で東京へ戻る事になり今度は仙台で送別会、東京で再び歓迎会となったが、最後は自分で幹事をやっていた。
東北会の会員は皆「寂しくなります。早く戻ってきてください。」と別れを惜しんでいたが、私的には、海外でなければどこへ転勤されてもそこの支部で会えるので、別に寂しくは無い。
札幌には私の家があるので、ススキノやゴルフ場を案内するとお約束して終了。


3月某日

最近よく行く徳島。
市役所ご担当との打合せの翌朝、帰りの飛行機を夕方にしていたので、電車で高松へ向かう。
全国の街へ行っては、「これからの街づくりは文化と観光ですよ。」と叫んでいるので、自分も観光をしなければと、時間を見つけて全国の城と公園をまわっている。
あいにくの雨模様だが、目指す玉藻公園は、高松駅の目の前なので「ついで観光」にとても便利。
海とつながっている濠には、立派な鯛がたくさん泳いでおり、おいしそう。
広大な日本庭園を何も考えずぶらぶらと歩く。
何という贅沢! これで200円。
公園の後は、少しはお勉強と、丸亀地区の再開発施設を訪ね、ついでに讃岐うどんも食して立派な観光を終了。


3月某日

福岡県朝倉市の商店街へ行くため、二度目の甘木鉄道に乗車。
小郡駅の階段踊り場には、以前から気になっていた居酒屋があり、思い切って入店。
不思議な雰囲気の店内に、オバチャンが座っている。
聞くと、家賃代わりに朝から晩まで定期券を売りながら、昼は食堂、夜は居酒屋を数十年やっているそうだ。今度ゆっくり飲みに来るからと言い置いて甘木へ向かう。

甘木本通り商店街の勉強会を済ませてから急いで博多に戻る。
今夜は、TOMネット九州会の名幹事長が引退の日。
東北会の理事と同じように創立以来九州会の活動を盛り上げてくれた。
この旅日記にも「酔っ払い幹事長」としてたびたび登場した。
この方は、転勤ではなく無事定年退職。
毎日がゴルフ、マージャン、飲み会、習い事(男の手料理)と楽しそう。
感謝状を差し上げて、今後も名誉会員として交流会に参加いただくことをお願いしていると、何とあの「アイドル研究員」が、「私も会社を辞めるんです。」と爆弾発言。
会社は辞めてもTOMネットは辞めないことを切にお願いした博多の夜であった。







←甘木駅の踊場にある不思議な居酒屋。
童顔の建築家と共に撮影

次回へ続く・・・


トップ