TOMネットまちづくり支援実績

【No.7】平成23年7月竣工 秋田県横手市横手駅東口第一地区第一種市街地再開発事業
[地区の現況]
 本地区は、横手市の玄関口であるJR横手駅前に位置し、昭和40年代より始まった土地区画整理事業により横手市の玄関として街並みが形成され、中心市街地として発展してきました。しかし近年、交通体系の大きな変化と市街地の郊外化、特にインターチェンジ周辺に新たに建設された大規模商業施設群の影響等を受け、大型商業ビルの空きフロアの発生や商店街の空洞化が顕著になるなど、大きな問題を抱えています。さらに、駅前にある横手平鹿広域圏の中核病院である秋田県厚生連平鹿総合病院が平成19年4月に郊外に移転したため、その跡地と周辺地区への対策が大きな課題となっています。

[事業目的]
 JR横手駅東側地区において生じている空きビルや空き店舗など中心市街地の空洞化対策と鉄道バスの交通結節点としての都市機能の更新、また総合病院の郊外移転に伴う跡地対策と老朽木造家屋の更新を一体的対策として、街の再整備を実施し中心市街地の活用を目的としています。

[事業効果]
 総合病院の跡地活用と、駅前地区としての都市機能整備を身の丈に合った再開発事業で実施し、街の核のなる施設等を整備し、地域の交流と連携を促進する効果を目指します。
 同時に、中心市街地の再生とコンパクトな街で居住し続けるために必要な、住宅機能、商業機能、バスターミナル機能などを一体的に再整備するとともに、周辺部に波及効果を及ぼすことを期待しています。
【航空写真と全体図】
      

【エリアA 公益施設棟】
児童センターや健康増進施設を導入した公益施設棟です。 
■「Y2(わいわい)ぷらざ」 よこてイースト
横手駅からの視認性、横手市の顔づくりとしてのアピール度の高さを考慮し、1街区の西側、駅に近い位置に配置し、屋内イベント等に利用されるオープンスペースと「広場」が一体的に利用出来るように広場との連続性を重視しました。

鉄骨造 地上4階 約4,700u

■フロアガイド
1階 地域情報・オープンスペース
2階 横手市児童センター
3階 市民活動フロア
4階 健康の駅よこて東部トレーニングセンター
    など市民の皆さんの活動・健康増進・子育てなどに役立つ機能が入居しており、市民の皆さんや学生が気軽に 立ち寄って利用ができる場所です。

よこてイースト公式HPはこちら 

よこてイースト外観

2012年2月「雪遊びフェスタ」

2012年2月「雪遊びフェスタ」



2011年10月 「YOKOTE 音FESTIVAL」


2011年10月横手駅前弁当「横手重」コンテスト


2011年8月 横手イースト祭り


2011年8月 横手イースト祭り

2011年6月 にぎわい市場「よこいち」


【エリアB 高齢者住宅棟】

採光や開放性の確保等、住環境を重視して2街区南側の街路に面して配置した1DKを中心とした高齢者用住宅。(羽後交通鰍フ所有)入居者用レストランや一部介護サービスが付いた住宅です。

鉄筋コンクリート造 地上3階 約2,600u(44戸)

 高齢者施設 外観

施設内ホール
【エリアC 集合住宅棟】
配置に関しては、採光や開放性の確保等、住環境を重視しながら、商業施設の利用のしやすさに配慮し、2街区北側街路に面して配置しています。一部の住戸は権利者の皆さんが住み、その他の部分を民間のマンション販売業者が取得して分譲します。
分譲マンションは、横手市では初めての本格的マンションで2LDKから4LDKまであります。

鉄筋コンクリート造 地上11階一部地下1階 約6,300u(50戸、うち権利者住宅14戸・分譲住宅36戸)

外観

エントランス

リビング
1ページ Next

TOMネットまちづくり支援実績一覧へ戻る


トップ