TOMネットまちづくり支援実績

【No.8】平成28年12月竣工 島根県松江市千鳥町ビル周辺地区第一種市街地再開発事業
[地区の現況]
 「松江市しんじ湖温泉」は、松江市の観光振興、景観形成及び中心市街地の活性化にとって重要な地域であるが、かつては松江市の一番の温泉街として反映していた地域は、現在は電鉄の乗降者、温泉利用者ともに減少している。特に、「松江しんじ湖温泉」の中心に位置している千鳥町ビル老朽化が進むとともに、空き店舗が多く活気と賑わいがなくなっている。また、松江市は「松江城」や「宍道湖の夕日」で知名度が高く、多数の観光客が訪れているが、現在の千鳥町ビル周辺地区は、松江の観光や文化を感じさせるような景観とはなっていない。このような千鳥町ビル周辺地区においては、老朽化した商店街の敷地等を利用し、商業や広い世代へのライフスタイルの提案を行える建築物に建替えることが、賑わいの再生とコミュニティの創設を図ることが求められている。

[事業目的]
 松江市では、平成20年3月に「松江市都市計画マスタープラン」、平成20年7月(平成23年7月第7回変更)に「松江市中心市街地活性化基本計画」を策定し、中心市街地の活性化を推進しているが、本地区においては平成21年8月に千鳥町ビル周辺地区地元有志により「再開発研究会」が発足し、勉強会・意向調査など積極的な活動が進められた。さらに、平成22年10月には再開発事業の準備に向けた「千鳥町ビル周辺地区市街地再開発準備組合」が設立され、現在活動を続けている。
 このような計画や地元の機運に基づき、千鳥町ビル周辺地区の範囲において、千鳥町ビル周辺地区の土地の高度利用と都市機能の更新を図り、複合的に整備することにより、松江しんじ湖温泉街の賑わいと活性化図ることを目的として事業を行うものである。

[地区の現況]
事業者   千鳥町ビル周辺地区第一種市街地再開発事業
施工者   千鳥町ビル周辺地区市街地再開発組合 
施工地区  松江市千鳥町45番地

【従前写真】】








【従後写真】


 




TOMネットまちづくり支援実績一覧へ戻る


トップ