TOMネットまちづくり支援実績

【No.5】平成21年9月竣工 西大和地区(栃木県那須高原)第一種市街地再開発事業
[事業の背景]
 西大和地区は、JR西那須野駅西口より500mに位置し、古くから中心街の一部として賑わっていました。しかし、郊外への大型店進出や地区内大型店撤退などにより中心市街地の商業機能が衰退していた事から、商店街に対する魅力づくりや回遊性強化などの商業環境の向上が求められていました。
 また、中心市街地活性化基本計画等では商業地区拠点として、中心市街地の集客力向上に資する商業・交流施設、駐車場等の整備により核となる活気と賑わいの場を創出するとの方向付けがされていました。

[施設計画]
 施設建築物には、中心市街地の集客力を高める事を目的にアトリウム(屋内広場)を設け、地域住民に気軽に利用してもらう体感・参加型スペースとしています。
 また、隣接して中心市街地利用者の利便性向上ために市営駐車場を整備しました。施設1階には生鮮食品を扱うスーパーマーケットを核店舗として誘致し、アトリウムを囲むように1・2階に専門店街を配置。スポーツ施設は1階にプール、2階にフィットネススタジオ・マシンジムを備えており、地域の健康増進施設として幅広く利用されることが期待されています。

[コンセプト]
活き行きコミュニケーションタウンへ
「新しいライフスタイル」時間(とき)消費型・市民参加型の施設づくり
「まちなか」での毎日のくらしを応援する、毎日行きたくなるアトリウム(屋内ひろば)を持った多機能型集客施設

[事業概要]
敷地面積  3,872.78u
延床面積  7,384.05u
建物用途  スポーツ施設、物販店舗、飲食店舗、アトリウム(屋内広場)、事務所
【航空写真と全体図】




再開発前の地区内の様子


AQUAS外観

AQUAS外観(夜景)

アクアスひろばでのイベント風景


総合スポーツクラブ

TOMネットまちづくり支援実績一覧へ戻る


トップ