TOMネットまちづくり支援実績

【No.2】平成18年竣工 台町地区(宮城県大崎市)第一種市街地再開発事業
[地区概要]
 古川駅周辺地区は、東北新幹線の併用とともに開かれた市街地で、商業の中心地区として栄えてきました。
 しかしながら、車社会の進展、郊外大型店の進出から、かつての賑わいが薄れてきました。台町地区においては、スーパーの閉鎖や小売店の閉店により商店街の衰退が進んでいました。

[事業の特徴]
 市街地再開発事業が個人施工者により行われたことが本事業の特徴として挙げられます。これにより、合意形成のとれた地域のみを事業区域として設定し事業を進めることができました。
 地域の実情に即した再開発を行い、従後の容積率は100%程度と低容積率を実現し、通常残されることのない民家の庭をそのまま保存活用した点も特徴としてあげることができます。
 それに加え、地区内に界隈性を持たせるために、広場・路地・庭園といった空間を配し、オープンモール型の複合共同施設として整備することにより、既存商店街との調和をはかり、新たな市街地再開発事業の事例として、各方面から注目されています。
 核となるシネマコンプレックスは個人施工者が運営する形態をとり、その他にも、全員の同意により従後の土地を共有化しないなど事柄も特徴としてあげることが出来ます。

※リオーネ:イタリア語で”界隈・地区”の意味

[事業概要]
延床面積:14,893.01u
主要用途:商業用店舗
       シネマコンプレックス 
       店舗併用住宅
       分譲マンション

リオーネ古川

全体像

外観

内部の庭園


TOMネットまちづくり支援実績一覧へ戻る


トップ