TOMネットまちづくり支援実績

【No.3】平成21年9月竣工 小樽駅前第3ビル周辺地区第一種市街地再開発事業
[事業の背景]
 昭和47年に小樽駅前広場を含めた「小樽駅前地区第一種市街地再開発事業」が施行され、第1ビル・第2ビルに次いで、昭和51年11月に第3ビルが完成しました。第3ビルには店舗・銀行、市のプール、ホテルが入居し、他の2つのビルとともに小樽駅前の顔として大きな役割を果たしてきた地区です。
 しかしながら、その後の市街地の外延化、購買力の流出などにより、中心市街地の人口減少、商業の衰退が進み、駅前地区も同様の傾向をたどりました。また、第3ビルのホテルが平成14年5月に営業を停止し、ビル内の店舗等の売上に大きな影響が現れ、また、ビルが空き家化していることで、小樽駅前のイメージが低下しました。      
 このようなことから、小樽駅前地区の再生を図るためには、第3ビルとその周辺地区を市街地再開発事業の手法により整備することが望ましいとされ、平成17年7月に「小樽駅前第3ビル周辺地区再開発準備会」が発足し、平成19年1月には市街地再開発組合の設立認可、同3月権利変換計画の認可を受け、平成21年9月に竣工となりました。

[施設計画]
本地区は、小樽の顔となる地点として重要な役割を担い、小樽駅前としてふさわしい都市機能の更新を図るべき地区です。したがって、立地条件を活かしたホテル・温浴施設、商業施設、及び地域コミュニテイの形成と街の活力の向上を図るための共同住宅を計画的に立地させることに重点を置いています。また、土地の高度利用、有効利用を図りながら小樽駅からの人の流れを考慮した街区形成を図るとともに、景観形成に配慮し小樽の歴史と伝統を継承する地区としての役割を果たします。

[事業概要]
建築面積:2,788.86u
延床面積:26,565.42u
用途   :店舗、ホテル(231室)・温浴施設、住宅(113戸)
再開発前の地区内の様子

1976年旧第3ビル完成
現在の様子


TOMネットまちづくり支援実績一覧へ戻る


トップ